FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

シバザクラは、丘一面をピンクに染める。
その中に入ると、花の香。

シバザクラの魅力は、一面にと、香り。

   ※ 今日は、二百名山の武甲山(ぶこうさん)を考えていた。
      ゆっくり歩いて、3時間。
      登山口もかかる時間も夜に調べていた。
      朝、Tさんに提案したら、まだ足が痛かった。
      それで、花を観ることに。

花を見終わったら、Tさんは関八州見晴らし台に行きたいという。
行けるのと聞いたら、カーナビをセットしたと言った。

いくら走っても着かなかった。
Tさんは、カーナビに慣れていなかった。

無駄に60㌔ほど走ったが、自分は退屈しない。
埼玉県南部の地理関係が、分かってきた。

最後は自分が地図を見て、あっちだこっちだと云って、無事に着いた。
関東平野が見えた。  少し霞んでいたけど。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

赤〇は羊公園。   印が関八州の見晴らし台。

s-16年4月23日 (1)

武甲山が、すぐ南に。

s-16年4月23日 (2)

後で行く、関八州見晴らし台。

s-16年4月23日 (3)

たまたま今が見頃と分かった。

駐車場から歩いてお店の前を通って、花畑。   1人、300円。

s-16年4月23日 (6)

いい状態。

s-16年4月23日 (7)

一面の花畑。  はっきりした甘い匂いが、風に乗ってくる。

s-16年4月23日 (8)

花は、何色かある。

s-16年4月23日 (9)

白も。 新しい品種が作られるんですね。

s-16年4月23日 (10)    s-16年4月23日 (11)

チューリップも、咲いた咲いた。

s-16年4月23日 (12)

みんな食べている。  ビールを飲んでる人も。  温かい一日。

s-16年4月23日 (13)

これが武甲山。 Tさんの足が調子よかったら、今日登っている。 石灰岩の山。   左の方は採掘した跡。

s-16年4月23日 (14)    s-16年4月23日 (15)

羊公園なのでヒツジ。  暑い夏の前に、毛を刈ってもらえるのか。

s-16年4月23日 (16)    s-16年4月23日 (17)

花が集まって、まるくなって。    春の青空。

s-16年4月23日 (18)

花1つを観る人も。

s-16年4月23日 (19)

花のじゅうたんと言ってみたり。 

s-16年4月23日 (20)

花の香りには慣れてしまって、今は分からない。

広いけど、北海道のシバザクラの広さにはかなわない。

s-16年4月23日 (21)

ここは、芝桜の丘。   流れるようなデザイン。

s-16年4月23日 (22)

次の目的地は、関八州見晴台。  かんはっしゅうみはらしだい。   顔振峠を通って。

   ※ 安房上野下野相模武蔵上総下総常陸関東八州

s-16年4月23日 (4)    s-16年4月23日 (5)

大分通り過ぎて戻った。

顔振峠。

s-16年4月23日 (24)

地図に、平九郎自決の地とある。

  ※ 江戸幕府がなくなって武士は路頭に迷った。
    新政府軍と戦ったのが、戊辰(ぼしん)戦争。

    若い平九郎も戦った。 最後は負けて、傷を負って自刃。 ここに詳しく

  ※ 命をかけて戦う時、人はどんな表情をするのでしょう。 どんな目つきで。
    映画やドラマで演じる表情とは、全く違うはず。

    上の「ここに詳しく」にある彼の表情には、それがうかがい知れる。

s-16年4月23日 (25)    s-16年4月23日 (26)

峠からの風景。 霞んでいる。

s-16年4月23日 (23)

少し走って、関八州見晴台の下に。 5分ほど登ったら着く。

s-16年4月23日 (27)

間もなく、ツツジのトンネルになる。

s-16年4月23日 (28)

下の方に高山不動尊がある。 ここはそこの奥の院。  着きました。

s-16年4月23日 (29)

関東平野が見えている。 空気が澄んでいたら、東京湾のビル群も見えるそう。

s-16年4月23日 (30)

下のように、見える。

s-16年4月23日 (31)

標高771㍍。

s-16年4月23日 (32)

平野以外は、山山山。  埼玉県は、山ばかり。

s-16年4月23日 (33)

富士山も見えるそう。

s-16年4月23日 (34)

Tさんにたくさん走ってもらった。
お蔭で、2ついいものを見た。

明日は少しくらい足が痛くても、山に登ろうねとなった。

【今日の一句】 「 山山々の秩父山中 あの山の向こうも 山」

【関連ブログ】  信玄塚。  月瀬の大杉。  ワンと鳴く、ネバタゴガエル。  茶臼山高原の芝桜。~根羽村・豊根村~  他  (2014/5/20)
         滝上、芝桜、満開。 (ブログを始めた頃の記事。 2008年。 なつかしい)

【今日の歌】    ひと足遅れの春/とんぼちゃん



【道の駅】    上州おにし    神流町(かんなまち)

【明日の予定】      榛名(はるな)山に登る。  
               この山なら、Tさんの足も大丈夫。  
               疲れたと言ったら、Tさんは下りはロープウェー。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト
朝からの快晴。
道の駅から、Tさんの車で登山口に向かった。

9時半出発。  頂上まで、3時間半はかかりそう。
累積標高差は、1700㍍ある。  楽な山ではない。

登山道は、急な斜面に続いた。
落っこちたら助かるのは大変という場所が、何か所も。
子どもを連れて行く山ではない。

両神山(りょうかみさん)は、百名山であり、花の百名山でも。
季節は早いけど、いくつもの花が咲いていた。

浦河のTさんの足取りが、途中から重くなった。
清滝小屋の上まで行って、引き返した。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

秩父は、山ばかり。

s-16年4月22日 (1)    s-16年4月22日 (2)

無料駐車場。  この先は、有料。

s-16年4月22日 (3)

車道を少し歩くと、登山口。

s-16年4月22日 (4)

楽な山ではない。 9時半に駐車場を出たけど、少し遅いか。

s-16年4月22日 (5)    s-16年4月22日 (6)

登ったら、民宿の前に出た。  谷が深い。

s-16年4月22日 (7)

登山届け。  ハナモモの花。

s-16年4月22日 (8)

フデリンドウ。    直ぐに、両神山神社。  自分は、心に中で手を合わせることに。 いつも。

s-16年4月22日 (9)    s-16年4月22日 (10)

この場所は、鎖がある。  落ちたら助からない。   鎖のない所が多い。

s-16年4月22日 (11)

信仰の山。   石仏が多い。

s-16年4月22日 (12)    s-16年4月22日 (13)

自分は、Tシャツ。  20度を越えている。

気をつけてねと。 落ちたら撮るからねと、付けくわえて。

s-16年4月22日 (14)

清滝小屋が、まず目標。

s-16年4月22日 (15)

急登はやって来ないけど、気を許せない道が続く。   ニリンソウ。

s-16年4月22日 (16)    s-16年4月22日 (17)

この花が、上に行くほど多くなる。   ハシリドコロ。    鐘のような花。

s-16年4月22日 (18)    s-16年4月22日 (19)

途中、東京から電車とバスで来たという女性の方とお話し。
北海道の山に行きたいなって、言った。

足取り軽く、自分たちを越えて行った。

出発して1時間を過ぎたら、浦河のTさんの足が重くなった。
このとき、11時過ぎ。

  ※ 体調が悪いのでは無いよう。 足に来ているよう。
    Tさんは、いっぱい寝ている。 自分の倍は。

頂上は無理できないと、自分は思った。

s-16年4月22日 (20)

新緑の季節。 赤い花。   右は、ミヤマキケマン。 見たのは、この時だけ。

s-16年4月22日 (21)    s-16年4月22日 (22)

休みながら進んだ。   自分の調子はいつもと同じ。

左に行ったら、滝。  下山の時、余裕があったら行こうねと。

s-16年4月22日 (24)    s-16年4月22日 (23)

12時を過ぎた。  

s-16年4月22日 (25)    s-16年4月22日 (26)

右にお地蔵さま。

s-16年4月22日 (27)

弘法の井戸。  水を飲んだ。  

s-16年4月22日 (28)

下山の人とすれ違った。  上がって来るのは、Tさん。

s-16年4月22日 (29)

清滝小屋に着いた。  12時半。  頂上に行くには、時間が足りな。

  ※ ここで一休み。 Tさんはもう登れない。  足が動かない。
    それでもいつものように、口はたっしゃ。
    他の登山者の前で私に、ピークハントだけしてくるかと云う。

もう少しだけ、上に行くことに。    

s-16年4月22日 (30)

この道を行く。

s-16年4月22日 (31)

10分ほど登ったら、Tさんはもうダメと言った。

自分もここでお終いと思っていた。
天気予報が変わって、雨の予報が20㌫になった。

青空は消えて、雲がやってきた。
雨の中あの道を下るのは、危険。 滑ったら、谷底に。

近くで食事した。 Tさんは、弁当を少ししか食べなかった。 疲れか。
    (弁当は自分が作った。 朝は忙しかった。 ブログと弁当作り。 2時に起きて)

s-16年4月22日 (32)

別の登山者と少しだけ一緒に、下山開始。

s-16年4月22日 (33)

弘法の井戸で水を飲んだ。 Tさんも。 このコップを初めて使った。   おりたたみ。  上にお地蔵さまがいた。

s-16年4月22日 (34)    s-16年4月22日 (35)

イチゲかな。 みたのはここだけ。

s-16年4月22日 (36)

水音が聞こえるように。  魚を探すことにした。

s-16年4月22日 (37)

ヒトリシズカ。  

s-16年4月22日 (38)    s-16年4月22日 (39)

魚が走るのは何度か見た。 イワナ。 人影を見たら、岩に隠れる。

ここで、やっと撮影できた。  後にいたTさんには、停まってもらった。
自分は決して動かないで撮った。  Tさんを呼んで一緒に見た。
動画を撮った。

s-16年4月22日 (40)

イワナだけど、大きめの斑点がある。   ヤマトイワナかも。

s-16年4月22日 (41)    s-16年4月22日 (42) 

足が疲れると、下りはなお大変。
荷物を持つよと言ったけど、自分で持つって。 Tさんの口数は減った。

何度も休んで、何とか来た。 

自分は、冬も春も、短パンが多い。 足が楽。 ダブルストック。 4つ足登山。

s-16年4月22日 (43)    s-16年4月22日 (44)

直ぐ下に、駐車場。   あと少し。

s-16年4月22日 (45)

まず、民宿に着いた。  民主の奥に民家は無い。

  ※ 民宿の人は、平家の落人と云った。
    事実の可能性は高くないけど、平家が来たくなるほどの山奥。       

s-16年4月22日 (46)

着きました。 お疲れさま。

s-16年4月22日 (47)

細い道に、家がある。  車に乗って20分ほどしたら、雨が降ってきた。  あの時戻って正解。

s-16年4月22日 (48)    s-16年4月22日 (49)

Tさんは北海道だから、冬の間は登れない。
登れなくても訓練しないとだめだなって、Tさん。
この後、温泉でゆっくり足を休めた。

新緑のさわやかな空気を吸って、花を見て、魚に出会って、山はいい。
あと2日、Tさんと一緒の生活。

【今日の一句】 「 新緑 花 間もなく山は 命みなぎる季節に 」

【動画】



【ブログ紹介】  昔、日航機が墜落したのは、左の印の場所。  近い。
              24年目の御巣鷹の尾根~日航123便~    他  (2009/10/24)

nikkouki.jpg

【道の駅】    両神温泉薬師の湯

【明日の予定】  天気はいい。 Tさんは山は無理なので、どこかを探します。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
. ↓ 下の方に。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。