FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

青葉の笛はいくつもあったのでしょうか。
平敦盛が吹いたと言われる笛です。 
  ・  ・  ・  ・  ・
世増(よまさり)ダムで出来た湖が青葉湖。
青葉の笛伝説から付けたと言うので、行ってみることに。

平重盛が移り住んだという。
  ※ 彼は人気があるから、先祖が重盛の集落はいっぱいある。
でも、伝説ですから文句言うほどではないような。

  ※ 重盛の別荘は京都の小松谷に。(清水寺の南)
    別荘は小松殿と言われた。 それで、彼のことを小松殿とも。
    先祖が重盛を名乗る人は、苗字を小松にすることも。 小松帯刀(たてわき)がそう。
   ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

道の駅から向かった。 赤〇につり橋と水車。  最後に。

s-19年9月21日 (1)    s-19年9月21日 (2)

ずっと行けば太平洋に。 階上(はしかみ)町。  途中、右に階上岳。
   階上岳の頂上まで車で登山。 山の上は涼しい。 晩は山きでお酒を。 ヒラガニを初めて・・。~階上町・八戸市~ 他 (2018/7/3)   

  ※ 余談 震災の時、階上中学校の卒業式の答辞で「天を恨まず」と生徒さんが言った。
       この階上中学校は、気仙沼市に。 ここに

s-19年9月21日 (26)pppppp 

八戸市南郷町の島守地区の中心街に来た。  はるか昔は島守村だったようです。
ダムのあるところは、島守地区の中の世増(よまさり)なんですね。

s-19年9月21日 (27)

山を登ってきて着きました。  重力式コンクリートダムですね。 青森県で2番目の大きさ。

s-19年9月21日 (5)

ここは新井田(にいた)川の上流。  環境が大事にされている。

s-19年9月21日 (3)   

八戸大橋の下が新井田川でした。 知らなかった。

s-19年9月21日 (4)     s-19年9月21日 (24)

歩いて行ける。

s-19年9月21日 (6)    s-19年9月21日 (7)

遠くに噴水。  〇の中は何だろう。   水が少ない。

s-19年9月21日 (8)mmm 

青葉湖の底に、下のように世増(よまさり)集落があった。  30年ほど前まで。

s-kotttyuuu.jpg 

急に水が高くなった。  〇の中はカワウでした。
  ※ 月山湖に巨大噴水があります

s-19年9月21日 (10)    s-19年9月21日 (9)

青葉湖の奥に向かう。  橋が見えた。   帰りに通る。

s-19年9月21日 (11)

公園があった。  

s-19年9月21日 (13)    s-19年9月21日 (12)

蛇口伴蔵(へびぐちばんぞう)。  八戸地方の水利開発で活躍。   水がなければ米は作られない。
このダムとは関係ない。

s-19年9月21日 (14)    s-19年9月21日 (25)

展望台からは何も見えない。 木だけ。

s-19年9月21日 (15)

先ほど見た橋。 滅多に車は来ない。 停めて写真撮ればよかった。

s-19年9月21日 (28)

別の方から、島守の中心街に戻った。

s-19年9月21日 (29)

つり橋に来た。

s-19年9月21日 (16)

奥に水車小屋。

s-19年9月21日 (17)    s-19年9月21日 (18)

新井田川。

s-19年9月21日 (19)

八戸市南郷は、懐かしい風景を取り戻そうとしている。

s-19年9月21日 (20)

小さな見どころがいっぱい。 

s-19年9月21日 (21)

義経の北上ルートの伝説地は、海側に多いのかな。  やさしい河童。

s-19年9月21日 (22)    s-19年9月21日 (23)

青葉湖の伝説のことは書いていませんでした。
ただ、伝説を大事に生きていたたことは確かでしょうね。

【今日の一曲】   青葉の笛



【道の駅】   石神の丘 (岩手町)

【明日の予定】    御所野縄文公園    ※ 明日雨が降るので、写真は撮ってあります。
           台風は明後日東北の近くに。 どこにいればいいでしょう。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



昨晩はお酒。  複合のお店の駐車場に停泊。
昼前に、道の駅なんごうに移動。
  ・  ・  ・  ・  ・
前日の記事を書き終わったら3時を過ぎた。
頭から酒は抜けたけど、遠くには行けない。

ここは、昔は南郷村。
見所を探して、散策することに。
   ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

行ったところは、八戸市南郷の島守(しまもり)地区。
この島守に、平重盛伝説がある。

  ※ 重盛は清盛の長男。 京都の清水寺の南に小松谷がある。 
    そこに別荘の小松殿があった。 そこでなくなる。   多くの人に好かれている武将。
    小松殿の庭は残っている。 フォーシーズンズホテル京都の庭がそれ。

  ※ 維新10傑に小松帯刀(わてわき)がいる。 苗字の小松は上の小松殿から。       

s-19年9月20日 (1)    s-19年9月20日 (2)

朝もやの館。  何かありそうなので来てみた。

s-19年9月20日 (5)

広く、農村風景を整備しているのか。

s-19年9月20日 (4)    s-19年9月20日 (6)

龍がいた。   神楽に使うのか。

s-19年9月20日 (7)    s-19年9月20日 (8)

四角いのは、炭を入れて運ぶ。

s-19年9月20日 (9)

地域の展示室。

s-19年9月20日 (10)

えんぶり。 八戸を中心に行われている、郷土芸能。 冬だから見学が難しい。
昨晩、山きで飲んでるとき、お客さんからぜひ見てほしいって言われた。

s-19年9月20日 (11)    s-19年9月20日 (12)

ホタルは最近見ていない。  東北の山の中には、トラツグミがいますね。 2度ほど聴いています。
鳴き声の正体はずっと分からなかった。

妖怪の鳴き声と言われたら、誰もが信じる。 ヒュ~ヒュ~って。 不気味。
昔、京都の人々を震え上がらせた。

   竹屋町通を歩く。 幽霊絵馬の革堂(こうどう)。 鵺(ぬえ)退治伝説の、鵺大明神。~京都市~ 他 (2013/6/25)
   喜多方から道の駅湯西川まで南下。 途中を紹介。 湯西川温泉駅に線路が見えない。 トラツグミの鳴き声。~日光市~  Forget Me Not  (2017/10/12) 

s-19年9月20日 (13)

中世の水田跡が見つかったと。 本物なら大変。

   骨寺村荘園遺跡を歩く。 農村風景は中世のまま。 世界遺産へ・・。 ミヤコワスレ。 ヒメウラナミジャノメ。~一関市~ 他 (2018/6/12)
   荘園の里田染荘  富貴寺  無動寺 ~国東半島豊後高田市~   他  (2010/4/17)

s-19年9月20日 (14)    s-19年9月20日 (15)

農薬の無い時代、農家は虫で苦労したんですね。
虫送りと似ているのかな。   小豆島

昭和の子供たちの顔。  今と何が違うのでしょう。

s-19年9月20日 (16)    s-19年9月20日 (17)

販売所もある。 野菜や果物が安くなった。 ※ スーパーは普通だけど、道の駅とかは特に。

s-19年9月20日 (18)

神楽は右でするのかな。

s-19年9月20日 (19)    s-19年9月20日 (20)

平氏が負ける前に来ている伝説。 普通の落人伝説と違う。
先祖がこの人だったらいいな~って、思われるほど人気。
思い切って先祖にしてしまえって、江戸時代あたりに。

宗教とかを広めるため、諸国を旅する人がいた。 
その中に、伝説を広めた人たちがいた。 小野小町伝説もそう。

ただ、数ある伝説の中には、本物も。

s-19年9月20日 (21)

右に行ってみる。

s-19年9月20日 (22)    s-19年9月20日 (23)

丑寅(うしとら)の石像。

s-19年9月20日 (24)    s-19年9月20日 (25)

福一満虚空蔵菩薩堂というのが元々は山の上の寺にあった。
明治の廃仏毀釈で壊されそうになった。

寺を神社に変えた。 何とか乗り切った。
今は山から下りて、ここの虚空堂に安置。

s-19年9月20日 (26)    s-19年9月20日 (27)

丑寅の像。  大きい。 丑寅の方向は、鬼門と呼ばれる。
鬼がそこから入って来る。 だから鬼門には寺を作ったり。

  ※ 京都の北東には延暦寺など多くの寺。 鬼門を意識してつくられた。

s-19年9月20日 (28)

中は見えなかった。  ネットに写真はない。 見つけられない。   右のような像。

s-19年9月20日 (29)    s-19年9月20日 (3)

案内にあった神社。  この時、近くだとは分からなかった。
クマが出そうなので行かなかった。

s-19年9月20日 (30)

島守地区の中心部がダム湖に沈んだのでしょうか。
それが知りたいです。

明日行ってみます。 

【道の駅】   なんごう

【明日の予定】    世増(よまさり)ダムかな。   今日の場所から遠くない。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。