FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

東北の山で一番人気は、安達太良山。
いつも人が多いので、そう感じる。
  ・  ・  ・  ・  ・
その日の気分で登山道を選べる。
ロープウェーを使ってもいい。

季節の花が多い。 風景も悪くない。
くろがね小屋とロープウェーの山頂駅にトイレ。

温泉もあるし広い駐車場。
そんなことで、自分は今年もまた。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

時計回りに。

s-19年6月1日 (2)    s-19年6月1日 (1)

ここから歩く場合は、右の方に行く。

s-19年6月1日 (3)    s-19年6月1日 (4)

自分は初めてロープウェー。  1時間半ほど楽するでしょうか。

s-19年6月1日 (5)    s-19年6月1日 (6)

この風景は、歩いた時は見られない。

s-19年6月1日 (7)

ここから1時間半のコース。

s-19年6月1日 (8)    s-19年6月1日 (9)

少し歩いてここ。 智恵子抄の一文。  ※ 関連記事を最後に。     
頂上が左に。

s-19年6月1日 (10)

近くに展望台。   このコースは景色がいい。  自分の車が見える。(待っててくれる)

s-19年6月1日 (11)    s-19年6月1日 (12)

雪渓が見えた。  頂上がほんの少し見えている。 ぽこんと。
ツツジが咲いて。

s-19年6月1日 (13)m    s-19年6月1日 (14)

少しずつ溶けて雪解け水に。 冷たい。  山頂駅の屋根が少しだけ。
花はミネズオウ。 赤っぽいのもある。

s-19年6月1日 (15)    s-19年6月1日 (16)

花を探しながらのんびりと。 いつの間にか頂上が目の前に。

s-19年6月1日 (17)

帰りはあの稜線を行く。  下から歩いてきたら、普通は右写真を上がって来る。  結構疲れる。

s-19年6月1日 (18)    s-19年6月1日 (19)

着きました。  左の人の帽子が少し前、こっちに飛んできた。
風が強い。  岩の陰で弁当を食べた。

   ※ 余談  ここのところずっと、山に来る時のリュックを普段も背負っている。
         重さは同じ。 普段の歩きと同じ気分で今日も。 (クマよけある。 刃物を持った者と戦える)

s-19年6月1日 (20)

30分ほどいて、また花を探しながら戻る。   ツガザクラでしょうか。 まるい花はめんこい。

s-19年6月1日 (21)    s-19年6月1日 (22)

強風。  瞬間は20㍍近い。  湖が見える。  檜原湖なんかはあっち。
右写真を下る。

s-19年6月1日 (23)    s-19年6月1日 (24)

イワカガミがちょうど今。  右はショウジョウバカマですね。 雪の下で葉は育ったのか。

s-19年6月1日 (25)    s-19年6月1日 (26)

若者が元気に行く。 時々転びそうになって。

s-19年6月1日 (27)

くろがね小屋。   小屋から上を見るとこう。  
昔から温泉の湯をここから下に。  左は古い。   今は右のを使っている。

s-19年6月1日 (28)    s-19年6月1日 (29)

前の3人は東京からの学生さん。 その前に、別の2人。  
ある時、カッコーが鳴いた。  近くだけど見つけられない。

学生さんが見つけた。 そして今度は、エゾハルゼミ。  わんわん鳴いている。
自分が探しても見つけられない。

探してちょいだいって3人に言った。 すぐに見つけた。

s-19年6月1日 (30)    s-19年6月1日 (31)

サラサドウダンは、あと1週間でしょうか。 ほんのりと赤い。   右はツマトリソウ。

s-19年6月1日 (32)    s-19年6月1日 (33)

だいぶ下りてきた。 

s-19年6月1日 (34)

ギンリョウソウ。 キノコではなく、普通の植物。
別名、幽霊タケ。   ほんとうに幽霊に見えるか、暗くしてみた。   不気味。

学生さん達はみんな初めて見た。

s-19年6月1日 (36)    s-19年6月1日 (35)

着きました。  心地よく疲れて。 幽霊タケにも憑(つ)かれて。

s-19年6月1日 (37)

明日天気がいい。
近くの、一切経山の方に行く予定だった。

噴火の関係で、登山道は通行禁止。 残念。
五色沼を再度と思っていた。  

   一切経山から見下ろす五色沼はコバルトブルーに。 魔女の瞳(?) 吾妻小富士の噴火口。 鎌沼。~福島市~ 他 (2018/6/4)

【記事の紹介】

   高村光太郎は、7年間高村山荘で暮らす。 高村光太郎記念館。 戦争協力への自省の念。~花巻市~ 他 (2017/6/20)
   花を探しに、安達太良山へ。  ベニサラサドウダン、ムラサキヤシオ、イワカガミ、ミネズオウ他。~二本松市~ 他 (2016/5/31)

   強風の安達太良山。  花を撮ってるうちに、風が弱まった。  ほんとの空。~二本松市~ 他 (2015/7/25)

【道の駅】    たかはた (山形県高畠町)

【明日の予定】    道の駅周辺を。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト
大内宿では高遠(たかとう)そばが食べられる。
高遠は信州にある町なのに。
  ・  ・  ・  ・  ・
土日は天気がいい。   
まずは、花の多い安達太良山に。

今日中に麓に行く。 遠い。
途中、大内宿に寄って。

明日から6月ですね。
低い山の夏登山のスタート。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

大内宿は会津西街道の宿場町だった。

s-19年5月31日 (2)    s-19年5月31日 (1)

駐車料金400円。    ※ 自分は離れた所に車を置いてきた。(いつものこと)
山の中なのに、賑わっている。  人気の重伝建地区。

s-19年5月31日 (3)

この道は、会津と江戸を結ぶ近道。 
会津の初代藩主は、保科正之(ほしなまさゆき)。

彼は高遠で育った。 出世して、会津藩に。 そばを一緒にもって来た。
この地に根付いた。

s-19年5月31日 (4)    s-19年5月31日 (6)

保科正之は、3代将軍家光の異母弟。

   ※ 家光の母は江(ごう)。 秀忠が他で作った子が正之。
     江に見つかったら殺されてしまうかも知れない。  極秘で高遠に預けた。
     家光と保科正之は、生涯仲が良かった。   

茅葺の家が並ぶ。   全部店。  そういう意味では、湯布院を歩くのに似ている。

s-19年5月31日 (5)    s-19年5月31日 (7)

花いっぱい。  いい季節になった。

s-19年5月31日 (8)    s-19年5月31日 (9)

水を撒いて。   半袖でちょうどいい。

s-19年5月31日 (10)    s-19年5月31日 (11)

復元した建物。 資料館。   入ったことはない。   本陣の雰囲気かな。(殿様が泊まった)

s-19年5月31日 (12)    s-19年5月31日 (13)

両側に水路。  水音の聴こえる家並み。  潤い。   お年寄りは観光バスでやって来る。
右写真、上に行ける。

s-19年5月31日 (14)    s-19年5月31日 (15)

見学が終わって、そばを食べる予定だった。
急にお腹が空いて、この店で食べることに。   

キノコそばにした。   前回はネギ1本で食べるそば。
美味しさはふつう。  戸隠の方が自分の口には合うかな、という印象。

s-19年5月31日 (17)ppp    s-19年5月31日 (16)

紅花だ。   その季節か。 お願いして撮らせてもらった。 
右は、あるお店のメニュー。   かしわそばとかはない。  海老天そばも。

s-19年5月31日 (18)    s-19年5月31日 (24)

上の神社に行く。   神社の右に見晴らし台。

s-19年5月31日 (19)    s-19年5月31日 (20)

茅葺の屋根が並ぶ。

s-19年5月31日 (21)

面白いものないか探して。 時々食べて。 みんなのんびりした旅。 

s-19年5月31日 (23)    s-19年5月31日 (22)

戻る。   右写真、面白いことが書いてある。
甘え上手になろう。  誰に甘えるんだ?

s-19年5月31日 (25)    s-19年5月31日 (26)

茅葺の屋根を修復中。

s-19年5月31日 (29)

砥石(といし)で研いでいた。  10分ほど見学。 お話も。
茅葺のカヤは、大きなバリカンのようなので刈りそろえる。

奥の部分に別の場所があって、それはこのハサミで。
砥石はいくつもある。 だんだん細かな目。 

これは最後から2番目。
でも、今回このハサミは、これで十分。

久しぶりに見た。  職人技。

s-19年5月31日 (27)    s-19年5月31日 (28)

上で言ってるのは、少し色の濃い部分。
右はじゅうねん味噌。   十年味噌かと思った。

そうではなく、じゅうねんはエゴマのこと。
それを混ぜた味噌だった。

s-19年5月31日 (33)    s-19年5月31日 (30)

グスベリ。 酸っぱい。  懐かしい味。   白い花は、ドイツスズランか。

s-19年5月31日 (31)    s-19年5月31日 (32)

やっと見つけた。  高遠そばの説明。   いつか、そばがきを食べてみましょうか。

s-19年5月31日 (34)    s-19年5月31日 (35)

そばは健康的な食べ物。
本当においしければ、かけそばか、もりそばでいいんですね。

  ※ 自分の好きなそばは、釧路の竹老園と標津の福住本店かな。

     竹老園東屋総本店は、明治の味を引き継ぐ老舗。  和風庭園。~釧路市~ 他 (2013/8/31) 

【記事紹介】

   高遠城の桜は開花が進む。 さくらホテルのはほぼ満開。 諏訪御寮人の墓。 高遠そば。~伊那市~ 他 (2017/4/17)

【停泊場所】    安達太良山麓の岳温泉に。  道沿いの駐車場。

【明日の予定】    安達太良山に。   出発が10時を過ぎそう。
              ロープウェーを使ったコースは行ったことがない。  今回はそれを紹介かな。 楽。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。