FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

十日町市。 不思議な名前。
以前は十日町という町だった。

市になったら、町を取らないで十日町市。
どうしてこうなったかを知りたい。

駅周辺を歩いてみる。
魅力は、歩きながら探す。

知らない町をただ歩く。 そんな旅を増やしたい。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

魚沼産コシヒカリは、4つの市と2つの町で穫れた米。
紫〇は、長岡市の飛地。 そこも、魚沼産。  ※ 正確には5つの市。

s-18年10月4日 (1)pp 

赤〇の鉄道は、ほくほく線。(北越急行ほくほく線)
70㌫がトンネル。  トンネルは除雪しなくていい。

s-18年10月4日 (2)

赤〇を歩く。   時計回り。

s-18年10月4日 (3)

道の駅。  

s-18年10月4日 (5)

下の施設があるので、道の駅にしたのかな。   旅人っぽい人の車が、駐車場にない。

s-18年10月4日 (6) s-18年10月4日 (7)

道の駅の建物。

s-18年10月4日 (8)

国道に出てきた。  左に神社。

s-18年10月4日 (9)

四ツ宮神社。

s-18年10月4日 (10)

入った左にこれ。  しめ縄が変わってる。  すだれみたい。
調べてみたら、すだれ型しめ縄。  ※ 全部漢字にすると、簾型注連縄。 読めない。

s-18年10月4日 (11)

お参りする人に、雪が乗っからない。  
確かに、4つの神様。  みんな珍しい。

s-18年10月4日 (12)    s-18年10月4日 (13)

中心街に近づくと、アーケード。
きっと、雁木(がんぎ)と呼んでいますね。

雪国では珍しくない。 木造のもある。  高田が有名。
      雪の城下町、高田。  高田城。  高田小町。  きものの小川。~上越市~  他  (2013/10/20)

車道は雪を水で溶かす。  雁木もあって、昔と違って今は快適。

s-18年10月4日 (14)    s-18年10月4日 (15)

柱を飾って。   少し行って、右に曲がる。

s-18年10月4日 (16)

曲がって正面に、十日町駅。

s-18年10月4日 (17)

荒物屋って初めて見る。  金物でなく、ザルとか。
冬囲いに使う縄。  笠のような帽子。 
 
そう云えば、こっちの人は雪の時、傘をさす人がいる。
北海道ではいない。 さらさら雪は、体にくっ付かない。

ネットで調べたら、みんな似た店。  この店が右上に。

s-18年10月4日 (18)    s-18年10月4日 (4)

笹団子。 どこかで食べたことがあるかな。  

s-18年10月4日 (19)

少し前、へぎそばの店があった。 へぎは、入れ物。

s-18年10月4日 (42)    s-18年10月4日 (41)

着きました。   十日町駅。   新潟県唯一の国宝。

   ※ 北海道も国宝は1つだけ。  似た物。  中空土偶
        中空土偶「茅空(かっくう)」は、北海道で唯1つの国宝。 本物を見学。 水無海浜温泉は海の中に。~函館市~ 他 (2017/9/28)

s-18年10月4日 (20)    s-18年10月4日 (21)

駅の中。   先日は、右端の上条駅に。

s-18年10月4日 (22)    s-18年10月4日 (25)

左は、星峠の棚田。 真ん中は美人琳。  右の七ツ釜は行ってない。

   星峠の棚田。  広い棚田の中に、木が。  国道353を南下し、最初田野倉地区に。~十日町市~ 他 (2015/10/29)
   美人林は、美しいブナの林だった。  どの木もすらっとして、樹齢90年。~十日町市~ 他 (2015/10/30)

s-18年10月4日 (23)    s-18年10月4日 (24)    s-18年10月4日 (28)

駅のホーム。   手前はJR飯山線。 向こうがほくほく線。

s-18年10月4日 (26)    s-18年10月4日 (27)

※ ここで、十日町市の名前について。  調べてみた。

  ずっと昔は、十日町村。   十日町と云う村だった。
  町になったら、十日町町にはならなかった。  十日町。 十日と云う町に。

          ※ とおかまちちょうが、読みにくかったかな。 舌噛みそう。

  市になる時、名前を十日から十日町に変更。 条例を変えて。
  十日町市とした。  村の時と同じに。  十日市なら、尻切れトンボ???

  似たようなのが、黒部ダムの方に、大町市がありますね。
  佐賀県の中央部には、大町町(おおまちちょう)って町が。 (佐賀してもないと思ったら、佐賀にあった)

  〇〇村町市ってのがあれば、完璧。  探してもない。 

駅前近くに、智泉寺。     ※ 京都の東本願寺のように、どかんと。

s-18年10月4日 (35)

正面に本堂。   曹洞宗の寺。   本山は、永平寺。

   曹洞宗大本山、永平寺。  道元によって開かれた、座禅修行の道場。~永平寺町~ 他 (2014/10/28)

s-18年10月4日 (34)

小さな石仏がいっぱい。  ここに集まった。

享和3年は、1803年。  (今日は2018年???)
謙虚そうな表情。   

秋が過ぎたら、白い雪が頭の上に。

s-18年10月4日 (33)    s-18年10月4日 (32)

観音様。

s-18年10月4日 (31)

そう云えば、新潟と云えば錦鯉か。  右は、ホオズキ。  鬼灯。

   ※ 余談  どうして、鬼灯と書くのでしょう。
         下と関係ありそう。

         お盆には鬼灯を飾る。 灯りに見立てて。
         亡くなった人の霊は、鬼灯の灯りを頼りにこの世に来る。

         だから、お盆には決して鬼灯を踏みつぶしたらダメ。
         今日の歌は、鬼灯に。

s-18年10月4日 (36)    s-18年10月4日 (29)

街中に大きなスーパー。 珍しい。

s-18年10月4日 (37)

昭和の匂いがする通りに。 こんな道いいですね。

s-18年10月4日 (38)

新米だ。  魚沼産十日町コシヒカリと。  ※ 漢字で書くと、越光かな。 ここは越後。

s-18年10月4日 (39)m

半分迷って適当な道。  白い花は、エンジェルトランペットですね。

s-18年10月4日 (40)

知らない町を歩いたら、知らない物が見つかります。
アンテナを普段より伸ばして歩く。

  ※ 上の写真にも、消雪パイプが。 道の中央に。
    地下水を流すから、道はどこも茶色っぽい。  でも、便利。

  ※ 北海道では真似できない。  水をまいたら、直ぐにスケートリンク。  寒すぎる。

【記事紹介】

   松苧神社は松苧山の頂上に。 今日は七つ参りの行事が。 苧はカラムシのこと。 祭神は奴奈川姫。~十日町市~ 他 (2017/5/8)
   棚田めぐり。 八十八夜で代かき始まる。 蒲生の棚田他。 探していたら大巌寺高原に。~十日町市~ 他 (2017/5/2)

   松之山温泉を歩く。 山道は雪で歩けない。 湯守処「地炉」。 しんこ餅。~十日町市~ 他 (2017/5/1)
   松之山街道を歩く。 松代から犬伏まで。 犬伏城址。 松苧神社への道。 八海山。~十日町市~ 他 (2017/4/30)

   松之山温泉を少しだけ歩く。 鷹の湯。 雨が降りだして雷も。~十日町市~ 他 (2017/4/29)
   トンネルから覗き見る、清津峡。  葎沢集落。  味噌なめたかの、関興寺。~十日町市他~ 他 (2013/10/22) 

【今日の歌】   上杉香緒里/越後母慕情      ※ 歌ってないけど、2番の歌詞に十日町が出て来る。
 
                                              ※ 貼り付けられない動画は、たいていいいですよ。

ACC181 鬼灯 上杉香緒里 (2018)180923 vL HD    



【道の駅】      花の駅千曲川

【明日の予定】    長電長野線に乗って、湯田中駅に。
           湯田中駅前温泉楓の湯に入る。 300円。     

           ※ 道の駅やまのうちから、1㌔歩いて上条駅。
             上条駅から電車。 1㌔程乗って湯田中駅。
             帰りは、1㌔歩いて道の駅に。

夕方、須坂市動物園駐車場。   東風さんと一杯。 

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト
大湯温泉は、尾瀬に行くとき通っただけ。
湯之谷温泉郷の中に。

温泉街があるというから、歩く楽しみ。
駐車場の不安はない。

道の駅ゆのたにから、15分程。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

右下に尾瀬。  そこへの道は大変。 曲がりくねって。

           尾瀬沼を一周する ~福島県の最奥、桧枝岐村~  他  (2011/7/16)   (写真だけ)

s-18年10月3日 (2)    s-18年10月3日 (1)

尾瀬の水は奥只見湖に。 ダムへは、別の道。    奥只見ダム ~魚沼市~  他  (2011/7/15)  (写真だけ)

越後駒ヶ岳が見える。 温泉の真南に。

ttt5556_20181004094915351.jpg 

赤〇を歩く。

s-18年10月3日 (3)pp 

交流センターユピオ。  大湯温泉の入り口に。  体育館があって、複合施設か。
最後にここの温泉に。

周辺は公園。  広い駐車場。

s-18年10月3日 (5)    s-18年10月3日 (6)

このように。

s-18年10月3日 (7)

温泉街に向かう。  国道352。    下の道に行ってみる。

s-18年10月3日 (8)    s-18年10月3日 (9)

昔の賑わいは、今は無いのか。

s-18年10月3日 (10)    s-18年10月3日 (11)

お店は閉まっていても、旅館はどこもやっている。

s-18年10月3日 (12)    s-18年10月3日 (13)

共同湯があるけど、地元の人しか入れない。 宿泊の人と。
こういう所に、入りたい。

s-18年10月3日 (14)

右上から来た。

s-18年10月3日 (15)

熊野神社。   彫刻は見応えがある。  新潟県は、どこも。

s-18年10月3日 (16)    s-18年10月3日 (22)

銀山平の場所は、国道をずっと行って奥只見湖に着いた辺り。

右は子安地蔵とあった。  特徴は???

s-18年10月3日 (21)    s-18年10月3日 (20)

国道に出た。  向こうに行けば戻る。

s-18年10月3日 (17)

洒落たバス停。   向こうに行く。

s-18年10月3日 (18)

大湯温泉の説明。   上田銀山は、銀山平にあった。

左の、ドコモも の次は何て読むのか。  人の姿。

s-18年10月3日 (19)

左に行くと、橋がある。   栃尾又温泉まで600㍍とある。  行ってみるか。

s-18年10月3日 (23)    s-18年10月3日 (24)

橋の上から大湯温泉街。

s-18年10月3日 (25)

向こうに行けば、栃尾又温泉。  薄暗い。

s-18年10月3日 (26)

こんな歌がある。

s-18年10月3日 (27)

温泉への途中に見返り柳があった。
そこまで行って見送ると、また会える。

  ※ 余談  見返り柳は江戸の吉原の出口に昔からあった。
        男が帰る時、そこで名残惜しそうに振り返った。

柳が無くなって、この橋が見返り橋と。

s-18年10月3日 (28)

浅田あつこ / 見返り橋まで



※ 余談   この曲の作詞者は、知られた人。  喜多條忠(きたじょうまこと)。  神田川の作詞者。
        以前紹介したかも知れないけど、下の話が。(Wikipedia)    曲は一瞬に。

        文化放送で放送作家をしていた喜多条忠に、新曲のキャンペーンで訪れていた南こうせつが作詞を依頼した。
        喜多条は帰宅後、新聞の折込チラシの裏に自らの学生時代のほろ苦い想い出を綴り、歌詞を作った。
        仕上がった作品を電話口で伝えたところ、南は聞いた瞬間にもう旋律が浮かんでいたという。  

なかなか着かない。   何かが。

s-18年10月3日 (29)

今日は見えないけど、近くから越後駒ヶ岳が見える。

「沈める滝」はダム建設にかかわる話。 魚沼市が舞台。
三島が見たのは、こっち方面からの駒ヶ岳。

三島由紀夫の文は、難しい。 この作品は「金閣寺」を書く前の作品のよう。

s-18年10月3日 (30)

こんな風に見える。  ここからのは、右上のが近いか。

gghjjjj.jpg

着いた。  栃尾又温泉。   3軒の旅館。   日帰り入浴はやってない。
湯之谷温泉郷では、ここが最初に温泉が。

s-18年10月3日 (31)

散策できる。  夕方なので行かないけど。   右の花は??   ユリっぽい。

s-18年10月3日 (32)    s-18年10月3日 (33)

大湯温泉に戻ってきた。   源泉湯の宿かいり。

s-18年10月3日 (34)

ここも大きい。

s-18年10月3日 (35)

戻ってきた。   橋の上から大湯温泉の全景。

s-18年10月3日 (36)    s-18年10月3日 (37)

この後温泉に。  風情とか、そう云うのは無い。  500円。  単純温泉。

s-18年10月3日 (4)

今の時代は、旅館から出ないでそこで楽しむのか。
大きなホテルには、スナックやラーメン屋も。

浴衣着て歩くのもいいですね。
カジカガエルの声を聴いたりして。

※ 追記  直江兼続と妻のお船(せん)が、大湯温泉に来ていました。

【今日の歌】   三朝(みささ)温泉には恋谷橋が。  映画恋谷橋を演じたのは、上原多香子。 それでこれ。

いしだあゆみ 上原多香子 「ブルーライト横浜」    
                                                         ※ 彼女は今、元気なのかな。  もう一度輝けるか。  彼女だけが持つ表情が・・。



  佐世保の夜景 ~佐世保市~  ブルー・ライト・ヨコハマ、奇跡のペニシリン  他  (2012/2/2)   

【記事の紹介】   

   下権現堂山に登る。  頂上からは四方の山が。  アズマシャクナゲの群落。  多くの花。~魚沼市~ 他 (2016/5/5)
   幕末の名匠 石川雲蝶の彫物を、永林寺で見る。  天女像他。  根小屋城跡から見た、八海山。~魚沼市~ 他 (2016/5/2)

   雲洞庵は、兼続が、「わしは、こんなとこ、来とうはなかった」と言った寺。~南魚沼市~  他  (2013/10/21)
   西福寺には、石川雲蝶の世界があった。~魚沼市~  ダルビッシュは「ダルビッシュ」になってから、アメリカへ。 (2012/1026)

   「小千谷 牛の角突き」を闘牛場で。  神事なので勝敗は付けない。  牛たちの目は優しい。~小千谷市~ 他 (2016/5/3) 
   小千谷縮  錦鯉  微笑仏の木喰観音堂 ~小千谷市~   他  (2010/10/20)

   三国街道塩沢宿「牧之通り」を歩く。 豪雪地帯の雁木。 鈴木牧之は北越雪譜の作者。~南魚沼市~ 他 (2018/5/23)
   旧守門村にある豪邸、重要文化財 目黒邸。 上杉景勝から拝領した、杯。~魚沼市~ 中秋の名月 (2016/9/15)
 
【道の駅】     ゆのたに(魚沼市)

【明日の予定】     十日町市方面。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。