FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

雨が降ったら、自然の中を歩くの大変。
また、ソーラーで電気は生まれない。 それで走ることに。
  ・  ・  ・  ・  ・
津和野を過ぎたら、山口県。
入った直ぐに、願成就(がんじょうじゅ)温泉。 道の駅でも。

そこを目指した。
山に入って高津川沿いの9号線は、ずっと風景がいい。

隣にいつも、山口線。
どこかで列車に出会えそう。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

京都から、9号線と山陰本線は一緒だった。
益田市でお別れ。  9号線は山に入る。

右地図の赤〇は、静御前の伝説の地。

s-19年11月25日 (2)    s-19年11月25日 (1)

萩への道は少し前に分かれた。

s-19年11月25日 (8)

車の通りもにぎやかさも、国道9の方がある。
海沿いの方は、だんだん寂しくなる。  魅力は小さくならないけど。

列車が来ないかな~と思ったら、来た。

s-19年11月25日 (9)    s-19年11月25日 (10)

高瀬川。 こっちに流れている。
山口県に入ると、水は向こうに。   

下関まで137㌔。 海を渡った門司には、28日の午後に入る。

s-19年11月25日 (11)    s-19年11月25日 (12)

瀬戸内側は国道2。 向こうは車でいっぱい。 風景を楽しむ余裕はない。
旅を満喫するなら、国道9がいい。(下関まで)

  ※ 余談  途中で国道9は国道2と一緒に。 関門トンネルは国道2。
        国道3は、門司から福岡経由で鹿児島市まで。
        国道10は、門司から宮崎経由で鹿児島市まで。

s-19年11月25日 (13)    s-19年11月25日 (14)

雨はずっと降っている。  わだちが少ないので走りやすい。

s-19年11月25日 (15)

山の斜面に家。    津和野まではあと少し。

s-19年11月25日 (16)    s-19年11月25日 (17)

赤瓦の屋根が多い。 石州瓦(石見瓦)でしたね。

s-19年11月25日 (18)    s-19年11月25日 (19)

バイパスの国道から谷に下りる。 そうしたら津和野の市街地。
入ってきた。

s-19年11月25日 (21)    s-19年11月25日 (22)

メインの通りではない。  それなりの雰囲気が。

s-19年11月25日 (23)    s-19年11月25日 (24)

この辺りに停めて歩くのかな。 観光客は。 左手前方向に。

s-19年11月25日 (25)    s-19年11月25日 (26)

道の駅に向かっている。

s-19年11月25日 (27)

見えてきた。 今日はここでもいいけど、願成就温泉に行くと書いたので、少し休んで移動。

s-19年11月25日 (28)    s-19年11月25日 (29)

道の駅、願成就温泉。  願いが成就(じょうじゅ)。  いい名前。
近くに、願成寺があってこの名前に。

  ※ 静御前伝説があるので、彼女の願いが叶ったからこの名前かと思った。
    考えてみたら、叶った願いなんか何もない。
    義経と別れて、母と2人の旅。 どこで暮らしたかは分かっていない。

s-19年11月25日 (30)

下は温泉のHPからお借り。 
この名前だから、温泉神社も作ってしまえばいいのに。

一願成就神社。
からくりのおみくじなんかを置いて、楽しくする。

s-19年11月25日 (6)

弱いラジウム温泉。(ラドン温泉)。 入っても分からない。

s-19年11月25日 (5)    s-19年11月25日 (7)

写真は撮らなかったけど、下のがあった。(4トラベルさんからお借り)
ここから遠くないところに、静御前の墓と言われるのがある。 それでこう。

  ※ 詳しくはここに
  ※ どんな理由でこっち方面に来たのかな。 平泉方面に行くならわかるけど。
    母親は香川の人だから、そっちかも。  京都にはいなかったよう。(記録がない)

s-19年11月25日 (4)    s-19年11月25日 (3)

見学できなかったので、車載カメラでの写真でした。

【記事紹介】

   津和野は山陰の小京都。 殿町通り。 乙女峠。 SLやまぐち号。 太鼓谷稲荷神社。~津和野町~ 他 (2016/11/24)
   益田市匹見町道川を歩く。 旧割元庄屋美濃地屋敷。 道川小学校は来春統合。~益田市~ 他 (2016/11/23)

   第87番札所長尾寺。 静御前の位牌と剃髪塚。(母磯禅師の故郷が近い) ひょうたん桜。 サンシュユ。~さぬき市~ 他 (2019/3/28) 
   静御前伝説。  彼女は、奥州をめざし、大塩に。  静御前の墓。 静の桜。~大町市~ 他 (2015/5/26)

【道の駅】    願成就温泉。

【明日の予定】      瑠璃光寺五重塔。 国宝です。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



砂鉄を採るときの副産物。
室谷(むろだに)の棚田は、それで出来た。
  ・  ・  ・  ・  ・
国道沿いに棚田百選って、案内。
道が広そうなので、入ってしまった。

今でも千枚。 かつては4000枚以上。
日本有数の大きさ。

集落内を走るバスは、ひゃこるバス。
???。  調べたら面白そう。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

棚田は平地にはない。(当たり前)  道はずっと上(のぼ)り。

s-19年11月24日 (2)    s-19年11月24日 (1)

室谷の棚田の上の方。  ここを歩く。  赤〇に車が置けた。
ずっと下で、右の案内を見た。

 ※ いつか頂上まで行ってみたい。 車道だから、クマの不安は小さい。

s-19年11月24日 (3)    s-19年11月24日 (37)

車の所から下を見た。  遠く右下に続く。

s-19年11月24日 (4)

まず向こうに行く。

s-19年11月24日 (5)    s-19年11月24日 (6)

こんな地図が。  現在地にいる。

s-19年11月24日 (8)

右上の赤い屋根、あれは大元(おおもと)神社。 
そこで、石見(いわみ)神楽をやる。 田んぼでも。

組織の名は両谷社中。 最後に紹介。

s-19年11月24日 (9)    s-19年11月24日 (7)

神社の上に大きな木。 芝生や石に腰かけて、神楽を見るのか。

s-19年11月24日 (10)    s-19年11月24日 (11)

この感じです。 神社の横に舞台。

s-19年11月24日 (12)    s-19年11月24日 (13)

刈り取りはすっかり終わった。 冬への準備。   自分の車が見える。

s-19年11月24日 (14)

イノシシを捕まえる檻(おり)。  ヒグマのよりずっと華奢(きゃしゃ)。
右写真、左下から上がってきた。

s-19年11月24日 (15)    s-19年11月24日 (16)

上にきた。  風景がいいから、棚田を歩くのは楽しい。
案内のある棚田だから、不審者に思われない。

誰が飛ばしているのか、ドローン。  耳のそばで蚊が飛んでる感じ。

s-19年11月24日 (18)    s-19年11月24日 (17)

別の道に出た。 上に向かう。

s-19年11月24日 (19)    s-19年11月24日 (20)

右写真、右上に展望台。

s-19年11月24日 (21)    s-19年11月24日 (22)

左はこんな感じ。  桃源郷のような風景。    右は展望台。

s-19年11月24日 (23)    s-19年11月24日 (24)

ここは棚田を大事にしている。  少し前に棚田まつりがあった。
遠くに須佐(すさ)。 珍しい断崖がある。 

   ※ 須佐ホルンフェルス大断崖。  魅力は名前と関係ない縞模様。 一帯は美しい海岸線。~萩市~ 他 (2016/11/26)

s-19年11月24日 (25)     s-19年11月24日 (38)

※ 上の右の図について。
  中国地方は、砂鉄の産地。  鉄を作って刀や農具を。

  砂鉄は土や岩石や、そういうのに混ざっている。
  土や岩石が風化したのを、水を混ぜて流す。 鉄は重いから流されないで沈む。

  土などをそのまま川に流すと、下流の人から文句を言われる。
  土は、ずっと下まで流さないで溜める。

  石とか混ざった土を取り出すとき、大きな石(岩)も出てくる。
  それは棚田の石垣に。 土も使える。 棚田の出来上がり。
  
  つまり、鉄穴(かんな)流しの跡を水田にした、という表現になるそう。
  中国地方に棚田が多いのはこんな理由。

夏に来たらどんなにすばらしいでしょう。
水を張って、そこに月が映ったら・・。  カエルが跳び込んで月を壊す。

遠くに三隅港。  高い煙突は三隅火力発煙所。

s-19年11月24日 (27)    s-19年11月24日 (28)

来た道を下って。 遠くにバス停。 赤〇。 帰り通る。

s-19年11月24日 (29)    s-19年11月24日 (30)

たくさんの山脈(やまなみ)。  山と山の間に、必ず人が暮らしている。

s-19年11月24日 (31)

一番上の田んぼかな。 
右の道を下って。   木を残しているから風景がいいのでしょうか。

こんな道を歩くのは楽しい。

s-19年11月24日 (26)    s-19年11月24日 (32)

バス停に来た。  ひゃこるバス。  不思議な名前。 
調べてみた。  ひゃこるは多分、百呼る。 何回も呼ぶこと。  ※ はっきりした答えは見つからない。

つまり ひゃこるバスは、乗せてくれ~って叫んで追いかけたら、停まってくれる。
一応バス停はあるけど、家の前で待ってたら乗せてくれる。  どこでも。

そんなバスですね。 都会のバスと違ってのんびりしてていい。 
懐かしい時代を思い出す。

s-19年11月24日 (33)    s-19年11月24日 (34)

歩いてきたら、ここに出た。  車が見えた。

s-19年11月24日 (35)    s-19年11月24日 (36)

何かに出会える。  それが楽しいですね。

【神楽の紹介】   両谷神楽社中 in 室谷の棚田まつり

 

【停泊場所】     三角港近くの9号線パーキング。

【明日の予定】    唐音の蛇岩を見て、山口県の道の駅願成就温泉まで。 9号線沿い。 
             数日後には九州に。  天気のいい日は山に行きたい。
             本州ではクマが気になって、山に入れない。 どこでも出てる。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。