キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

何に驚いたかって、閃光のような明るさですね。
暗闇の中にあった山々も、港の車も、昼間のように見えた。
   ※ 港は、発射台から3㌔離れている。

そして、轟音。
大地を揺るがすように、ロケットは上空を目指した。

機体への衝撃は、どれほどのものでしょう。
それでも壊れないから、人間が生み出した技術はたいしたもんだって・・。

無事にって祈る気持で見る。
光が点になった時、これで一安心かなって感じた。

数分後花火が上がった。  成功したとの合図だった。
自分は直ぐに、速報の記事を書き始めた。

その後、道の駅おおさきに移動。
Aさんも一緒に。

昼寝して、午後、大崎の町を見学。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印が、内之浦ロケットセンター。  赤〇は、道の駅おおさき。

s-18年1月18日 (1)

赤〇の内之浦港で見学。

s-18年1月18日 (2)

寝坊したら困るので、朝の5時には起きていた。
外は、9℃くらい。  大して寒くない。

6時よりずっと前に、花火が上がった。
発射決定の合図。

6時近くなると、人はみんな車から出てきた。
発射台は山の陰。

でも、どこから出て来るかはみんな分かっている。
小さな光が見える。

続きは速報で。

【速報】   少し前、無時に飛びました。  予定時刻に。

     ※ この部分の記事は、晩に18日の記事に移動します。
     ※ 写真は、トリミング等の加工はしていません。  一応そのままで。
       ISO 25600。  発射からは、連写で。  その一部。

午前6時過ぎ。  多くの見学者。

s-hassya (1)

1分ほど前から、カウントダウン。

発射数秒前。  正面灯りの辺りから飛び出す。

s-hassya (2)

・・・、3、2、1、発射。   轟音と共に、昼間の明るさ。 大地は揺れた感じ。

s-hassya (3)

明るくなったら、直ぐに出た。

s-hassya (4)

左の太平洋上に向かって。  光の玉。

  ※ 追記 この写真の後、明るすぎるので、カメラの設定を変えた。 暗く写るように。 

s-hassya (5)

機体がかすかに見えるかなって。

s-hassya (6)

この状態で、爆発することだって。 

s-hassya (7)

一気に上っていく。

s-hassya (8)

何となく機体の部分が黒っぽいですね。

s-hassya (9)

一番下を切り離したのか。  色が変わった。

s-hassya (10)

発射後1分ほどでしょうか。  小さくなっていく。 カウントは続く。

s-hassya (12)

担当者は、成功を確信したでしょうね。

s-hassya (14)

近くの星と、同じ明るさになって・・。 数分して花火が上がった。  成功したんですね。

s-hassya (15)

イプシロンロケット3号機打ち上げ。    発射は11分16秒。  同じ音声を自分たちも聞いた。


 
pppp890.jpg  

   ※   ※  ここまでが、速報。 ※   ※   ※   ※   ※   ※

ロケットの光は、遠くからでも見えたんですね。
鹿児島県の西の端の長島からでも。

写真について少しだけ。

普通の明るさで写る設定。  速報で使った写真。

s-hassya (5)

パソコンで修正。  このように撮ることも可能だった。 吹きだす煙も見える。

s-hassya (5)1 

ここまで暗くすると、尻尾が見えない。
ただ、この写真では、温度差が大きいことが、はっきり分かりますね。

横から見てるのに、まん丸。   どうしてでしょう。

s-hassya (5)11 

夜行雲(やこううん)。  こんな雲があるんだ。  ロケットと関係があって、生まれるよう。

   ※ 通常の雲が地上〜10km付近にできるのに対し、夜光雲は地上約75〜85 kmの中間圏界面付近にできる。(Wikipedia)

s-18年1月18日 (4)

記事の速報を書いて、大崎の道の駅に。
食事をして、昼寝。 (3時間ほどしか寝てなかったので)

近くに行ってみる。 

s-18年1月18日 (3)

横瀬古墳。   町では大きく紹介してるけど、駐車場は無い。

  ※ 地図や道での案内までは、お金はかからない。 
    案内に責任持つなら、小さくても駐車場の整備が必要でしょうか。

1500年も前の物が、よく残りましたね。
崩して畑にしたところも、きっとある。  じゃまだな~って。

s-18年1月18日 (6)

古墳には、竪穴式と横穴式。  ここは、竪穴式の石室。

  ※ 右は、ここのとは違うけど、竪穴式の石室。
    石室に、人を埋葬。 その上に、土や石を載せた感じ。

    右写真の石室は、ずっと下に。 もっと上の古墳もある。
    上から浅い方が、盗掘しやすいですね。

前方後円墳。  円の部分が重要。  そこに石室。

s-18年1月18日 (7)    s-18年1月18日 (5)

こうやって、昔から大事にしてきた。

s-18年1月18日 (8)

円の部分。   石室の上。  
明治の盗掘した時、中は赤かったそう。

人は死んだら、肉体はなくなる。
当時の人だって、そのことは分っている。

でも、死んだ後も生きたという願いが。
それでどうしたか。

体は無くなっても、霊(霊魂)は残る。
霊魂として生き続けることができる。

この考えが生み出された。
どこかの世界で生き続けるわけだから、石室の中には、使っていたものを埋葬する。

1人で寂しい時は、家族も一緒に。(死んでから追加か)

霊魂の考えの善悪は別にして、上のように考えたら、死への恐怖が小さくなりそう。
子供だって、ちょっとしたことで死んだ時代。
別の世に行ったと考えなければ、悲しすぎる。

s-18年1月18日 (9)

この時期、何を刈っているのか。
田んぼを休ませたのか。  刈りとって、土にすき込むのかな。

左手前は、刈った草が無い。  ???。

s-18年1月18日 (10)

前の方ですね。  古墳時代の後期は、この部分が大きくなる。
ここは中期だから、前と後ろは、同じくらいの大きさ。

s-18年1月18日 (11)    s-18年1月18日 (12)

小さな神社。   こんなの見てるうちに、一度来たことがあるような。
神社を造ると、古墳にいたずらしたら罰が当たるよとなる。

s-18年1月18日 (13)    s-18年1月18日 (14)

くにの松原を散歩。   
道の駅で別れたAさんが犬と一緒の散歩を終えていた。 道の駅たるみずに向かった。(桜島の近く)

s-18年1月18日 (15)

以前来たことがあるような。  20度くらいある。

s-18年1月18日 (16)

クロマツの林。   木の肌のウロコのようなのが大きいのが特徴。

s-18年1月18日 (17)

最近、歩く楽しみが1つ増えた。  それは、野の花を摘むこと。
車の中の花瓶にさして楽しむ。 1週間ほどもつ。 

でも、花はどこに行った。

s-18年1月18日 (18)

海だ。  

s-18年1月18日 (19)

この一帯は、日南海岸の最南部。  

ここを走れる車は何でしょう。 ジムニーとかかな。  軽トラの4駆も大丈夫か。 重い車は苦しい。

s-18年1月18日 (20)

遠くに、志布志市。 
 
     ※ 余談  見える市街地に、志布志市役所志布志支所がある。  
           そこに手紙を出すとき、下のように書く。

           志布志市志布志町志布志 志布志市役所志布志支所  様 って。

s-18年1月18日 (21)

海浜植物花は、まだない。 

今朝、正面山の向こうで、ロケットが飛んだ。 感動の1分間。

s-18年1月18日 (22)

何の足跡かな。  ねこ・・・?
アリジゴクを見つけて、そこにアリさんを入れて遊ぼうとしたけど、なかった。

s-18年1月18日 (23)

ちゃんと整備しています。

s-18年1月18日 (24)

花はこれだけ。   サザンカ。

s-18年1月18日 (25)

今日は、ちゃんと見れて満足でした。
いつの日か、昼間に見てみたいです。

【今日の歌】    CALENDAR



【道の駅】      おおさき

【明日の予定】     都井岬
                 ※ 次に鹿児島県に来た時は、佐多岬に行きます。
                   この地方の内陸部は、その時に入ります。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト
明日は快晴。
雷とか特別なことが無ければ、飛ぶそう。

自分は、轟音の中、炎を吹き出して飛び上がるのを見られると思っていた。
違った。

3㌔程離れた、港からの見学だった。
それでも、肉眼での見学は初めて。 まあいいかと。

途中、船間港と云う、白い花崗岩に囲まれた漁港を見学した。


【速報】の記事がここにありましたが、18日に移動しました。  


    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印は、内之浦ロケットセンター。  平日に一度行ったことが。 ※ 後で紹介。

s-18年1月17日 (1)

赤〇は船間港。  オレンジの〇が、内之浦漁港。

s-18年1月17日 (2)

駐車場が準備されていて、そこが見学場所と決まっていた。

先日会った、一宮のAさんも来ていた。 
夕方ちょこっと乾杯。

赤〇辺りから、真っ直ぐ飛び出す。  その後、左の方に行くそう。

s-18年1月17日 (20)

ニュースとかの記事から、打ち上げのことを紹介。
イプシロン3号機は、この中に納まっている。

打ち上げの時、左の方に出て来る。

s-18年1月17日 (6)

1月10日にリハーサル。  このように。  全長26㍍。
s-pppoioo.jpg

反対側から見たらこう。

s-18年1月17日 (4)

人工衛星を軌道を載せるのが目的。

s-18年1月17日 (5)

ずっと延期になっていた。

NECの衛星なんですね。  民間のは初めて。 
費用は45億円。

地元の子供たちも期待している。

s-18年1月17日 (7)
    s-18年1月17日 (8)
午前6時6分は、まだ真っ暗。
どう写真を撮ればいいのでしょう。

動画はきっと無理。
望遠レンズで、何枚かでも撮れれば十分かも。

下の記事に、ロケットセンターの紹介があります。

   大隅半島を横断  祢寝氏累代の墓 ~肝付町他~  百万本のバラ、そして、東日本大震災~未来への鎮魂~ (2012/3/11)

内之浦漁港に行く前、船間港を見学。

s-18年1月17日 (3)

大隅半島を横断する。

s-18年1月17日 (21)

肝付町に入り、海が見えた。  太平洋でいいのか。  宮崎県の方だと日向灘(ひゅうがなだ)。

s-18年1月17日 (22)    s-18年1月17日 (23)

駐車帯があった。   下を見た。  漁港。   行ってみることにした。

s-18年1月17日 (9)

白い岩。  花崗(かこう)岩と考えてよさそう。

s-18年1月17日 (10)

下への道は、直ぐに見つかった。  船間地区。  右写真、左に折り返す。

s-18年1月17日 (24)    s-18年1月17日 (25)

着いた。  ここは、ヘゴという木の北限地とあった。  左に絵がある。

s-18年1月17日 (26)

右上から来た。

s-18年1月17日 (11)

漁協の建物。  民家も数軒あった。  廃屋が森の中に、何軒も。  船間小学校跡地も。

網は、定置網ですね。   

s-18年1月17日 (12)

釣り人はいない。  港の中でも、水はきれい。

防波堤は、岩とコンクリートの合体。

s-18年1月17日 (13)    s-18年1月17日 (14)

船は小さい。  右写真、刺し網ですね。  網に魚が絡まる。

s-18年1月17日 (15)    s-18年1月17日 (19)

巨大な岩。  奥に行く道は無かった。  間違いなく、花崗岩。

s-18年1月17日 (16)    s-18年1月17日 (18)

振り返って。  ヘゴはどれだか、この時は分からなかった。  
調べたら、シダの仲間だけど、草でなくて木なんですね。  こんなの。nbnhhjjjj.jpg  Wikipediaから。

s-18年1月17日 (17)

特別な発見は無く、内之浦に向かう。

s-18年1月17日 (27)

岸良地区に入る。

s-18年1月17日 (28)     s-18年1月17日 (29)

この後、ロケットセンターに行こうとしたら、入り口で、見学場所は港ですよと教えられた。
目の前で見られないと知った。

Aさんから電話が来た。 着いてるよって。
港には、20台ほどの車が集まっていた。

真夜中に、駐車場は満杯になるよう。

明日が楽しみ。

【動画の紹介】    イプシロンロケット2号機 打ち上げ 1分前から。   2016年12月20日(火)20時。

                 ※ 爆発の時のために、直ぐに太平洋上に向かうんですね。



【停泊場所】   内之浦漁港

【明日の予定】    北に

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
道の駅 禰寝(ねじめ)。  本土最南端の道の駅。
そこに行ってから、半島の反対側に。

午後に、ロケットの情報が。
明後日(18日)の早朝に打ち上げ。

ちょうどいい。 
明日の午後に、内之浦のロケットセンターに入る。

車の中が変わったので、紹介しますね。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

ロケットセンターは、反対側に。

s-18年1月16日 (1)

山川港との間にフェリー。 今まで一度だけ。

s-18年1月16日 (2)

道の駅錦江にしきの里から出発。
昨日、神ノ川の堤防を歩いた。

半島は狭いから、川の長さは十数㌔。

s-18年1月16日 (3)

今日も温かい。 子供たちは上着なし。   短パンの子も見た。

標識に、左に行けば吾平(あいら)。   吾平山上稜(あいらさんりょう)がある。

   吾平山上陵(あいらさんりょう)  圧倒的な本数の、くにの松原 ~鹿屋市・大崎町~  雨に消えたあなた  他  (2012/3/12)

s-18年1月16日 (4)

錦江町の中心街。   左に行ったら、内之浦。   内之浦宇宙空間観測所がある。  ロケット発射台がある。

右写真には、ロケットセンターとある。 
普通は使わないけど、地図には、こう書いてある。 

s-18年1月16日 (5)    s-18年1月16日 (6)

南大隅町の根占(ねじめ)港。

  ※ 根占は禰寝(ねじめ)とも書く。  むずかしい。   昔、禰寝氏がこの地を支配していた。
    西郷さんと一緒に活躍した、小松帯刀の祖先はここ。  加山雄三の祖先も。(父方)

山川港から、一度だけここに来たことが。

  山川港から根占港に渡る。  フェリーなんきゅうで。  開聞岳、桜島、霧島連山を見ながら。~指宿市・南大隅町~ 他 (2015/12/28)

s-18年1月16日 (7)    s-18年1月16日 (14)

釣り人が。   静かな夕暮れ時。

s-18年1月16日 (15)

何の船か調べてみた。   全部、魚の養殖に使う船。   ブリやカンパチ。   小浜水産さんの船。

s-18年1月16日 (16)

この春には、リニューアル完成。  次の冬には、行って来ますよ。
本土最南端、九州ナンバーワンの岬。

今までは、日本の岬ワースト3だった。
原因は、ある企業の私物化による。

   日本一美しい佐多岬も、今は廃墟の岬 ~南大隅町~  今日1日のアクセス数が、48000を越えた。  他  (2012/3/10)

s-18年1月16日 (17)

どの道も走りやすい。  紹介してる所は、みんな行ったかな。

s-18年1月16日 (18)

7~8分走って、道の駅根占。   海水浴の公園を道の駅にしたのかな。
トイレが、駐車場の近くにない。   建物の裏。

   ※ 最近、何かの施設を道の駅に代用するのは減って来た。
     道の駅を作ると決めて道の駅を。  施設は完璧。  近くでは、たるみず。

s-18年1月16日 (20)

こっちにも駐車場。 

s-18年1月16日 (21)

正面に開聞(かいもん)岳。   鹿児島湾の出口。

s-18年1月16日 (19)

向こうに、佐多岬。 見える島は、硫黄島か。 

s-18年1月16日 (23)

あれ、大きな船だ。  クルーズ船。  鹿児島に寄って出てきた。 速い。

s-18年1月16日 (22)

望遠レンズで撮らなかったから、こう。

s-18年1月16日 (24)

名前を調べてみた。 コスタ・フォーチュナ。 イタリアの船。
約10万トン。  最近はもっと大きいのがあるけど、これだって大きい。

定員2700名ほど。 乗組員1000名ちょっと。  世話する人が多い。

誰乗ってるかの予想だけど、きっと中国人。

   ※ どんなに大きくても、完璧な安心感は無い。  
     台風の中では、ひっくり返る。 

     安心な船は、巡視船。 いくら揺れても、元に必ず戻る。
     震災の時、津波の巨大な波に立ち向かった。 

s-Costa_fortuna.jpg    s-Costa-Fortuna-960.jpg 

開聞岳の前を、悠然と進む。

s-18年1月16日 (25)

夕陽の中を行った。

s-18年1月16日 (26)

17日の予定だったが、この日だけ天気が悪い。
次の日の18日は、完璧な天気。

打ち上げが決まった。 下のニュースが出た。

午前6時6分は、真っ暗。
駐車場は混むと分かっているから、明日の午後3時ころには駐車場に入る。

イプシロン3号は、全長26㍍。
それなりに、大きい。

s-roketto766788.jpg

車の中の紹介。

空気清浄機と水槽。

s-18年1月16日 (8)

まず、空気清浄機。 
フィルターで、空気中のほこり・ウィルス・カビなどを取る。 PM2.5も。
家庭用で一番小さい。  静か。

この場所にぴったりはまったので、ここに。
電気は、最大で20㍗。  

空気がきれいになったら、緑のランプ。
1時間かからないできれいにする。

いいものかどうかは、使ってみてですね。

s-18年1月16日 (9)

水槽はこのように。  水の量は約4㍑。

s-18年1月16日 (13)

水を水面の上から落としている。   空気が入り込む。

s-18年1月16日 (10)

飼うのはメダカ。  赤いのは、おもちゃ。   まえからあった。

後で知ったが、自然のメダカの方が強いよう。
夏の暑さにも。   今のが死んじゃったら、それにしようかなと。
黒メダカって云うよう。

s-18年1月16日 (11)    s-18年1月16日 (12)

魚が泳ぐのを見て、水の音が聞こえたら、心安らぎます。
ミニ扇風機からの、やわらかな風も好き。

居心地のいい車を目指しています。

【今日の歌】    風を追いかけて      谷山浩子 

                    ※ 最近、風にまかせて、と書いた本の栞(しおり)を買いました。
                       四葉のクローバーも貼ってあって。

                       風にまかせて、どこかを歩いてみましょうか。
                       
                       歌詞の意味は、風にまかせる感じかな。

                    ※ この人と中島みゆきの会話は、実に楽しい。
                       そこには、2人のおバカさんがいる。



【道の駅】    禰寝

【明日の予定】    午後には、内之浦宇宙空間観測所(ロケット発射場)に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
17日の内之浦でのロケット発射は、延期になった。
天気が悪い。

1週間は、その周辺にいるので日程がはっきりしたら見ることに。
100㌔程戻っても、かまわない。

車の中をああだこうだやり始めてるので、見学の時間は少し。
道の駅の周辺を歩いた。

買物を終わらせて、夕方から水槽と空気清浄機をやり始めた。
収納全体をどうするかも。

終ったのは、朝の6時だった。
ビール飲んで乾杯。  11時まで熟睡。

明日の記事で紹介。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

ずいぶん南に来た。  大隅半島。

s-18年1月15日 (1)

錦江(きんこう)町。  市街地は少し南。

s-18年1月15日 (2)

神社まで行ってきた。

s-18年1月15日 (3)

2時前。    テレビ局がやって来た。  直ぐに行った。  あっちこっち紹介してるのか。

s-18年1月15日 (6)

どこのテレビ局は、北海道人には分からない。  鹿児島テレビとか、あるのかな。

s-18年1月15日 (4)

この町の大きな見所は2つ。  花の時期は完璧。  右は少し前に紹介。 左は後で。

s-18年1月15日 (5)

海の向こうに開聞岳。   いい姿だ。  また登ってみるか。

s-18年1月15日 (7)

散歩開始。  旧神川中学校。   今いる所は、広く神川地区。

s-18年1月15日 (8)

国道下のトンネル。  海に出る。 そこにキャンプ場。

s-18年1月15日 (9)

神ノ川の河口。     錦江町の中心の川。

s-18年1月15日 (10)

堤防を歩いてみる。

s-18年1月15日 (11)

少し前までやってた。

s-18年1月15日 (12)

グランドを過ぎたら、ダチョウがいた。   ダチョウでいいのか。  おとなしそうな顔。
個人で飼ってるのかな。  

楽しみは何って、聞いてみればよかったか。
望みは何って聞けば、きっと、どこまでも走ってみたい、って言う。

s-18年1月15日 (13)    s-18年1月15日 (14)

市街地の方に歩き始めた。 森が見えた。 そして鳥居。  もしかして、って思って堤防に戻った。

s-18年1月15日 (15)

向こうに神川地区の市街地。

s-18年1月15日 (16)

サヤエンドウを作っている。  道の駅で売っている。  白い花が見える。

 ※ 農薬の心配のある野菜は、自分は買わない。  じゃぶじゃぶ洗えないので。
   これの味噌汁は美味しいな。

s-18年1月15日 (17)

清流神ノ川。    上流に大きな滝がある。  別に、裏見の滝もある。

   神川大滝公園。  小滝は裏見の滝。 滝の水の向こうに空。  大滝は、巨大滝つぼに。~錦江町~ 他 (2016/1/1)

s-18年1月15日 (18)

渕之上神社。  左奥に石仏。   これがあるのを、思い出したので来た。

s-18年1月15日 (19)

こうです。

s-18年1月15日 (20)    s-18年1月15日 (21)

威厳たっぷり。  九州の石像は力強い。  ここにあるのは、集められたもの。

s-18年1月15日 (22)

どれも、胴から上が乗っかっている。

s-18年1月15日 (23)

捨てられていたのも。 明治の廃仏毀釈で。 手はくっつけ直した。

s-18年1月15日 (24)

石塔もある。  墓として造られたのか。   墓でない場合もありますね。

  ※ 神川二才とあるけど、ネットでは分からない。

s-18年1月15日 (25)

前回来た時、それなりに調べたので、記事を紹介しますね。

  渕之上神社の古石塔群。  旗山神社の仁王像と大楠。  半下石、田之神像。  寒干大根。~錦江町~ 他 (2016/1/4) 

s-18年1月15日 (26)

市街地に向かう。  右は、何の家でしょう。

s-18年1月15日 (27)    s-18年1月15日 (28)

左右への道は、旧国道ですね。

s-18年1月15日 (29)

錦江町立神川小学校。   新しい情報は分かりませんが、児童数40数名でしょうか。

  ※ 校歌を調べたら、3番にあふちの木とあった。 これは、栴檀(せんだん)のよう。
    栴檀でも何でしょうとなる。

    歌詞全体とメロディはここに

s-18年1月15日 (30)

石碑。  今隈兄弟とある。
読みにくいけど、神ノ川に橋を架けていますね。

s-18年1月15日 (31)    18年1月15日 (32)

正面の高台に、トロピカルドーム。  行ったことない。

s-18年1月15日 (33)

この後、ホームセンターに買い物。   戻って来たら、開聞岳の手前の海が光っていた。
山の上から見たら、きっと美しい。

s-18年1月15日 (34)

錦江町神川地区の紹介でした。
暑い一日で、上着は腰に縛って歩いた。 20度くらい。

夜は延々と作業。
それでも、終って一安心。

【今日の歌】   冬の旅路  城之内 早苗        

               ※ アクセス数が4万を越えていたので。   北海道は本格的な寒さに。



【道の駅】   錦江にしきの里

【明日の予定】    内陸に入っていく。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
垂水市の中心街の北に、海潟(かいがた)港。
海潟温泉もある。

今日は、小さな港町と温泉街を歩く。
目の前には、桜島。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

どこから大隅半島でしょう。  半島に入ってますね。

s-18年1月14日 (1)

港に車を置いて歩くと決めていた。  印は温泉。

s-18年1月14日 (2)

ここに行く。  共同浴場の雰囲気なので。   駐車場は狭い。  そこへの道も。

s-18年1月14日 (3)

海潟港。  桜島。  雲でないと分かりますね。

s-18年1月14日 (7)

しょっちゅう噴火。

鹿児島の人達は、ちょっと怒ると爆発する、なんてことはあるんでしょうか。
桜島に似て。

s-18年1月14日 (10)

ブリとカンパチの養殖ですね。
今朝、思わぬことで食べることが出来た。(最後に)

s-18年1月14日 (8)

日曜日。  天気はいい。 家族で釣り。

s-18年1月14日 (9)

小魚がいっぱい。

s-18年1月14日 (11)

江之島。   どこかで聞いた名前。  後で・・・。

s-18年1月14日 (12)

向こうから歩いてきた。  釣り人いっぱい。   次から次とは釣れない。

s-18年1月14日 (13)

小さな公園風の駐車場。   公園なので、水がある。  覚えておきましょう。

s-18年1月14日 (14)

何か説明が。

s-18年1月14日 (15)

この人の名前は、初めてかな。
権力争いに負けたのか。

近衛信輔(このえのぶすけ)。  一般には近衛信尹(このえ のぶただ)
坊津に飛ばされる途中、船が流されてここに。

島津と親しかったようで、こっち方面に。
  ※ 自分は坊津に行ってるけど、記事が見つからない。 再度行かなければ。

関ケ原の後、島津は家康につぶされなかった。
取り持ったのは、この人の父。

右に、行きたい江之島温泉がある。

s-18年1月14日 (16)    s-18年1月14日 (17)

温泉に行ってみるか。  適当な道を向こうに。

s-18年1月14日 (18)

小高い所に、この石。
近衛信輔は、向かいの島を江之島とした。 この石に座って。   元は弁天島。

s-18年1月14日 (19)

今日から急に温かくなった。  暑いくらい。

s-18年1月14日 (20)

振り返ると、江之島の向こうに桜島。
桜島は、島の名前か山の名前か、とっちでしょう。

s-18年1月14日 (21)

案内があって直ぐに分かった。
左の建物で、お金を払う。

自分の好きなイメージとは違う。
清潔感が薄れていたら、ダメかな~。

それでも入って見る。   250円。

s-18年1月14日 (22)

ここの紹介のHPから。   大量の湯が注がれている。
泉質が湯の量が一番という人は、ここの温泉文句なし。

手前が熱い。  湯船の湯で顔を洗っても、気にならない湯の量。
シャワーとか使わない。

s-18年1月14日 (4)

自分の好きなのは、紫尾温泉、寿三郎温泉、鰻温泉など。

左に温泉旅館。

s-18年1月14日 (23)

ここは、広い駐車場。   300円だったかな。   今度通ったらここ。

s-18年1月14日 (24)

何だこれは。   小学校跡地。   この小学校は、今は右の方にある。

s-18年1月14日 (25)

校歌だ。
常盤の松は分からない。  優れし眺めは、桜島か。

鹿児島湾のことを、錦江湾とも云う。

s-18年1月14日 (26)

菅原神社。   祭神は道真。

s-18年1月14日 (27)

雑草の花を1つ手に、戻って来た。

s-18年1月14日 (28)

天気のいい日は、鹿児島県は春日和。
薄い上着で十分。

温かくなるのを待っていました。

【その他 1】

たるみずの道の駅で、自分の近くにキャンピングカーがあった。
その人が差し入れですって持ってきた。

飫肥(おび)の人。 自分のブログをいつも読んでいるという。
遠慮なくいただいた。 昆布を2袋渡した。 お礼に。


ブリとカンパチとエビかな。  美味しいもんです。
さつま揚げも。

添加物無し。  スーパーにはこんなのない。
晩に、ちょびちょび飲みながらいただいた。

ごちそう様でした。

s-18年1月14日 (5)    s-18年1月14日 (6)

【その他 2】

メダカが元気ないので、ろ過装置のある小さな水槽を準備しました。
夜中に設置。 メダカは嬉しそう。  はしゃぎすぎ。

フィルター式の空気清浄機を買いました。
鹿屋市のケーズデンキで。

そのまま店の大型テレビで、西郷どんを見た。

両方とも、ちゃんと設置が終わったら、紹介しますね。
周りを含めて。

【今日の歌】    Миллион Алых Роз (million roses) (100万本のバラ)    

             若い時のニーナさん(左)。 彼女ほどやさしく歌う人はいない。

           ※ 夕方買物した鹿屋(かのや)市は、バラの町。  人口10万を越える大きな町。
               かのやばら園、2016 新春祭り。  餅まきタイム、他。  ハウスのバラは、満開。~鹿屋市~ 他 (2016/1/3)



【道の駅】  錦江にしきの里

【明日の予定】   錦江町のどこかを。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
17日に内之浦でロケット打ち上げ。
混むので、16日に駐車場に。

それで、南に向かう。
今日は、ちゃんと紹介したことのない道の駅たるみずを。

着いたら、Aさんがいた。
何の相談もしてなかったのに。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

桜島の付け根近く。

s-18年1月13日 (1)

牛根麓と呼ばれる地域。

s-18年1月13日 (2)

国道220で向かった。 この辺はまだ、霧島市。  黒酢発祥の地。

   くろず情報館「壺畑」。  坂元醸造さんの壺畑は、桜島を背景に、壮観な風景。~霧島市福山町~ 他 (2016/1/8)

s-18年1月13日 (3)

桜島が見えてきた。

s-18年1月13日 (4)

道の駅の少し手前の、正面の集落の奥に、宇喜多秀家は匿(かくま)われていた。
関ケ原の西軍の副将。  後ほどまた。

s-18年1月13日 (5)

着きました。

s-18年1月13日 (6)

広い駐車場。   向こうから来た。  海岸沿いを。  〇の谷に、宇喜多秀家。

s-18年1月13日 (8)

あれ!   Aさんの車。  温泉に入りに来たのか。
しばらくしたら、戻って来た。

ここから歩いて、宇喜多秀家の所に行ってきたという。
犬の散歩を兼ねて。

s-18年1月13日 (7)

反対側。    長い足湯の湯船。

s-18年1月13日 (9)

上はすっかり白い。

s-18年1月13日 (10)

ごみは捨てられる、安い温泉、便利な道の駅。

s-18年1月13日 (11)

大隅半島は、どこに行っても田舎の感じ。
混み入ってない。

見どころいっぱい。  最後にいくつか紹介。

s-18年1月13日 (12)    s-18年1月13日 (13)

いたいた、宇喜多秀家と豪姫。  彼女はここに来てない。

s-18年1月13日 (15)

彼は、佐渡に流された順徳天皇の「都忘れ」の歌のことを知っていた。
        「いかにして 契りおき けむ白菊を 都忘れと名づくるも憂し」

それで、下の歌を作った。
自分は、宇喜多秀家の歌を知って、佐渡に行くと決めた。

   真野御陵(順徳天皇御火葬塚)。 真野宮(亡くなった所)。 妙宣寺。 都忘れの花。 佐渡国分寺。~佐渡市~ 他 (2017/5/12)     

普通は徳川を恐れて匿ったりしない。
島津義弘は、肝(きも)が太い。

s-18年1月13日 (16)

賂は、まいない、と読むのでしょうか。  賄賂(わいろ)の賂ですね。
こっそり渡すこと。

後に、渡すのは幕府も認めた。

s-18年1月13日 (17)

Aさんは、これを見て行ってきたのかな。

s-18年1月13日 (14)

温泉入り口。
魚は、ブリでしょうかカンパチでしょうか。

垂水(たるみず)は、どっちの養殖も盛ん。
全国的に有名。

垂水にも、埋没鳥居がある。  ※ 桜島が有名。 桜島は鹿児島市。

   荒平天神は、海に突き出た岩山。  牛根麓稲荷神社の埋没鳥居。  太崎観音。~垂水市他~ 他 (2016/1/5)


s-18年1月13日 (18)

見学の後入った。

yuiiiii.jpg 

ビワが袋をかぶって。   ※ ビワと云えば、長崎県の茂木が有名ですね。

s-18年1月13日 (19)

車にも描いてある。

s-18年1月13日 (20)

噴煙なのか雲なのか。   船がある。

s-18年1月13日 (21)

中国は、西洋に攻められた。
島津はそれを知って、軍艦を造った。

s-18年1月13日 (24)

桜島は、ちゃんとした島だった。  今は、半島。

島津には名君が2名。  戦国時代の島津義弘、そして幕末の島津斉彬(なりあきら)。

s-18年1月13日 (22)     s-18年1月13日 (23)

鹿児島湾の中でも、ここはとくに穏やかな海。 

s-18年1月13日 (25)

数日前から寒い。

s-18年1月13日 (26)

ここでブリやカンパチが。

s-18年1月13日 (27)

大正時代は、細い海峡だった。   今は入り江。 細い湾。

s-18年1月13日 (28)

中央に珍しい木がある。  

s-18年1月13日 (29)

この木は、道の駅なんごうにいっぱいある。  こんな花

   トロピカルドームで、亜熱帯の花を。  茶碗山の散策 ~日南市~  高田渡・山之口貘「生活の柄」  他  (2012/3/19)

s-18年1月13日 (30)

赤やピンクのサザンカが咲いて。

s-18年1月13日 (31)    s-18年1月13日 (32)

明日は、海潟温泉かな。

s-18年1月13日 (33)

今日は、桜島近くの雰囲気を紹介しました。

晩はまた、ちょっぴりお酒を。

【傷の紹介】   

   花瀬の川底は平らな岩盤。 幅100㍍。 水は薄く流れている。  下流に雄川の滝。~錦江町~ 他 (2016/1/2)
   佐多岬は、廃墟の岬からの復活。  北の神威岬、南の佐多岬と云われるのを目指して。~南大隅町~ 他 (2015/12/30)

【今日の歌】    素顔  長渕剛     彼は、鹿児島県出身。   桜島でコンサートをしたことが。

            ※ 下の画面をクリックしたら、YouTube に。

tgtttttttt.jpg

【道の駅】     たるみず

【明日の予定】    海潟港と海潟温泉。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
鹿児島県は、今年一番の冷え込み。
夜になって、マイナス4℃。

明日から気温は一気に上がる。
10時には、飫肥(おび)に向かうことに。

今日は寝坊して、見学は出来なかった。
車の中の空気をどうするか考えてみた。

夕方から、一宮のAさんとお酒。
変わったどぶろくを飲んだ。  少し悪酔い。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

今は赤〇に。  AZ隼人店に。
ここ数日、気温が上がるのを待っていた。

峠を越えて、印の飫肥(おび)に行きたい。
古い町並みと城跡があり、見どころいっぱい。

s-ttt1113bb.jpg 

昨晩、あ酒の後寝た。  真夜中に起きたら、寝られなくなった。
朝まで起きてて寝たら、お昼前。

チラチラ雪の舞う、寒い一日。
見学場所が思いつかない。

車の中の空気のことを考えた。
空気清浄機を探しに、ケーズデンキに行ってみた。

除菌・消臭・ウイルス除去が出来るというのがあった。
それを買ってみた。

下のがそれ。 ほこりをどんどん吸うわけではない。
消臭の部分は、効果が、感じて分かるよう。

うるさくないし、少しの電気で動く。
しばらく使ってみることに。

こんな商品。 (弱い運転で、3~8畳)  

   メーカーはマクセル。
   オゾネオ プラス MXAP-APL250

   ファンレス仕様ながら、「多重リング式コロナ放電」により低濃度オゾンとイオン風を発生させる
   「低濃度オゾン除菌消臭器」。

   空気中に漂う菌やウイルス、ニオイの元を分解。
   カビや雑菌を2時間で99%除菌できるほか、ウイルスを4時間で除去する。

   本体に搭載された電極ユニットを定期的にメンテナンスすることで、フィルター交換不要で利用できる。
     
いいか悪いかは、使ってみないと分からない。

s-18年1月12日 (1)

一宮のAさんが昨日来た。  
私がどこにいるかは、ブログを見て分かっている。

Aさんのキャンピングカーは、ハイエースを基本にしたもの。
柴犬と一緒に。

その犬はおとなしい。
去年、ニャ~って鳴けってしつこく言ったらかじられた。

ラジエーターの水が漏れる。
部品の関係で、日曜日に近くのトヨタで修理。
Aさんは、それまでここにいる。

夕方から2時間ほどお酒。
下は、Aさんの差し入れ。

宮の舞は、愛媛県の伊方町にある蔵元の。
伊方町は、佐田岬半島の付け根に。 原発の町。

右のは、北海道。
どぶろくに、ショウガと蜂蜜。  複雑な味。

調子に乗って飲んだら、悪酔い。
夜中に、おかゆを梅干しだけで食べたら、よくなってきた。

Aさんは私が骨折で亀岡市にいたとき、来てくれた。
買物とかしてもらって、助けられた。

Aさんは新しいキャンピングカーの検討をしている。
今のは、あと10年持たないと考えて。

s-18年1月12日 (2)

上の写真、右後ろにメダカ。
元気に、機嫌よく泳いでいます。

夜、気温は下がり、次の日の朝にはマイナス4℃。
布団の中は暖かいけど、車の中も寒い。  5℃。

石油ストーブを点ける。
後は、普段使わない、FFのベバストヒーター。

車の中は、あっという間に温かくなる。

車の中の匂いは、自分には気づかない。
そんなことで、考えてみました。

車の中は、少しずつ良くなって、そのうち足りないものがまた見つかるでしょうね。

【今日の歌】    The Seekers - I Am Australian, Waltzing Matilda, Georgy Girl (Live, 1994)    シーカーズです。



【停泊場所】   霧島市のAZ隼人店駐車場。

【明日の予定】   日南市の飫肥に。 峠は昼間は大丈夫と思う。

                 ※ 今は、13日の10時。  気温が上がらない。  峠は不安。
           それと、17日に内之浦でロケットが上がることが分かった。

           海岸沿いを南に行こうかなと。  見学場所は決まってない。           

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、7位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
鹿児島県も、少しだけ冬の天気に。
朝夕、雪がチラチラ。

山は白くなって。
峠越えはやめて、AZ隼人店の駐車場で待機中。

金曜日、日南市に向かう。
そこには、飫肥(おび)が。

今日は、滝と温泉を少しだけ。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

鹿児島湾の一番奥にいる。

s-18年1月11日 (2)

龍門滝は姶良(あいら)市に。

s-18年1月11日 (3)

広い駐車場がある。  温泉まで歩いて3分。

駐車場から、このように。  大きな滝。  左上に白っぽく、上の展望台。

s-18年1月11日 (9)

こんなのぼりが。  どんでなくて、どんどん。   滝は木のかげに。
滝への遊歩道が見える。

  ※ 余談  姶良(あいら)市の「姶」は珍しい漢字。 
      
          姶(みめよ)い、とも読める。
          意味は、かおかたちがすぐれている。器量がよい。
          
          「姶い女性」と使える。
          「見目好い・眉目良い」と書くのと同じ意味。 (辞書から)

s-18年1月11日 (15)

一帯が公園になっている。 登龍門の龍門なんですね。

s-18年1月11日 (8)

中国の龍門滝は、下の印。  九州が小さく見える。

s-18年1月11日 (1)

温泉の前に滝を見る。  湯冷めしたら困るから。
下の展望台に来た。 

どうしてここに滝が、って思う。
想像では、巨大な溶岩が流れてきた。   その端っこがここ。

九州には、そんな滝が多い。  上は台地のように平らで、家がいっぱい。

s-18年1月11日 (12)

岩が堅そう。

s-18年1月11日 (14)

吸盤のある魚は、ここを登るのでしょうか。 登龍門。

s-18年1月11日 (13)

今は合併して姶良市。  滝百選。  大きな滝。

s-18年1月11日 (10)

冬だから、殺風景かな。



説明。   上には、色々ある。  以前行ってきた。

s-18年1月11日 (7)

※ 以前の記事の写真。

上の展望台から。  まるい建物が龍門滝温泉。

s-18年1月11日 (6)

水は真っ逆さま。 

s-18年1月11日 (5)

滝の上流に、金山橋。   大きな石橋。   丈夫そうだ。

s-18年1月11日 (4)

下は、以前の記事から。   解説の説明です。

※ 上の説明で、橘 南谿(たちばな なんけい)の、西遊記(せいゆうき)で、絶賛したとある。
   江戸時代後期の人。  絶賛の中身はこう。

      「加治木の北に龍門の滝となず けるあり、 予漫遊の間に見たる瀑にしては、これを第一とす。
       然れども格別の遠土に あれば、その名をだに知る人もなしおしむべし」

※ 安井息軒(そっけん)は、江戸時代後期の儒学者。
   飫肥(おび)の藩士の家に生まれる。

      堀川運河によって飫肥(おび)杉で栄えた、油津 ~日南市~  マディソン郡の恋・マディソン郡の橋  他  (2012/3/20)
          (飫肥は、伊東氏。  島津氏に追われるが、秀吉の配下になって、復活。 苦労する)

   「三計塾」を開いた人。
   「一年の計は、元旦にあり」は、この人の言葉。

   「一日の計は朝にあり。 一年の計は春にあり。 一生の計は少壮の時にあり」 は、
    三計塾の設立主旨の言葉だそう。(Wikipedia)

    上のこと、知らなかった。

※ エビネは、ランの仲間。

静かにお地蔵さまが。   どうして石を置くのか。

s-18年1月11日 (11)

龍門滝温泉。   250円。   鹿児島県は、安い所がいっぱい。

s-18年1月11日 (16)

隣に川。  温泉の右後ろに滝。

s-18年1月11日 (17)

この後、温泉に入る。  下は、市のHPからお借り。

野菜がいっぱい売っており、ニンジンと長ネギを買った。

ryumondakionsen.jpg

温泉から出てきて、川を見た。
上流に家がいっぱいあるから、水は濁っている。

s-18年1月11日 (18)

散歩。

s-18年1月11日 (19)

なんの花?  なの花?

s-18年1月11日 (20)

小さな花のスイセン。

s-18年1月11日 (21)

こんな道を通って戻る。

s-18年1月11日 (22)

花を摘んできた。  今年はこうやって楽しむことに。  花が詳しく分かる。

s-18年1月11日 (23)

温かくなるまで、あと少しの辛抱。

夜は寒い。  マイナスに。

【その他】   一宮のAさんが、急に訪ねてきた。
        年の暮れに出てだから、急ぎ足で鹿児島に。

        佐多岬から来た。
        今年の4月から、整備し直してスタートだそう。
        日本ワースト3の岬から、ベスト3の岬に変身かな。

        お酒を飲んだ。 いっぱい。 

【今日の歌】    白い水仙を摘んでしまったので、今日はこの歌。

白い花/山崎ハコ



白い花 北原ミレイ(作詞/作曲 山崎ハコ)



【停泊場所】  AZ隼人店。  霧島市。

【明日の予定】  近くのどこか。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
西郷どん湯がある。
今年は行かなければならない。

大河ドラマが、西郷(せご)どん。
漢字なら西郷殿。

西郷どんって鹿児島で、ほんとうに云われていたのか。
自分の知っている証拠は2つ。

まず、西郷どん湯。
今日はそこに。

他は藤川天神の、ツンの像の台座に。
ツンは西郷さんの愛犬。

今日は、メダカを5匹買った。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

雪が降りそうなので、霧島市の4AZ隼人店にいる。 24時間の店。

印は、日当山(ひなたやま)温泉、西郷どん湯。

s-18年1月10日 (1)    s-18年1月10日 (2)

どこから行っても、道は細い。  川沿いの南からは、乗用車も離合無理。

s-18年1月10日 (3)

左からの2本の道が、少しいい。

駐車場は奥行きが短く、自分の車は無理だった。
近くにローソンがあって、そこから写真だけを撮りに。

s-18年1月10日 (4)

右が温泉。  向かいに、宿泊施設。

s-18年1月10日 (11)

西郷どん湯。   公衆浴場の雰囲気。   250円。  通称元湯。

s-18年1月10日 (12)

反対から。   西郷って読める。

s-18年1月10日 (13)    s-18年1月10日 (15)

西郷どん湯の由来。

当時、この温泉の前に、龍宝伝ヱ門宅があった。
西郷さんは、そこに泊まって、この温泉に入った。  昼間は、川で釣り。

後の方に、西郷(せご)どん湯、とある。 
読みは、せごどん。

s-18年1月10日 (14)

下は、藤川天神にあるもの。   以前撮影。
台座の石に、西郷どんのツンとある。

   藤川天神、臥龍梅。  田舎の小さな温泉、十三奉行温泉。~阿久根市・出水市~  他  (2013/2/17)

温泉とこのことから、西郷どんは、使われていると分かる。

s-18年1月10日 (5)

下は、鹿児島温泉観光課から。

西郷どんの歴史が詳しく。
ただ、ここでは、さいごうどんゆとある。

表記はこうでも、これを鹿児島弁で読むと、せごどんゆ、なんでしょうね。
観光客に分かりやすく、こうしたのでしょうか。

ghgyyy.jpg

湯船はこうです。
一度は入らなければなりませんね。

  ※ 1㌔ほど歩けば、何とかなりそうと分かった。

薩摩に来ると、2つに仕切ってある湯船は珍しくない。
片方は熱い。

s-18年1月10日 (10)

宿の方。  西郷さんと龍馬の絵。  龍馬の絵は似てるのかな・・。
坂本龍馬は、ここだけでなく塩浸温泉とか、外にも。   お龍さんと一緒に。

いつかまた来ましょう。

s-18年1月10日 (16)    s-18年1月10日 (17)


【メダカが仲間入り】

メダカを買ってみることに。   水槽の水の量は、1.3㍑ほど。
少しの工夫で、走っても大丈夫。

灯りも付けた。  0.8㍗。 

DSCF0011bbvbnnmm.jpg 

下の白い石から、少しの酸素が。  水草からも。

普通のメダカ。  安い。
ピンクの、楊貴妃というのも売っていた。

それは高い。  高いと言ってもラーメン一杯の値段。
楊貴妃を買って、西施(せいし)と名前を付けましょうか。

   象潟や 雨に西施が ねぶの花   他 (2009/09/21)

s-18年1月10日 (18)    s-18年1月10日 (7)

以前からあるもの。  大隅半島の、鹿屋(かのや)バラ園で買った。
右は、シマフクロウ。   阿寒で今年。

s-18年1月10日 (8)    s-18年1月10日 (9)

13日から、気温が急に上がる。  10度以上。
それまで少し辛抱。

12日は、山の下の天気も、雪マーク。

メダカと仲良くしましょうか。

【記事の紹介】

   鹿児島市街地を歩く。  鶴丸城(鹿児島城)跡。  私学校石垣の銃弾の跡。~鹿児島市~ 他 (2014/2/5)
   龍馬とお龍が立ち寄った、塩浸温泉。  レトロな雰囲気、嘉例川駅。~霧島市~ 他 (2015/1/5)

【今日の歌】  NSP 冬がのぞいてる

 

【停泊場所】    AZ隼人店

【明日の予定】     温泉に行って滝の見学かな。  峠越えは出来ない。   山は雪。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
南国鹿児島だって、年に2~3回は冬らしい天気が。
急に寒くなって、天気予報は雪マーク(⛄)。

動けない時を考えて、AZ隼人店に行くことに。
紫尾温泉を脱出。

記事は、途中見たものを少し。

ネットの記事に気になるのがあったので、それについて。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

紫尾温泉は山の中。

s-18年1月9日 (1)

印に古いお墓。 

s-18年1月9日 (2)

道沿いにあった。

s-18年1月9日 (3)

このように。  墓石塔群。
ほとんどが五輪塔の御墓なので、五輪塔群でもいいですね。

s-18年1月9日 (14)

神興寺僧侶の墓石塔群とある。

神興寺は元々は、紫尾温泉のすぐ近くにあったよう。
自分が停めていた駐車場辺りに。

道沿いのここに、集めたのでしょうか。

s-18年1月9日 (15)

隣にもあった。  小さいのは、小僧さんか。 五輪塔でないのもある。

  ※ 道に停めてるので、ゆっくり見学できない。

おひな様のように並んでいるので、持ってきたのかな。

s-18年1月9日 (16)

大きいのは、住職か。

s-18年1月9日 (17)

説明の中に、紫尾山祁答院神興寺、とある。

   ※ 紫尾山は山号だからいいとして、祁答院は何だ。 
     祁答院は、けどういん。  ここより少し南の地名。

     昔、祁答院町があった。  今は、薩摩川内市祁答院町。  真ん中の地図の下の方に。
     祁答院氏が支配していた時代が。

     祁答(けどう)にどんな意味があるかは難しい。
     祁には、広いとか大きいの意味。
    
     院は建物ですから、遥か昔、収穫したものを保管する大きな倉庫があったと考えられる。
     真幸(まさき)院など、院の付く地名にはそんな意味が。

     祁答院氏の菩提寺だったので、祁答院神興寺になったのかなと。

   ※ 寺なのに、神の字がついている。  神仏混淆の時代があったからいいのか。
     京都にも、神護寺とかある。 神を護(まも)る寺。  ・・・。

600年前のが。   破壊されないで。
600年後、この墓たちはどうなっているでしょう。 これからの方が心配。

s-18年1月9日 (18)

霧島市に向かう。  機械で木を伐採。   つかまえて切る。

s-18年1月9日 (6)

右に、祁答院(けどういん)とある。

s-18年1月9日 (7)

姶良(あいら)市蒲生(かもう)町。   大きなクスノキがある。

s-18年1月9日 (8)

以前撮影。  自分が見た木の中では、これが一番の巨木。

   蒲生(かもう)のクスは、日本一の巨木。  推定樹齢、1500年。  蒲生八幡神社。~姶良(あいら)市~ 他 (2016/1/9)

s-18年1月9日 (5)

【その他】    ネットのニュースから。  

星野監督のピッチャー時代、自分は応援していた。
自分も、ずっとアンチ巨人。 

いい話を2つ紹介。

赤線の所に、呼び寄せたとある。  Wikipediaでは、監督が行っている。
白紙小切手、そして、名古屋駅のホームまで。

s-18年1月9日 (4) 

その時の写真だ。  この後、牛島は号泣。    星野さんらしい行動。

s-18年1月9日 (12)

特オチは、この人だけスクープを書けなかったこと。
記者として大きな恥。  会社で肩身狭い。  つらい。

星野監督は、特オチの記者を助ける。
その恩は、忘れるわけないと思って。

計算ずくというより、優しさなのでしょうか。
記者も戦力と、口にしたことが。

  ※ こんな行動は田中角栄に似ている。
    角栄は、100万円が何としても準備できないと、頼みに来た政治家がいたとする。

    そんなとき、だまって200万円を持たせる。
    戻さなくていいって。

    この政治家は、生涯、角栄には頭が上がらない。 感謝感謝で。

s-18年1月9日 (10) 

カヌー連盟の会長は、アホだな~って思う。
トップの人間として、自分に何が足りなかったのかを、一言も述べていない。

川渕三郎のような人でないと、トップは務まらない。

s-18年1月9日 (9)

加害者側を非難する記事ばかり続いた。
待っていた記事がやっと出た。

人を信用できないのが、スポーツの世界。
特に、オリンピックとか目指す選手。
18年1月9日 (13)lll 

この人は、自分は勉強が足りない、頭もよくない、そのことに気付いていない。
今の地位にいるから、勘違いしているのか。

モンゴルの人達は、ヒツジを放牧して、乳や肉や皮を。  遊牧民。
野生のクマやシカを追っかけているのではない。 狩猟民ではない。

浅い知識で、深く考えないで物を言っている。

ルールのことも言っている。
そんなこと誰だって分かっている。 多くの人が言っている。

相撲関係でまともなのは、解説者の北の富士。

s-18年1月9日 (11)

気になったことを紹介し、少しのコメントをしました。

思い出した、韓国という国も困ったものだ。
国民も大統領も。

※ 余談  ネットの記事を読むと面白い。

      気づかれないように、韓国寄りの記事を書いたり。    
      気づかれないように、相撲協会寄りの記事を書いたり。

      立場をはっきりさせて書く記事は、まじめに読む価値ありますね。

【今日の歌】   中島みゆき 北の旅人(DTM ver.)     アクセス数が8万を越えていたので。

 

【停泊場所】    AZ隼人店の駐車場。(霧島市)

【明日の予定】    遠くなく、「西郷どん湯」がある。  そこかな。 
             3日ほど天気が荒れる。   雪が降りそう。   AZで待機になるかも。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
2日ほど、天気が悪い。
のんびりしたいこともあって、紫尾温泉に。

酒飲むだけなら記事が書けない。
夏山登山の物を整理することに。
それを紹介。

ニュースが2つ。
雄武の日の出岬に、流氷がやって来た。
また、タンチョウが国後島に行っていた。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

紫尾(しび)温泉の場所。

s-18年1月8日 (1)

安くていい温泉。 売ってるみかんが美味しい。 小さくて甘い。

s-18年1月8日 (2)

共同浴場。  神の湯。  源泉は建物の後にある紫尾神社の建物の真下。

s-18年1月8日 (3)

登山用具が、季節に関係なく混ざっていた。
整理することに。
そうすれば、山に行きたいとき準備が早い。

下にあるのが全体。  夏山の日帰り用。
簡単に説明しますね。

s-18年1月8日 (6)

リュックは30㍑。  

山ラジオはクマ除けにも。 感度はよく、谷底以外は入る。

ボトルの水は、この状態で飲める。
他に、500㍑の水を2本。  1本だけ、真水。 沸かすのに。

クマ除けの笛。  
腰のベルトのポケットは、それなりに入る。

隣の青い袋は、リュックのカバー。
傘は風の弱い時に。 傘が無いと写真が撮れない。 雨の予想の時は、普通登らない。

隣はクマ撃退スプレー。 最後の手段。
その右は、タオル。 和風のが好き。

s-18年1月8日 (7)

さらに右に、ダウンの上着。 普通は使わない。 緊急用。   帽子。

s-18年1月8日 (8)

2列目。  まずカメラ。 フジフイルムのが壊れたので、また使いだした。  パナソニック。
隣はクマ除けの鈴。 少し大きいのもある。

隣は、望遠のあるカメラ。  ソニー。 予備のカメラでも。
遠くの動物や鳥を。 腰のベルトのポケットに入る。

ノートとペン。  これも腰のベルトのポケットに。
ナイフは、ベルトにぶら下げる。

右に、電池。  携帯の充電用。 単三電池は懐中電灯や山ナビにも。

s-18年1月8日 (9)

上のさらに右。  虫よけと時計。
その右に手袋。 普通は左のだけ。 虫が寄って来ない仕組み。

右端は、合羽。  通気性があるので、上着としても。

s-18年1月8日 (10)

3列目。  懐中電灯。  小さなコップ。  リュックに下げる。  湧き水はこれで。
ベルトのぽっけとに、甘いものを。

隣は山ナビ。  登山道が表示され、自分の場所が分かる。
迷ったとき、どっちに行けば登山道があるか分かる。 

方位や高度など、何でも分かる。 これも腰のベルトのポケット。

s-18年1月8日 (11)

上の右。  風除けのズボン。 簡易的なカッパ。 軽い。

敷き物とモモンガ。  アッカムイ神社の祭神。 リュックの後に下げる。 守ってくれる。
右は、座る時尻の下に。 岩の上などで便利。

右は、濡らして首に巻く。 いつまでも涼しい。

s-18年1月8日 (12)

4列目。  保温ボトル。 このお湯でカップラーメン作る人も。
隣は、ジェットボイルと呼ばれるバーナー。  あっという間にお湯が沸く。 風は関係ない。

バーナーを持ったら、ボトルは持たない。
隣は、これに水を入れて沸かす。  味噌汁とかコーヒーを持って。

s-18年1月8日 (13)

上の右。  お茶しか無かったのでこれ。  普通は水とスポーツドリンク。

その右は、保温用シート。  万が一の時、一晩この中で過ごせる。
隣は、薬。  キズバンや消毒液、包帯など。

右は、簡易トイレ。 これを携帯するのは、常識になって来た。

s-18年1月8日 (14)

上のは、カゴに入れて、バンクベッドの一番手前に。
これで、準備が楽。  忘れ物をしない。  

リュックに入れる時、持ち物一覧で確認。
歩行時間の長い時は、お湯の関係は持たない。

秋・冬用はの整理はまだ。  1泊のもまだ。 少しの時間で出来るかな。
夏物の一部変更だから。


【流氷がやって来た】

下の写真は、紋別の北にある雄武町の日の出岬付近。
今年もやって来た。

流氷を舐めてくる風は冷たい。
オホーツク沿岸に、本格的な冬の寒さがやって来た。

自分は3年間、日の出岬のすぐ近くにある職場で働いた。
なつかしい思い出。

201209182315036b9_20180109124219dae.jpg

   懐かしい沢木、そして、日の出岬へ。  サケ情報は、分からない。~雄武町~  他  (2012/9/18)

s-18年1月8日 (18)

アムール川の真水が、オホーツク海の塩分を薄める。
凍りやすくなって、流氷が。

下の図でははっきりしないけど、根室にも流氷はやって来る。(記事は毎日新聞から)
最初の職場は根室。 16年間。

s-18年1月8日 (16)

流氷が出来る仕組み。

s-18年1月8日 (15)

流氷は生き物のゆりかご。

s-18年1月8日 (5)

流氷が来た時、いつも「アムール河の波」を紹介している。

下の女性がいなかったら、この曲は生まれなかった。

   ※ 以前の記事から。

     ウラジオストクに向かったキュッスは、途中である女性に出会う。 
     でも、その人は、陸軍大佐の奥様だった。 名前は、ヴェーラ・ニコラーエヴナ。 こんな女性
     お互いそれなりの気持ちになった時はあるが、女性の方は、引き下がる。

     キュッスは、あきらめ切れない。 
     ウラジオストクまでの汽車の中で、彼は、高まる気持ちを、音楽で表現した。 
     それが、アムール河の波だった。  ※ 最初の曲名は、アムール湾の波。

     ある演奏会で演奏する形で、彼女にプレゼントした。

     しかし、叶わぬ恋であることは、キュッス自身も知っていた。
     しばらくして、故郷のオデッサに戻る。

     彼は悲しいほどに、強い意志の持ち主だった。 下の記事の最後に。

        いろは島の風景 他 ~唐津市肥前町~  「アムール河の波」について  他  (2012/1/11)

s-18年1月8日 (4)

曲の紹介。  いくつか。  いいのがいっぱいあります。

Амурские волны アムール河の波  さとうささら   

                   歌詞の意味が分かります。   一緒にまばたきするときは無い。
            大きい。(?)  すみません、ペンが滑りました。



Ансамбль Александрова - Амурские волны    本場の演奏。



黑龙江的波浪 / Амурские волны / The Amur waves - 俄语版    

        ※ アムール河は、中国語で黑龙江(こくりゅうこう)  龙は龍。



Амурские волны (The Amur waves)    お洒落な演奏。   心を擽(くすぐ)る感じで。




【タンチョウが国後島に】

今までも、国後島に行ってたことは分っていたんですね。
今回は、どこからどう行ったかが確認された、ということですね。  はっきりと。

  ※ 発信機はある期間で外れる仕組みになっていますね、きっと。

北海道に1800羽。  棲むのに狭くなったと。
標茶町から行っている。  下は、標茶町で見たタンチョウ。

201309041053482f7_2018010913404222e.jpg

   ※ 下の記事に詳しく。

      釧路市動物園、北海道ゾーン。  タンチョウ、ヒグマ、他。~釧路市~  他  (2013/9/3)

s-18年1月8日 (19)
s-18年1月8日 (17)

日露の交流は、タンチョウの方が進んでいる。
行き来が活発になって、3000羽とかに増えるといいですね。

【停泊場所】    紫尾温泉駐車場

【明日の予定】     天気が悪いので、もう一日紫尾温泉に。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
Aくん、今日は野球の練習ない。
魚釣りをするか、となった。

自分は、鹿児島の釣りは分からない。
大漁は期待できない。

出水市でラーメン。 ぶんちゃん。
久しぶりに人気のお店に出会った。

西郷どんが始まった。
脚本には、人を惹きつける、多くの仕掛けがあった。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印の所に橋。  渡って長島に。

s-18年1月7日 (1)

最初は、下の方の黒之浜港で。  ラーメンの後は、赤〇で。

s-18年1月7日 (2)

黒之浜港。   底にロープがあるのか、石なのか、引っかかってばかり。

s-18年1月7日 (3)

昔、長島からの小さなフェリーは、この港に入った。

活気あった時代の名残が、家並みに見える。

s-18年1月7日 (4)

右向こうに、瀬戸港。 少しかげに。  フェリーはそこから。

黒之浜港と瀬戸港。  海峡の名は、黒之瀬戸。

s-18年1月7日 (5)    s-18年1月7日 (6)

30ほどいて、あきらめ。   重りや仕掛けが足りなくなった。
国道3号線まで出て、お店で補充。

午後1時ころになったので、出水市に。   ラーメン。

s-18年1月7日 (7)

お店の名は、ぶんちゃん。   営業時間は、11時から2時まで、3時間。
Aくんはもやしラーメン。  普通に注文して、このネギ。

どこから手を付けて食べればいいのやら。
Aくんは、ネギを箸でつまんでまず口に。

s-18年1月7日 (8)

やっと麺を引っ張り出した。

s-18年1月7日 (9)

自分はチャンポン。 一目、食べきれないと思う量。

s-18年1月7日 (10)

麺の量は不通だから、何とか。 
スープの油は、野菜をいためたときに乳化。 口にべとつかない。

バターの味がうっすら。 もしかしたら、エビなど海鮮から出てきた味なのか。
スープは美味しいけど、飲むのは少しずつ。

s-18年1月7日 (11)

Aくん、スープを残す習慣。  健康にいいですね。
どんぶり抱えて、ごくごく飲んでたら、最悪。

Aくん完食。 

s-18年1月7日 (12)

店から出てこの感じ。  いっぱいの車。
外にも人が。  自分たちの時は、ちょうど坐れた。

s-18年1月7日 (13)

黒之瀬戸大橋が、このように見える場所。

s-18年1月7日 (14)

展望台。

s-18年1月7日 (32)

仕掛けの準備。 自分でする。  Aくんは、港の中で釣る。

s-18年1月7日 (15)

これがキンギョ。   ネンブツダイの子供のよう。

s-18年1月7日 (16)

フグも釣れた。

s-18年1月7日 (17)

こうやって釣っている。   撒き餌をしたりして。  自分は外海に。

s-18年1月7日 (18)

増えてきた。

s-18年1月7日 (19)

小さな船が戻って来た。 獲れた魚は、かごに入れて結んであるのか。
この時期、何が穫れるのでしょう。

干満が大きいから、港は階段状。  これを雁木(がんぎ)と呼びますね。

s-18年1月7日 (20)

Aくんの近くの人が、アラカブを釣った。   高級魚。  味噌汁でもから揚げでも美味しい。

s-18年1月7日 (21)

上の人がAくんに教えている。  船の下にアジがいるよって。  一番奥の人は、タコつり。

s-18年1月7日 (22)

夕方。   船のエンジンの音が、家に帰りますよって、聞こえる。

s-18年1月7日 (23)

小さな浮桟橋に、船を結ぶ。 ずっと傾いている。  大漁か。

さっきの人が、どうだったって声をかける。
人の結びつきは、都会よりずっと濃い。

s-18年1月7日 (24)

釣りをすると、時間が早く過ぎていく。   5時になったら、後始末開始って決めて。

s-18年1月7日 (25)

大きなフグだ。 強い歯。   貝だってバリバリ。  美味しいものを食べるから、美味しい身か。

s-18年1月7日 (26)

仲間が増えていいねって、声を掛けた。
何言ってるのさ、出してよって、返事。

s-18年1月7日 (27)

自分に、アラカブが釣れた、と思ったら、引っかかっていた。
家で待っている、Sちゃんへのおみやげ。

s-18年1月7日 (28)

大きなフグは放した。  小さいのも持って帰らない。

s-18年1月7日 (29)

タコ釣りの人。  この人は最初アジを釣ったそう。
そのアジをエサにタコ釣り。 生かしたエサで。

s-18年1月7日 (30)

絡まった。   おまつりだ。 降参した時だけ、手伝う。
上手に解いて、もう一度釣ってお終い。

車で出る前、Aくんがこれから帰るよと、家に連絡。
明るいうちに連絡するのが基本でしょうか。

s-18年1月7日 (31)

釣りは、釣れても釣れなくても楽しい。
1匹釣れたら十分。

Aくんを送って、社長さんの会社に。
30分ほどお話しして、お別れ。

自分が大分県にいるころ、ある山に登ろうって決めた。
その時、また社長さんに会える。

【西郷どん】   このお話の脚本家は、何が人を惹きつけるか、知ってる感じがします。
          
          子供たちを集めた。 将来みんな大物になる子供達ばかり。
          成長した子供たちが見たくなる。 ドラマを見る遠い楽しみ。

          女の子を登場させた。
          西郷さんとこの女の子は、どうなるんだろう。
          恋に発展した姿が、見たくなる。

          斉彬(なりあきら)が薩摩の将来を心配し、夢を語った。
          薩摩の動きは今後どうなる。
          斉彬と西郷さんとの関わりは・・。

          右手は使えるようになるのか。

          などなど。

   上のことは、視聴者を引き付けるための、みんな仕掛け。
   大きなドラマの中に、仕掛けられた小さなドラマが、絡み合いながら展開される。

   質の違う仕掛けが5つくらいあると、ドラマ全体が退屈しない。

   風林火山の時、真田家の復活はあるのだろうか。
   そんな仕掛けがあった。
   領地を取り戻し、城には、勘助と信繁の祖父がいた。
   あれがなかったら、「真田丸」は無かった(?)。

   西郷どんは、いい感じでスタートした。

【今日の歌】  五輪真弓・徳永英明 「百万本のバラ 」   

           ※ 五輪真弓は、「はなやかな・・」など、メロディを変えてる部分が。 大きな魅力。



【停泊場所】     AZ阿久根店駐車場

【明日の予定】    紫尾温泉に。  雨。  2日間のんびりします。  山の道具の整理。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
急に出水市に行くことに。
長島の人達が、誕生会をすることになって。
         (日程は急に決まったよう)

今日は、出水市の箱崎八幡神社でお参りすることに。
大きな鈴があるので、少しだけ紹介。

車の中をいじくりだしたら、何が足りないとか、どうすればいいかが見えて来る。
いそがしい日が続いている。

晩は、出水市の市街地で、6人で食事会。
カニと牛肉の食べ放題。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

出水市はツルで知られる。
現在、15000羽ほど来ている。  年末に見ている。

s-17年1月6日 (1)

印が神社。   上にクレインパーク。  

s-17年1月6日 (2)

広い駐車場がある。

s-17年1月6日 (3)

長い参道。

s-17年1月6日 (4)

大きな鈴が見えてきた。

s-17年1月6日 (5)

鈴が鐘のようにぶら下がっている。   日本一と言っている。

平成10年ですから、古いものではないですね。

s-17年1月6日 (7)    s-17年1月6日 (8)

鈴は縁起物。  真下でなく、横を通りたくなる。

s-17年1月6日 (9)

鈴は邪鬼を追い払うとある。   そういうものなんだ。

s-17年1月6日 (10)    s-17年1月6日 (11)

※ 山に登る時、自分は小さな鐘をリュックにぶら下げる。
  見た目、鈴ではなく確かに鐘。

  それでも、山に行くときは鈴を鳴らせという。
  鐘とは言わない。  不思議に思っている。

正面に拝殿。  まだ正月、人は来る。

s-17年1月6日 (12)

※ 猫は音を立てずに歩く。  ネズミは気づかないで捕まって食べられる。
  猫に鈴が付いていたら、ネズミは助かる。 でも、誰が猫に鈴をつけるか。 それが大変。

誰だろう。(調べていない)
なでる、鶴と亀がある。

s-17年1月6日 (14)

※ 乾燥した豆の鞘(さや)を振ると、中で豆の音がする。
  これが、鈴の発祥のよう。(Wikipedia)

  鞘の中で、豆はどこともつながっていない。
  どのように豆が大きくなるか不思議。  神秘の世界。

右を見たら、鈴の形をした建物。
  
※ 7年ほど前、ちょっとだけここに来たことが。 その時、中に入った。
  何があるわけでなく、和歌か何かがはってあった。

s-17年1月6日 (13)

拝殿。  立派な神社。   お参り。
おみくじは買わなかった。 

昨日、せっかく大吉だったから。

s-17年1月6日 (15)

みんなお参りして、願いを心に誓って。

s-17年1月6日 (16)

戻る。

s-17年1月6日 (17)

出口に、石灯篭か。

s-17年1月6日 (18)

幕末に江戸の警備のために、11名が出水から向かった。
10名が無事に戻って来た。  

そのお礼で、これを奉納した。
1人が亡くなったけど、その理由は書いてない。

s-17年1月6日 (6)

クレインパークいずみ。  ここの駐車場に今晩停泊。
6時過ぎに、社長さんが迎えに来る。

正面にツルの博物館。 一度行ったことが。

s-17年1月6日 (19)

少し散歩。 ツルの声が聞こえたけど、見えなかった。  
大空をたくさんで飛ぶのを、少し前に見ていた。

s-17年1月6日 (20)

子供さんが、鳥の形の凧で遊んでた。  むずかしい。

s-17年1月6日 (21)

冬なのに、バラ。

s-17年1月6日 (22)

大隅半島の、鹿屋バラ園を思い出す。   今の時期は、温室で咲いている。

s-17年1月6日 (23)

案内地図が。  ツルは上の方に。

s-17年1月6日 (24)

今はこの中に。   馬のいる所が、出水麓の武家屋敷。

s-17年1月6日 (25)

鈴のことを少しだけ勉強しました。

縁起物によく付いていますね。
また、風鈴は涼しげな音がだす。

【その他】    晩は、楽しく食べておしゃべり。
         Y先生の誕生日が近々。  それで今日。

         ズワイガニも牛肉も、いっぱい食べたの久しぶり。
         中1のAくんは、動けなくなるほど食べた。
         野球してるから、いくら食べても太らない。

         小2のSちゃんは、手作り風のウィンナーを美味しそうに。
         楽しい夜になりました。 感謝。

【今日の歌】     マーラが与えた人生 (百万本のバラ)のラトビアオリジナル訳詩

                 ※ 新しい動画です。  歌っている小田陽子さんが出て来ます。



【停泊場所】    クレインパーク

【明日の予定】     長島のAくんと釣り。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
久しぶりの大吉。
前回いつだったか思い出せない。

いい事がある、そう思った。
すぐにやってきた。(?)

長島の社長さんが、隣のY先生の誕生日会を、出水市でするという。
誘っていただいて、霧島市から向かった。

途中、紫尾神社に寄って初詣。
隣の、紫尾温泉神の湯に。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印に、紫尾(しび)神社。

s-18年1月5日 (1)

左に紫尾山。  頂上まで車で行ける。

ずっと昔は、紫尾温泉から登っていた。
頂上に紫尾神社が。

s-18年1月5日 (2)

駐車場から行くと、裏から入る。   左に温泉の屋根が見える。

s-18年1月5日 (3)

昔は、驚くほどにぎわった神社だった。  近くに鉱山もあって。

s-18年1月5日 (4)

正面から。  神社は、源泉の上に。  右に神の湯。

s-18年1月5日 (8)

神社の近くにあるから神の湯。
そんなのが普通の神の湯。

ここは違う。
お湯は、神社の下から、神様から、いただいている。

s-18年1月5日 (5)

今いるのは、オレンジの〇か。
紫尾山の頂上に、昔は紫尾神社。

頂上へは、ひと山越えて、それから登り始める。
昔は人の列が出来た。

一昨年、登山道を探しに行った。
見つけられなかった。

今は、車道を登っていく。

   紫尾山に登る。  車道を頂上まで。  阿久根市から来た、ハーモニカおじさんに出会う。~さつま町~ 他 (2015/12/25)
   紫尾山の登山口の確認は、出来なかった。 道が・・。~さつま町~  谷口さん亡くなる。  北アルプスでも。 (2015/12/22)

s-18年1月5日 (6) 

神代三代を祀っている。 神代三代については、下に詳しく。

   霧島神宮の祭神は、神代三代の天皇と神武天皇だった。 神木は メアサ杉。  性空上人の墓。~霧島市~ 他 (2015/1/9)

昔の賑わいはすごかったと最後に。
ここは、山奥の神社だけど、ここ数日で1万人は来てるよう。(Wikipedia)

s-18年1月5日 (7)

境内には古いものがいっぱい。

s-18年1月5日 (10)    s-18年1月5日 (9)

反対側に、正面の鳥居。   小さく見える。
寒いから、火を燃やして。

s-18年1月5日 (11)

お参りした。  息子の娘の は〇ちゃんのことをまずお願い。 
            ※ は〇ちゃんの名前のヒント。 旭川の上野ファームにいた時、生まれた。 漢字は違うけど。

おみくじは、大吉だった。 今年は幸先がいい。

   ※ 失物・・程なく出て来ます、とある。 ・・・。

このおみくじは、アッカムイ神社に。

s-18年1月5日 (17)

神の湯。   この地域の共同浴場。  200円。  地元の人は、100円。
安いから、なお温まる。

s-18年1月5日 (12)

いい雰囲気。   大好きな温泉。  人も昭和の雰囲気に見えて来る。

s-18年1月5日 (13)

隣に、お土産屋さん。 休憩所。

s-18年1月5日 (14)

小さな旅館がある。

  ※ そうだ思いついた。
    ここで、3日ほどのんびりしてみようか。

    朝晩、温泉に入って。
    昼間は、山道を歩いたり。 家並みを散歩したり。

    車の中でしたいことはいっぱい。
    登山用具の整理など。

    駐車場があって、神社にはトイレがある。
    みかんや野菜は、お土産屋さんで安く売っている。

    正月のんびりしてないから、そうしようか。

s-18年1月5日 (16)

足湯があって。

s-18年1月5日 (15)

窓側は熱い。  その日の気分で選ぶ。   洗い場はいっぱいある。
つるつるする湯。  美人の湯の雰囲気。   ※ 写真は、温泉のHPから。

s-18年1月5日 (18)

この後、AZ阿久根店に走る。

年前、ここで無塩のそばを買った。  乾麺。
3人前、税込400円ほど。

白い更級そば。 信州産。
3~4分でゆで上がる。  美味しい。
6つ程買った。  それしかなかった。  ここの店にしかない。

他にいくつか買物。
息子のは〇ちゃんの名前の、キティちゃんの小さなお守りのようなストラップなど。

レジで、小物は小さな袋に。(2000円ほど)
食品などは、大きな袋に。

車に戻って来たら、大きな袋しか持ってなかった。
店に戻って、サービスカウンターで聞いたが無い。

大吉で、早速いいことがあったなと。

次の朝、再度行ってみた。
あった。  届いていた。

大吉だったから、きっとあると思っていた。
その通りになった。

神様の力は、もしかして本当なのかな。
おみくじはあたる。

【停泊場所】    阿久根市のAZ

【明日の予定】     出水市のどこか。   晩は、みんな一緒に・・・。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
今日は30日。 今年もあと1日になりました。
AZの駐車場で、車の中の掃除。

敷き物を外に出して、ほこりを落とす。
掃除機で、中を。(小さな掃除機)

ある部分に棚。
出来上がって見たら、デザインが悪い。(周りとしっくりしない)
元に戻す。 (1時間半ほどかかってしまった)

9月から12月を、簡単に振り返ってみますね。

    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

美瑛の丘の花は、9月でも十分美しい。

   四季彩の丘の魅力は、花・丘・十勝連峰。 就実の丘から見た旭岳。 ジャガイモの収穫始まる。~美瑛町・旭川市~ 他 (2017/9/3) 

1-1.jpg

タウシュベツ川橋梁が出ていた。

   タウシュベツ川橋梁、湖の対岸から見えた。 ドローンで撮影している人が。 その写真も。~上士幌町~ 他 (2017/9/13)

1-2.jpg

東京方面から2人のお客様がやって来た。

1-3.jpg

23日と24日に、山に入った。
この2日間は、この秋一番の天気になった。

   今年の紅葉前線は、黒岳から動き始めた。 滅多にないほどの天候に恵まれて。 遠くに雌阿寒岳。~上川町~ 他 (2017/9/22)
   銀泉台の紅葉 今が見頃。 錦に染まった赤岳の斜面。 雪渓の近くに 花 咲き乱れて。~上川町~ タウシュベツ川橋梁 他 (2017/9/23)

20170924153714e54_201712310627559e2.jpg

栗駒山の紅葉はよかった。

   紅葉の栗駒山に、多くの人が。 中腹は赤く染まって。 須川温泉から頂上を目指す。~東成瀬村他~ 他 (2017/10/9)

2-1.jpg

須坂で美味しい味噌を見つけた。

   信州味噌の塩屋醸造を見学。 三十石桶が立並ぶ味噌蔵。 穀蔵ではイベント。 えのき味噌。~須坂市~ 他 (2017/10/23)

2-2.jpg

白山市に、重伝建地区があると知らなかった。

   白山市白峰は重伝建地区。 山村地区なのに家が集まって。 白峰温泉総湯。 みんな雨の中。~白山市~ 他 (2017/10/29)

2-3.jpg

高山の町は、何度歩いてもいい。

   飛騨高山の上三之町を歩く。 赤い中橋。 山岡鉄舟が書を学んだ家。 桔梗屋のラーメン。~高山市~ 他 (2017/10/27)

20171028093329140_20171231062929320.jpg

京都の街を歩いた。

3-1.jpg

圓光寺は初めて。

   圓光寺の紅葉。 部屋に静かに佇んで見る。 開基は家康。 水琴窟。 苔の中にわらべ地蔵。~京都市~ 他 (2017/11/14)

3-2.jpg

清水寺のライトアップ。

    清水寺のライトアップはスケールが大きい。 紅葉の向こうに京都の灯り。 平成の大改修。~京都市~ 他 (2017/11/16)

2017111710122635b_20171231062924c48.jpg

島に行きました。

   佐木島はミカンの島だった。 自転車で一周する。 海の中に磨崖和霊石地蔵。 安楽寺の山門は・・。~三原市~ 他 (2017/11/25)

3-3.jpg

今年も宙太さんに案内していただく。

   柳川は水の都、宙太さんと掘割沿いを散歩。 生誕120年、東郷青児展。(久留米市美術館)~柳川市他~ 他 (2017/12/6)

4-1.jpg

ツルは今年も無事に来ていた。

4-2.jpg

たった7羽しか来てないのに、カナダヅルに会った。

   出水市のツルは、今年も変わりなくやって来た。 15360羽。 カナダヅルは7羽、4羽見る。~出水市~ 他 (2017/12/14)

20171214230944366_20171231062932000.jpg

真幸駅のスイッチバックを。

   真幸駅のスイッチバックの仕組み。 肥薩線は日本の20世紀遺産に。(イコモス選定) 旧西竪小。~えびの市~ 他 (2017/12/26)

4-3.jpg

【その他】    小さな神棚を付けた。  もっと小さい方がいいんだが。
         名前は、アッカムイ神社にする。   
         初詣はここにしたいけど、アッカムイの神様が入ってない。

         鈴虫寺のお守りなんかは、ここの中に。

【よいお年を】 31日の記事は、1日になります。
        それでここで。

        今年も記事を読んでいただいて、感謝です。
        来年もよろしく。

        タイトルの一覧表が出来ていないので、気にしています。

        皆さま、よい年を迎えてくださいね。
        
【今日の歌】   男と女の余白   N.S.P   学生時代、旭川のMさんがN.S.Pって言った。 何なんだろうって思った。



【地迫場所】    AZ隼人見せの駐車場

【明日の予定】    えびの市そして小林市に。
              長島から社長さんとAくんが来ます。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
あわただしさが増してきた。
AZ隼人店の駐車所が、車でいっぱい。

自分は、車の中をいろいろやっている。
棚を作ったりも。

今日は29日。  あと2日。
記事は、総集編の2回目。  5月から8月。

停泊場所を移動。   桜島の付け根に。
買物をしながら、ゴミの処分のため。  道の駅で水の確保も。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

5月。  月山の南の大井沢に行った。  本州の5月は過ごしやすい。
s-17年12月29日 (4)

行きたいと思っていた佐渡に、やっと行けた。

s-17年12月29日 (3)

佐渡は見どころいっぱい。
順徳天皇を知って、行きたいとなった。

s-17年12月29日 (2)

佐渡と云えば、佐渡金山。  無宿人が捕まって送られたり。

   史跡佐渡金山。 日本最大の金銀山だった。 産出した金は78㌧、銀は2330㌧。 宗太夫坑他。~佐渡市~ 他 (2017/5/15)

s-17年12月29日 (17)

順徳天皇と云えば、都忘れの花。
この花のことは、今いる道の駅の近くで知った。   記事紹介で紹介。

   真野御陵(順徳天皇御火葬塚)。 真野宮(亡くなった所)。 妙宣寺。 都忘れの花。 佐渡国分寺。~佐渡市~ 他 (2017/5/12)

s-17年12月29日 (14)

東風さんが須坂から来て、宇奈月温泉に行った。  

s-17年12月29日 (1)

6月。  花巻バラ園は初めて。
s-17年12月29日 (7)

鳥海マリモは巨大。   雄勝には、小町伝説がいっぱい。

s-17年12月29日 (6)

東沢バラ公園、銀山温泉はいつ行ってもいい。

s-17年12月29日 (5)

   大正ロマン漂い、そぞろ歩きの似合う銀山温泉。 「銀の光にみちびかれ 山の地に存す」~尾花沢市~ 他 (2017/6/6)

s-17年12月29日 (15)

7月。   北海道に。   
上野ファーム、旭山動物園は毎年行く。
平山は、花でいっぱいだった。

s-17年12月29日 (10)

アポイ岳に。 浦河のTさんと。

s-17年12月29日 (9)

伊達のKさん家族と、カヌーに乗った。

ハヤチネウスユキソウは、感動の花。

s-17年12月29日 (8)
こんな花があるなんて。

   ハヤチネウスユキソウは、早池峰の岩場に咲く孤高の花。 雨に濡れ、凛と咲いていた。 花の個性。~花巻市~ 他 (2017/7/2)

s-17年12月29日 (18)

道北に行ってみた。   ミズダコを見た。
s-17年12月29日 (13)

エヌサカ線は、今後大きな観光地になりますよ。

   エヌサカ線、地平線まで続く真っ直ぐな道。 イトウの棲む猿払川。 キモマ沼。 白鳥のクッチャロ湖。~猿払村他~ 他 (2017/8/30)

s-17年12月29日 (16)

植田牧場を詳しく。  車の中が、大きく変わっていく。

s-17年12月29日 (12)

シマフクロウの鳴き声を初めて聴いた。

s-17年12月29日 (11)

この夏は、まあまあ天気に恵まれたでしょうか。
その分秋は厳しくなる。

思い出いっぱいの夏でした。

【記事の紹介】

   宇喜多秀家の潜居跡。  島津にかくまわれて、最後は八丈島に。  死罪を免れたのは?~垂水市~ 他 (2016/1/6)
   くろず情報館「壺畑」。  坂元醸造さんの壺畑は、桜島を背景に、壮観な風景。~霧島市福山町~ 他 (2016/1/8)

【今日の歌】    Lichner : Forget Me Not      勿忘草(わすれなぐさ)     今年初めて見た、気付いた。 佐渡で。



【道の駅】     垂水     桜島の近く。

s-17年12月29日 (24)

足湯があって。  空気が濁っているには、桜島のせいか。

s-17年12月29日 (20)

養殖。

s-17年12月29日 (21)

湯を入れ始めた。

s-17年12月29日 (22)

宇喜多秀家は、向こうの山の中に隠れていた。 島津の世話になって。

s-17年12月29日 (23)

桜島小みかんが売っていた。
普通に食べてる冬みかんは、温州みかんのこと。

このみかんの片親が、この小みかん。
左の小さいのは、ただ小さいだけか。

小みかんかなと思って買った。 とびきり甘い。

s-17年12月29日 (19)

【明日の予定】    年末にすること。   掃除。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
いよいよ今年も押し迫って来た。

今日は、車の中を使いやすくした。
食品の補充も。

考えたら、アイディアは生まれる。
それが面白い。

見学はしていないので、ブログは総集編。
思い出のいくつかを紹介。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

今日は、1月から4月まで。

年明け手、宮崎方面に行って、北上して国東半島。

17年12月28日 (1)

両子寺は、別世界の雰囲気。

   六郷満山の総持院、両子(ふたご)寺。 大きな石造りの仁王像。 国東塔。 奥の院。~国東市~ 他 (2017/1/27)   

17年12月28日 (16)

柳川の宙太さんが、九州国立博物館に連れて行ってくれた。
世界遺産の沖ノ島の展示。

17年12月28日 (3)

真幸に行っていた。    須木は山の中。

17年12月28日 (2) 

2月はほとんど四国。  毎年、四国霊場にはいくつか。

17年12月28日 (6)

2月は、四国の山の中は自由に走れない。  高松の栗林公園は魅力いっぱい。

17年12月28日 (5)

梅がちょうど咲いていた。

   栗林公園は、ミシュランの三つ星観光地。 梅が見頃に。 ガイドさんに案内していただく。~高松市~ 他 (2017/2/21)

17年12月28日 (13)

四万十川には行ってない。

17年12月28日 (4)

京都では、梅を見て、早咲きの桜を追っかけた。

17年12月28日 (9)

オカメザクラを初めて知った。   河津桜も初めて。

17年12月28日 (8)

北野天満宮が梅の時、隣の平野神社では、桜が咲き始める。

17年12月28日 (7)

この神社には、たくさんの種類の桜がある。   下のが咲き始めて。

   平野神社のサキガケが開花。 京都の花見がスタート。 嵐山の天竜寺にも多くの人。~京都市~ 他 (2017/3/30)

17年12月28日 (14)

4月に入ったら、温かい。

直虎の龍潭寺に行って、清水に。  北上して、山梨県に。  須坂に行って、新潟県の山の中。

17年12月28日 (12)

念願かなって、高遠城の桜を。

17年12月28日 (11)

神代桜の古木は、力を振り絞って咲いていた。
 
  神代桜は満開だった。 日本三大巨桜。 国の天然記念物。 実相寺境内には多くの種類が。~北杜市~ 他 (2017/4/13)

17年12月28日 (15)   

清水のKさん夫妻が、静岡を案内してくれた。

17年12月28日 (10)

大きな神社だった。

   静岡浅間神社。 大拝殿は高さ25㍍。 社殿は全て重要文化財。 極彩色の漆喰と彫刻が見事。~静岡市~ 他 (2017/4/8)

17年12月28日 (17)

諫早のKさんが元気だったら、いっぱい山に登っていた。
冬、山に行くのが減った。

上越市の山の中が懐かしい。

【その他】 車の中を、5時間ほど、ああだこうだしたでしょうか。
      買物に、2時間以上かな。   探すから時間が。

右のドアのポケットの使い方が、便利に。

寝袋などは、左の方を留めた。 寝相悪くても、ごちゃごちゃにならない。

s-situnai (1)

社長さんにいただいたミニ扇風機を取り付け。

s-situnai (2)

右の壁はこのように。

s-situnai (3)  s-situnai (5)

車用のテーブルを取り付け。  引っ張ったら前に。   真っ黒だったから、少し変えて。

s-situnai (4)

後から前の方を見たら、こう。 特に変化なし。

s-situnai (6)

明日はどこかで、年賀状。

【今日の歌】    【TDC】バブリーダンスPV 登美丘高校ダンス部 Tomioka Dance Club



上で、センターで踊ってる子。  切れ味鋭く。

ghhjjkkk.jpg

伊原六花✾登美丘高校ダンス部前キャプテン



【停泊場所】     AZの駐車場 (霧島市隼人)

【明日の予定】    年越しと北上の準備。  総集編は5月から8月まで。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
今年は残りあと4日。
31日は、霧島山に登る準備。

30日までに、掃除など、新しい年を迎える準備。
合わせて、北上の準備も。

ZAにいたら、必要なものは何でも手に入る。
今日から31日の朝まで、ZAで色々と。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

AZは霧島市の隼人(はやと)に。  24時間営業の巨大スーパー。

s-17年12月27日 (1)

鹿児島湾の一番奥。

s-17年12月27日 (2)

左の方に、隼人港。   龍馬はここの港から、北に向かった。
塩浸(しおひたし)温泉で、手の治療。

寺田屋で襲われていた。  お龍さんも一緒に。  日本最初の新婚旅行と。

  ※ これを勧めたのは、小松帯刀。
    実は、帯刀(たてわき)は、同じ旅をしていた。 日本最初は、こっちかなって。

鉄道は、日豊(にっぽう)線。  小倉から鹿児島まで。  
日向(ひゅうが・宮崎県)と豊後(ぶんご・大分県)を通るから。

s-17年12月27日 (3)

夕方、20分ほど散歩。  AZの裏の方に。
海に来てみた。 道は、東九州自動車道。

もう少し行ったら、九州自動車道に合流。
ここから鹿児島まで、30数㌔。

s-17年12月27日 (10)

何かが見える。

s-17年12月27日 (11)

※ 下は以前の写真。  黒酢の会社だったかな。

s-17年12月27日 (9)

社長さんの趣味でしょうか。   龍がいる。
   岩山に不思議な光景、隼人龍。  霧島市は、壺で作る黒酢の産地だった。~霧島市~ 他 (2015/1/16)

s-17年12月27日 (8)    s-17年12月27日 (6)

桜島が、夕日に霞んでいる。

s-17年12月27日 (12)

右写真は、2年前。  昼間やっと走って来た。  指宿の方の喜入から。

s-17年12月27日 (13)    s-17年12月27日 (4)

急に、鳥の群れ。

s-17年12月27日 (14)

ウミウのよう。   

s-17年12月27日 (15)

こんな鳥。 600px-Umiu_wing_20090823.jpg   羽根を広げて乾かす。  こんな大群初めて。

s-17年12月27日 (16)

真っ直ぐ行って左に行けば、隼人港。

s-17年12月27日 (17)

龍馬は、隼人港から歩いた。   霧島山にも登った。
下は、以前の写真。

塩浸温泉。 塩とあるから、傷にいい。
この旅行は、龍馬とお龍さんが、一番幸せだったときか。

   龍馬とお龍が立ち寄った、塩浸温泉。  レトロな雰囲気、嘉例川駅。~霧島市~ 他 (2015/1/5)

s-17年12月27日 (7)    s-17年12月27日 (5)

戻る。  清水川。

s-17年12月27日 (18)

広い。   店の中は寒い。  

s-17年12月27日 (19)

あそこで。 今は北向き。   後で南向きに。  電波時計の関係で。

s-17年12月27日 (20)

自分は勤めてる間、机の上にいつも、簡単な天気予報が分かるものを置いていた。
半径数㌔の、おおざっぱな予報が分かる。

長島の社長さんに頼んで、ネットで購入する。  特別高くはない。   間もなく、長島に着く。
調べなくても、だいたいの天気が、いつも頭にある状態に。

81i4LfiI5IL__SL1500_.jpg

少しずつ、車での生活を便利に。

運転席には、外気温が分かる機器がある。
路面が凍るかどうかが、判断できる。

生活してる場所にはない。
外の気温が分かれば、今日何着るとかが判断できる。

外の寒さが、はっきりと分かる。

パソコンの上に。  左に、大きなテレビ。  カレンダーの下に。

s-17年12月27日 (21)

次の日の朝に撮影。   外は、マイナスだった。   寒い。
中は、この後20度以上になる。

下の腕時計は、使っていなかった。
最後の担任をしたときに・・・・、っていう思い出の時計。  20年以上前か。

デジタルより見やすい。 

※ 時刻合わせは、車のダッシュボードにおいて、南向きに。
  ここに取り付け終るまで、1時間以上かかった。

s-17年12月27日 (22)

無塩のそばとそうめんは、元々見つけていた。
初めて、無塩のひやむぎを。

5つほど買った。 美味しかったら、もう少し買う。
無塩のそばは色々ある。

うどんは茹でるのに時間がかかるので、最近買わない。
少ない湯で茹でると、湯がドロドロに。

s-17年12月27日 (23)

ご飯が足りない時とか、これで焼き芋。 これは、紅はるか。
まあまあ甘い。   安納芋は、蜜が噴き出す感じ。 別の機会に紹介。

サンマを焼く時は、出てきた油をキッチンペーパーで取る。
じっくり焼くと、骨も多少柔くなる。

自分は骨も一緒に食べるのが好き。  噛み潰すようにして。

この焼く道具は、旭川のMさんの奥様が、いいよって教えてくれた。
生活が変わった。

s-17年12月27日 (24)

そんなことで、残り少ない今年を一生懸命動いて、いい年を迎えられるように。
年賀状もこれから。  昔の10分の1かな。  枚数は。

年末は忙(せわ)しなくなるので、お互い落ち着いて生活ですね。
風邪に気をつけて。

【今日の歌】    コーヒールンバ   陽水とタモリが、ギター漫才。  面白い。 



コーヒー・ルンバ:荻野目洋子      ここをクリックしたら、YouTubeに。

【停泊場所】      隼人にあるAZの駐車場。(霧島市)

【明日の予定】    年越しと北上の準備。   記事は、1年の総集編。 春。 (大河も総集編をするので。 30日13時から)

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
出水麓のバッジを持っていて、それを見せたら今年いっぱい無料。
もったいないから、もう1つの家を見学。

魅力は分からない。
行ってから探すことに。

午前中に、車の電気関係などの整備は完了。
自分は釣り。

一旦長島を離れ、正月にもどって、その後北上開始。
今後は、そんな予定。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

出水麓は今回3回目。

s-17年12月22日 (28)

赤〇の長島町指江(さすえ)に、社長さんの会社。

s-17年12月22日 (1)

久しぶりの釣り。   指江港。
本格的でない遊びの釣り。

s-17年12月22日 (5)    s-17年12月22日 (4)

竿の鈴が大きくなった。
カメラを準備してたら、竿先はちょっとしか動かなくなった。

魚は食いついていて、暴れなくなった。  観念したのか。



小さい。 10㌢ちょっと。   アラカブの子供か。  
食べたらバチ当たりそう。  放した。  これできっと、いいことある。

s-17年12月22日 (6)

この冬から冷蔵庫を使っていない。
冬は、車の中が冷蔵庫になると、やっと気づいた。

シャー室やベッドの下は、寒い時は10度以下。
電気に余裕が出てきた。

バッテリー関係も調子よく、車の整備は今日でお終い。
社長さんには、またお世話になった。

午後、出水麓に向かった。

s-17年12月22日 (2)

今日は、左の税所(さいしょ)邸の見学。   珍しい苗字。

s-17年12月22日 (7)    s-17年12月22日 (8)

ここだけ見学は、300円。  歴史館などまとめて、500円。  
敷地は、道より少し高い。   道が掘り下げられて低い。

s-17年12月22日 (9)

ここの持ち主は、元々の人ではないと、他で聞いた。

s-17年12月22日 (10)    s-17年12月22日 (11)

先日見学した隣の竹添邸もこの感じ。  曲り屋のよう。

s-17年12月22日 (12)


噯(あつかい)役とある。  上から2番目で、何名かいる。   いちばん上は地頭。

  ※ 噯には、仲裁・調停の意味が。  仕事の中身が見えますね。

s-17年12月22日 (13)       s-17年12月22日 (14)

向こうの台所の方にも、囲炉裏がある。
広い家だから、冬は寒そう。

明治に大火があったから、明治の建物ですね。

s-17年12月22日 (16)

手前から下座敷、次の間、上座敷の順。   3つ並んでいたら、どこもこうかな。

s-17年12月22日 (15)

使用人は、何人ほどいたのでしょう。

s-17年12月22日 (17)

古い文書が貼ってあった。  この家の人の、日記。

s-17年12月22日 (18)

税所篤明という人が、京都での仕事を命ぜられた。
鹿児島から船で。

京都に行ったら、蛤御門の変があったと。
これは、禁門の変のことですね。

薩摩は幕府側で長州と戦った。 上の人が一緒に戦ったかは分からない。

s-17年12月22日 (19) 

税所篤明の仕事は、どこでしたのか。
それは、赤〇の薩摩藩邸ですね。

下の紫〇は、蛤御門(はまぐりごもん)。
禁門の変は、この辺りでの戦いが激しかったので、蛤御門の変とも。

薩摩藩邸のすぐ近く。

西郷さんを中心とした薩摩藩と長州藩の、連合に向けての話は、禁門の変の後、薩摩藩邸で。
仲立ちで活躍したのが坂本龍馬。

この話し合いには、小松帯刀(こまつたてわき)も。

薩摩藩邸は、あと1年ほどで他に移る。
薩長連合の話は、小松帯刀邸で。

印の所。
ここで、話がまとまる。

薩摩藩邸の場所は、人手に渡って、その後新島襄に。
新島は、そこに同社大学を。 今も、その一帯に広くある。

こう云う日記とかで、歴史が細かく分かって来るんですね。

s-17年12月22日 (3)

広い場所で、武術の稽古でしょうか。   剣は示現流。

s-17年12月22日 (20)

上座敷を見るのを忘れてた。

s-17年12月22日 (21)

この部屋で客をもてなす。

s-17年12月22日 (22)

絵は、一流ではないけど、それなりの人の絵。   本物でしょうか。

s-17年12月22日 (23)    s-17年12月22日 (24)

藩主を頂点にした、細かな決まりの中で、上級武士の仕事は行われていた。
失敗したら切腹。  そんな心構えで日々過ごしていたでしょうね。

藩主が死んだら、後を追う者さえいた時代ですから。

s-17年12月22日 (25)

薩摩から戊辰戦争とかに行くとき、あちこちからまず出水麓に集まる。
そうして、薩摩街道を北上する。

ここは、薩摩からの出口。

ここの家も、広い畑は売った。
家そのものも売って、別の人に。

管理してた人は、ここの歴史は理解していなかった。
何聞いても・・・、って感じ。

s-17年12月22日 (26)

見学していたときに、シラス像の作者に出会った。
歴史に興味がある人で、いろいろ話した。   隣の家に小松帯刀の像が。 彼の作品。

s-17年12月22日 (27)

出水麓に山田昌巌という人がいた。 
地頭であり、出水麓のトップに。

どうしてなれたか。
関ヶ原で、島津義弘は西軍。

負けて、敵陣突破して薩摩に戻った。
有名な話ですね。

これを成し遂げたのは、山田昌巌の知恵があって。
島津義弘は、その恩に報いて、彼を地頭に。

【道の駅】    たのうら

【明日の予定】      八代のイオンで買い物。    社長さんたちが来る。   その後は、五木に向かってみるか。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
天気がいいので遠くには行かない。
    (曇りなら、遠くへ。 電気をつくるため)
島を走ることに。
新しい発見がないかなって。

昔、長島に遣唐使船が流れ着いた。
女の人がいたらしい。

昨日から社長さんと、誰だろうって話していた。
晩に分かったよって、社長さんから電話。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

島の近くを、豪華客船が通るという。   八代を目指して。
何の船かを調べてみた。 大きさに、びっくり。

s-17年12月21日 (1)

今日は赤〇に行った。  赤い線は、豪華客船のルート。

s-17年12月21日 (2)

社長さんの会社からスタート。  温泉の左下に道の駅。   段々畑はじゃがいも。

s-17年12月21日 (30)

道の駅に、こんなの。   島のあっちこっちに。   造形作品展をやってるよう。

s-17年12月21日 (5)    s-17年12月21日 (6)    s-17年12月21日 (7)

道端には、花壇が多い。   島の大きな通りに。

s-17年12月21日 (31)

じゃがいも畑。   遠くの山並みは天草。

s-17年12月21日 (32)

天草に渡る蔵之元港。   自分にとっては、橋が出来たらうれしい。

s-17年12月21日 (33)

何度も渡ったことが。

s-17年12月21日 (9)

ここにもあった。   マンモス。

s-17年12月21日 (8)

100円のお店。   みかんがあればと見に来た。  今日はない。  
10個くらい入ったのが100円の時も。

s-17年12月21日 (10)   

ブーゲンビリア。 この前は温室のを見た。

s-17年12月21日 (11)

山の上の道を行ってみた。   見えた見えた。  向こうは天草。   海は、長島海峡。

s-17年12月21日 (12)

大きな船は、左の島のこっちを通るよう。

s-17年12月21日 (13)

上の写真の右の方。

明治時代、野を越え山越えして天草を歩いた若者たちがいた。
リーダーは、与謝野鉄幹。 全部で5人。  5足の靴の本が。

北原白秋や吉井勇など。

s-17年12月21日 (14)

昨年あたりから、この2隻が主に来ている。

下は、オベーション・オブ・ザ・シーズ

    就航:2016年4月/総トン数:168,666t/全長:348m
    最大幅:41m/乗客定員:4,180名/乗組員数:1,500名/巡航速度:22.0ノット

世界で2番目の大きさだという。
アメリカの船で、八代に来るお客のほとんどは、中国人。

s-17年12月21日 (3)

クァンタム・オブ・ザ・シーズ。   大きさとは上とほぼ同じ。

台風のような強い風が吹いたら、ひっくり返りそう。
      ※ 巡視船などは、転覆しない仕組み。

s-17年12月21日 (4)    s-17年12月21日 (29)

山道を行ってみる。

s-17年12月21日 (34)

島はじゃがいもと漁業で活気がある。   たくさんの集落。  限界集落ではなく。

s-17年12月21日 (35)

乳之瀬橋を渡って、諸浦島へ。 

s-17年12月21日 (36)

広く養殖。   主にブリ。  ブリ王のブランド。

s-17年12月21日 (15)

諸浦港に着いた。   ここからフェリーで獅子島に。   天草にも。

s-17年12月21日 (37)

※ 以前の写真。 Aくんと。   かわいいフェリー。   どっちが前かな。

2015020915182877c_2017122207165186e.jpg    201502091533176a6_201712220716388a9.jpg

獅子島。   橋が出来て欲しいと町民は願っている。   以前あの山に登った。

s-17年12月21日 (16)

集落はこのように。

s-17年12月21日 (17)

戻って、伊唐島に。   伊唐大橋。



じゃがいもの畑。   橋が出来て、島は活気づいた。

s-17年12月21日 (38)

ここも、養殖が盛ん。

s-17年12月21日 (39)

海から離れたら、畑が続く。

s-17年12月21日 (19)

養殖の網か。  奥に、生簀(いけす)。

s-17年12月21日 (20)

子供の声がしたので振り返ったら、伊唐小学校。
児童数15名。   持ちこたえている。

s-17年12月21日 (18)

何を思って、どんな心で生活しているのか。
校歌で、地域の自然も分かってくる。

八代海だから、不知火(しらぬい)。  伊唐小学校HP

s-17年12月21日 (28)

戻る時に、伊唐大橋を。   船が行き来して。

s-17年12月21日 (21)

長島の入り口にある、道の駅だんだん市場に。

s-17年12月21日 (22)    s-17年12月21日 (23)

みかんと野菜を買った。
刺身にしてと云ったら、3分後には出来上がる。  以前一度だけ。

s-17年12月21日 (24)    s-17年12月21日 (25)    s-17年12月21日 (26)

ここにもあった。

s-17年12月21日 (27)

簡単に、長島町の風景を紹介しました。
自然豊か。   豊饒の島です。

【その他】  社長さんは、どうやって調べたのでしょう。

藤原喜娘(ふじわらのきじょう)は、藤原清河(ふじわらのきよかわ)の娘。
奈良時代終わり頃の話。

清河は遣唐使として中国に。
そこで現地の人との間に、喜娘(きじょう)が生まれた。

喜娘は大きくなるが、父の清河は亡くなる。
彼女は父の故郷の日本に行ってみたい。

遣唐使船で日本に向かう。
荒天で船は難破。

6日間、半分になった船の前の部分にしがみついて、40人ほどが長島に漂着。
                 (約100人が乗っていた) (漂着の地に碑がある)
その後の彼女の足取りがはっきりしない。

奈良の都に向かったらしいが。
唐招提寺辺りに。

梓澤要(あづさわかなめ)という人が、本を書いている。
読んでみたい。

  ※ 喜娘のことを調べ始めたきっかけはこう。
    上陸地点の近くの集落に、公民館が出来る。

    その名前の愛称を募集している。
    社長さんは、昔流れ着いた姫がいたと言った。
    その人の名前を付ければいいのではと。
    それで調べ始めた。
  
51MLxHsiULL__SX353_BO1,204,203,200_    20080907_525022.jpg

※ ここここに、彼女のことが。

※ 大河の直虎の原作はないと云われる。
  しかし、梓澤要という人は、2006年に下の本を出している。

    『女(おなご)にこそあれ次郎法師』(2006年、新人物往来社) (井伊直虎

※ 追記  流れ着いた場所は、下の印。  遣唐使漂着の地 記念碑がある。

ttt5556_20171222133345d6d.jpg

赤〇に「女渕橋」というバス停。

藤原喜娘に惚れた男がいて、彼女がいなくなって嘆き悲しむ。
ある渕に身を投げる。

その渕が、女渕(おなふち)と呼ばれるようになり、女渕橋の名で残っている。(社長さんの奥様から)

ttt7778.jpg

遣唐使漂着の地 記念碑。 (以前撮影)

20120222060202e75_20171222133343b4a.jpg 

※ 追記 喜娘(きじょう)の父の藤原清河は、藤原不比等の次男の子供。
     高貴な家柄。
     彼女は、喜娘姫と呼ばれてもおかしくないですね。
     社長さんが、姫と呼んだように。

     公民館の愛称は、喜娘公民館が基本でしょうか。
     読みが難しいとすれば、きじょう公民館か、きじょう姫公民館。

     子供たちのことを考えたら、きじょう姫公民館かなと。
     姫が付いて、少し華やかになる。 明るくも。

     さらに、標示はきじょう姫公民館にして、普段は「姫公民館」と呼んでもいいことに。
     子供たちが忙しい時は「姫に行ってくるね」って、さらに短くなっても構わない。

     長島のはるか昔の先人は、喜娘たちの漂着を助けた。
     喜娘を知ることで、先人の生き方が学べる。

     「きじょう姫公民館」  子供たちにとって、いい名前かなって思うのですが。 
    
【道の駅】     長島

【明日の予定】     車の点検。  バッテリー関係などを社長さんが。   自分は近くで釣り。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 
家の中を公開しているのは、2軒。
そのうちの、竹添(たけぞえ)邸を見学することに。

薩摩藩時代の武士の生活が分かるでしょうか。
それが楽しみ。

中庭の一角に、シラスの像があった。
            (シラス台地のシラスで、火山灰)
初め誰の像か分からなかった。
自分の好きな小松帯刀(たてわき)と、後で知った。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

出水麓(いずみふもと)と呼ばれる、武家屋敷群がある。
重伝建地区。

s-17年12月20日 (1)    s-17年12月20日 (2)

薩摩藩には、鹿児島城の支所のようなところがいっぱいあった。
外城(とじょう)制度と呼ばれる。

s-17年12月20日 (3)

一昨日赤〇を歩いた。
   出水麓武家屋敷群を歩く。 薩摩藩の外城。 道の部分を掘り下げ、先人の想いが残る町なみ。~出水市~ 他 (2017/12/18)

今日の竹添邸は、左に。

s-17年12月20日 (44)

左の家。 出水麓はとにかく広い。

s-17年12月20日 (4)

観光馬車が来る。

s-17年12月20日 (5)

一昨日歴史館を見学。 500円。 バッジをいただいており、それがあれば無料。
大河の篤姫の撮影があったと。

s-17年12月20日 (6)    s-17年12月20日 (7)

庭を覗いた。   お客さんの犬。

s-17年12月20日 (8)

昔は広く左に畑があった。  全部で1000坪ほどの土地が。  自給自足。
畑の部分は、売った。

s-17年12月20日 (9)

右は篤姫として、左は誰でしょう。
彼女は、島津斉彬の養女となって格式を上げ、徳川に嫁ぎますね。 斉彬(なりあきら)か。

      篤姫 ゆかりの地を訪ねて   池田湖の大ウナギ  他  (2009年5月13日 晩)

   ※ 上の記事は旅に出て少ししか経ってない。
     5月に九州に入って、6月には本州に渡るのかな。

篤姫の撮影は、門とか数ヶ所。
いくつかの場所で撮ったのを集めて、篤姫が育った今和泉の屋敷を描いた。

来年の大河では、北川景子が演じる。
右写真はお風呂。

s-17年12月20日 (10)    s-17年12月20日 (11)

裏庭。   ※ ニワトリが2羽いたら、裏庭には2羽ニワトリがいた、になる。
        それがどうしたと云われても・・・。

s-17年12月20日 (12)

出水麓の武士は、みんな郷士(ごうし)と呼ばれる。
その中の上から2番目の、年寄噯(あつかい)。

トップは地頭。  地頭は鹿児島城にいることも多かった。
右は、歴史館の資料。

s-17年12月20日 (13)    s-17年12月20日 (43)

建物は、明治時代になって一帯が広く火災に遭ったため、その後に建てられた。

s-17年12月20日 (15)

次の間と座敷が庭に面して。   広い部屋で寝っ転がってみたい。 ずっとない。

s-17年12月20日 (16)

山田という地頭だった人の像。 ※ この人に付いては次の機会に。

s-17年12月20日 (17)    s-17年12月20日 (18)

薬丸示現流の刀。 ここの家の奥様の感じの人が持ってもいいよと言った。
重い。  本物はもっと重いと言った。

相手が刀で受けても、それをたたき割って切る力が。 
一刀で。 二刀目はない。   キエ~って。

s-17年12月20日 (26)

機織り機。 

s-17年12月20日 (19)

からむし織について。 薩摩にもあったんですね。

カラムシは青苧(あおそ)のこと。
謙信が新潟で広めた。 イラクサに似ている。 米沢に持って行く。  そこの昭和村では今でも。

      松苧神社は松苧山の頂上に。 今日は七つ参りの行事が。 苧はカラムシのこと。 祭神は奴奈川姫。~十日町市~ 他 (2017/5/8)
      昭和村を歩く。 人口1340人程の小さな村。  神社の狛犬は、高遠の石工が作っていた。~昭和村~ 他 (2016/5/9)

小千谷縮が、からむし織とは知らなかった。
  小千谷縮  錦鯉  微笑仏の木喰観音堂 ~小千谷市~   他  (2010/10/20)

広まったのは、木綿の時代の前なんですね。

畑をして織物もして、自給自足ですね。

s-17年12月20日 (21)     s-17年12月20日 (20)

出水麓。  ここの家は右端。

s-17年12月20日 (22)

写真中央に2軒。  ここは右側。
昔、人吉に相良(さがら)藩があった。   先祖はそこなんですね。

  ※ 五木の子守唄が生まれたのは、人吉ですね。
    五木・天草・八代から奉公の子たちが集まって、その土地土地の子守唄が集まって。

    天草の福連木(ふくれぎ)の子守唄は、五木の子守唄に似ている。 天草が先。

s-17年12月20日 (23)    s-17年12月20日 (24)

出水麓は、諏訪神社です。  ここの神棚も同じ。
欄間(らんま)は透かし彫り。  不知火の海に浮かぶ帆掛け船ですよと、説明していただいた。

s-17年12月20日 (25)

玄関前に出て。

s-17年12月20日 (27)

家の管理は大変だそう。   草取り。   秋は落ち葉をはいて。
家を売ることを考えたことも。

先祖に申し訳ないから出来ない。
昔から誇り高く生きてきた。

出水麓の中同士での結婚が多かった。
結果、近親結婚が少なくない。

お風呂。

s-17年12月20日 (28)

北側の出入り口から。 この広場で、武道の鍛錬。

s-17年12月20日 (29)

薬丸示顕(じげん)流。

桜田門で井伊直弼の首を一刀で刎ねたのは、薩摩藩士でしたね。(有村でしたか)
直弼の頭が転がった。   みんな水戸藩で、彼だけ薩摩藩。

示顕流については下に詳しく。

     吾平山上陵(あいらさんりょう)  圧倒的な本数の、くにの松原 ~鹿屋市・大崎町~  雨に消えたあなた  他  (2012/3/12)

s-17年12月20日 (30)

石像かと思った。  誰なのか分からない。

s-17年12月20日 (31)

あとで、シラスで作った像と知る。  右の案内は見ていたが。
小松帯刀(たてわき)でした。

s-17年12月20日 (32)    s-17年12月20日 (14)

若くして病気で死ぬが、もったいなかった。
薩摩藩では要職についていた。(30歳ころに家老)

西郷や大久保利通は年上だけど、彼の配下。
明治政府に入っていたら、当然トップ。  龍馬もそう考えていた。

小松帯刀は、山岡鉄舟と同じで、味方にも敵にも信頼される所があった。

帯刀(たてわき)は鹿児島で生まれるが、家は喜入に。
喜入と篤姫の今和泉は近い。

年は篤姫が1歳上。 
子供のころ、遊んだことがあったのかな。

来年の大河で、帯刀を演じるのは誰でしょう。
大沢たかお、ならいいなって。 もっと若くないとダメか。

      喜入肝付家仮屋跡。  キイレツチトリモチ、発見地。  薩摩刀。  津田式ポンプ。~鹿児島市喜入町~ 他 (2014/12/29)
      小松帯刀の墓。  帯刀(たてわき)は、薩長連合で活躍。 小松氏は禰寝氏でも・・。~日置市~ 他 (2014/12/24)

刀は、こんなのに水を入れて洗った。

s-17年12月20日 (33)    s-17年12月20日 (34)

屋敷の周りを少し。

s-17年12月20日 (35)    s-17年12月20日 (36)

今は昔の土地の半分でしょうか。

s-17年12月20日 (37)

北側から出て撮影。   後を見たら、大久保利通の像が。
近くに人がいたので、いろいろ教えてもらった。

像は、シラスを固めて彫る。  終ったら、糊のようなのをスプレーする。
カラスが乗っかったり猫が上がると傷む。

大久保利通は江藤新平を排除するのにやっきになった。
自分より力のある龍馬や西郷さんも、大久保は目障りだった。

大久保が明治政府で私利私欲なくやっていたら、西南戦争は起きなかったかも。

      土佐の東の玄関口 甲浦 ~仏頂造りの家と、江藤新平が捕まった地 東洋町~   他  (2011/1/3) 

s-17年12月20日 (39)    s-17年12月20日 (38)

東方面。  右に出水小学校。  左に、歴史館が見える。

s-17年12月20日 (40)

北への道。 左に、竹添邸。  

s-17年12月20日 (41)

子どもたちが走って来た。   元気に挨拶。
自転車の子に、手は冷たくないのか、と聞いた。    大丈夫と自転車をこいだ。

s-17年12月20日 (42)

武士の子孫として家を守るのは大変。
いつかは出水市に寄付して、管理を市に任せる。

そして、ボランティアの人が世話をする形にしたらどうでしょう。
これなら先祖に顔向けできる。

売ったらお金は入るけど、先祖に申し訳ない。


【今日の歌】    十五夜の君 小柳ルミ子

                 ※ 車で小柳ルミ子を聴いていた。  聴きなれてないこの曲がいいなと。
                 ※ 彼女は、来年の大河に出ますね。 



若い時の声。   ※ 目つきが、森坊丸に似ている。 もしかして、・・・です。 Mori_Bōmaru  



【道の駅】     長島

【明日の予定】    武家屋敷は、最後にもう一度行く。  明日は、別な所か。  どこかの温泉かな。
             明後日は、車の検査。  23日は、みんなでどこかに行く。   八代方面。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 
出水麓の見学予定だった。
前の晩にお酒を飲んでいたので、ブログを書き終ったのが午後2時頃。
時間が無くなって、見学はヤメ。

本格的に寒くなって来た。
今日の記事は、寒さ対策を中心に書きますね。

今は、まったく寒い思いはしていません。
何年もかかって、やっとです。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

石油ストーブを試してみたのは、4年前でしょうか。
これで、冬の生活は一変する。

換気の問題がありますね。
靴の前が白く見えます。  その周辺は広くすき間がある。

天井の換気口は、全部閉まらない。  必ずすき間が。
線香の煙で確認したら、空気はどんどん逃げていく。

昔の囲炉裏のある家と、同じ仕組みですね。
換気の面は心配ない。

煮炊きも出来るので、ガスはほとんど使わない。
焼き芋だってできますよ。

熱いのは上だけ。  横は熱くない。

s-17年12月19日 (1)

上はこの感じ。  パソコンの前にいて、一休みの時は視線はこっちに。   大事な場所です。

バッテリーの電圧は、人形の足元の計器で。
バンクベッドは、荷物置き場に。

上着とかは、脱いで布団の上にポイって。

s-17年12月19日 (3)     s-17年12月19日 (12) 
  
ほとんど、パソコンの前に座っている。 小上がりにいる雰囲気で。  お供えもおいた。

s-17年12月19日 (2)

上の部分。   天井に右のが。   八戸の「山き」のママさんからいただいた。

s-17年12月19日 (13)    s-17年12月19日 (18)

寝る時の布団は、色々変わった。
羽毛布団を使ったことがあるけど、ベッドの上が布団でいっぱいになるので、やめた。

今は、寝袋を広げたのが2枚。  一番下に毛布。  3つとも、たためば小さくなる。
敷布団は敷いてない。  小上がりのように使うので、固い方がいい。 腰にもやさしいよう。
            (5枚ほど敷き物が。 上から2枚目に、湿気を熱に代える敷き物。 温かい)

外が0度近くても、ポカポカ。   足の冷えてる時、たまにくつした。 室内用。
寝付くまで、山頭火を読むことが多い。

s-17年12月19日 (5)    s-17年12月19日 (4)

枕元。  左下に灯り。   寝る時、それを灯して本を。
電池利用の灯りは、6ヶ所。  全て充電式の電池。  

右のテレビは、地デジが入る。  百名山のビデオもここで。
パソコン前の、大きなテレビは、BSと地デジ。  ミニテレには、ワンセグ。

ベッドの上は、小上がりとしても使う。
夏、東京から来た女性のお客さん2名は、ここに寝た。  厚いカーテンがある。  大雪(たいせつ)の紅葉を見た。

s-17年12月19日 (7)    s-17年12月19日 (6)

いろいろと。   置き場所は決まっていて、変わらない。

冬は日照時間が少ない。  ソーラーで生まれる電気が少ない。
この11月から、冷蔵庫を使うのやめた。

シャワールームは、換気扇を空けておく。 いつも10度以下。
野菜とか卵はここに。

電気は、パソコンとかにしか使わない。  灯りと。  半日ほど晴れたら十分。
曇りや雨の日は、走ればいい。   走らなければ、2時間ほどエンジンをかける。

s-17年12月19日 (8)    s-17年12月19日 (16)

ここで食事を作る。  外食はたま~に。   圧力鍋でご飯を。   雑穀米・発芽玄米・麦・白米。
今は、ガラス蓋を載せている。  温め直すときとかは、こう。

右は、ベッドの後。  車の中は、最近散らからない。
この秋から、街歩きのリュックはこれ。  チャックを外すと、厚くなる。  紺の色の服に、合わせやすい。

s-17年12月19日 (9)    s-17年12月19日 (11)

ベッドの下。  ここが一番、気温が低い。  生肉以外なら大丈夫。
キムチは最近食べなかった。   添加物が多いため。

見えるのは、ほとんど添加物無し。 それで久しぶりに。  
左に、キャベツとニンジン。  野菜ジュースに。

ここの灯りも、シャワールーム灯りも、開けた瞬間に点灯する。 車の入り口のも。

s-17年12月19日 (15)

こんなのを使っています。   冷蔵庫に入れなくていい。 
科学調味料が入ってないもの。 (アミノ酸等って書いてないもの) 香料などの添加物も。 

醤油は大豆と小麦と塩だけ。

s-17年12月19日 (10)

味噌汁が食べたいから、他での塩分は少なめに。  
塩分を取りすぎると、病気が寄って来る。

今は、無塩の麺類が売っている。
そうめんは少しの湯でも、茹でることが。  短い時間で。  時々作ります。

餅は最近、小包装での保存が可能なものが。 それで買うようになった。

この秋から、食品添加物が口に入らないような生活をすることに。
試しに、続けてみます。

s-17年12月19日 (17)    s-17年12月19日 (14)

自分は料理が得意でない。
満足できるのは、たった4つ。

  ① シャガイモとニンジンと玉ねぎとワカメの味噌汁。
  ② オムライス。 直ぐに出来る。
  ③ そうめんをやそばを食べる時の、つけ汁。
  ④ 生サンマの塩焼き。 煙の出ない焼く道具が。 焼き芋もそれで。

今の状態にするまで、8年かかった。
寒いのを我慢した生活が、4年程。

あの頃の自分に、便利なものを全部あげたい。

いろんな人の世話になって、今があります。
電気関係とかで一番世話になってるのは、長島の社長さん。
          (車のエンジン関係は、旭川のOさんに)

少しずつ車の中を進化させていく。
それがたのしいです。

「いつまで続くこの旅は・・」 自分にもわからない。
今は、旅できる幸せ。 人に出会う楽しさ。

【今日の歌】     この世の花   島倉千代子

                 ※ 自民党の菅義偉(すがよしひで)官房長官が、島倉千代子が亡くなった時、コメント。
                    島倉千代子の歌が大好き。  その中でも、この世の花が一番好きと。

                    菅さんは、小町伝説のある雄勝(おがち)の出身。
                    雄勝に行った時、菅さんを調べて知りました。

                    自分が小学生の頃、親父が鼻歌でいつも歌っていた。
                    自分も好きな歌。

                    下を聴いてて、上手だなって思います。



『この世の花』  城之内早苗

                 ※ 上手に歌っているかなと。

                    17年ほど前、北見での公演の後、お会いしたことが。
                      ※ レコード会社(ゼティマ)の製作部長さんから連絡があった。
                        お会いしましょうと。 北海道に行ってみたいとも。
                        でも、彼は当日急用が入って、来れなくなった。(彼とは一度東京で)
                        それで彼女とだけ、お会いすることに。                        

                    お話の後、写真。 札幌のTさんも一緒。
                    今よりほっそりしていたかな。 表情の美しい人。
                    「北の岬」が生まれた次の年のこと。
                    彼女は公演の次の日、歌の舞台の日の出岬に行っている。
                    岬のホテルにも。 
                        ( 北の岬。 写真バージョン。 いただいたCDは、新曲の冬の旅路)   
彼女は、ネオンの匂いがしない。               



【停泊場所】    阿久根市のAZの駐車場。   巨大スーパー。  24時間。

【明日の予定】    出水麓の続き。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行2位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 
薩摩藩の政治の仕組みは、他と違う。
今の時代の市(し)の政治と似ている。

薩摩藩を大きな市と考えたら、市役所は鹿児島城に。
支所は、外城(とじょう)と呼ばれる所に。

今日歩く出水麓(いずみふおと)は、大きな外城。
武家屋敷が多く残っていて、重伝建地区に。

散策の拠点としての歴史観が新しく出来ていた。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

出水市は、熊本県との県境。
昔は、肥後との国境近くに。

それで出水麓は重要視された。

s-17年12月18日 (1)    s-17年12月18日 (2)

武家屋敷群は広い。   全部の道を歩くには、数時間かかりそう。

s-17年12月18日 (3)

最後に歴史観が出来たと知る。 見学した。

s-17年12月18日 (35)

地図はこう。   赤〇を歩いた。  

s-17年12月18日 (36)

駐車場は、何ヶ所かある。  さあ出発。

s-17年12月18日 (4)

右の石垣を見たら、そこが土の高さ。
実は、道の部分は掘り下げている。

s-17年12月18日 (5)

見学できる。  以前に一度。  最後に見学と思っていたけど、次回に。

s-17年12月18日 (6)

住んだのはみんな薩摩藩の武士。   薩摩藩士。

s-17年12月18日 (7)

畑を作っていた。 自給自足が出来るほどの。
武士としての鍛錬も。

s-17年12月18日 (8)

時計回りで歩いた。   時々歴史館の写真をつかって説明。

手前が北。   反対から撮ればよかった。

s-17年12月18日 (37)

役職によって、広さが違うのか。

s-17年12月18日 (9)    s-17年12月18日 (10)

外城制度のことが。  出水麓のような麓はたくさんある。
ここの武士は、郷士(ごうし)。   鹿児島城の武士は、城下士(じょうかし)。

s-17年12月18日 (38)    s-17年12月18日 (39)

曲がってこの道。

s-17年12月18日 (11)

諏訪神社前に。

s-17年12月18日 (12)

諏訪湖の近くの諏訪神社から神様が。

s-17年12月18日 (13)

こんなにたくさん。  昔の状態が、一番広く残っているのが出水麓。

下の方に、知覧など。 

s-17年12月18日 (40)

この道は、菱刈街道とある。   真っ直ぐ西の内陸に。

s-17年12月18日 (15)    s-17年12月18日 (14)

宮路邸。    篤姫のロケが行われた。

s-17年12月18日 (16)

平日は見学出来ない。

s-17年12月18日 (17)


この武家門と広い庭が撮影に使われたそう。

s-17年12月18日 (18)    s-17年12月18日 (19)

地域の人がいて、中に入って見ていいよという。
屋敷の見学に関わっている人なのか。

ここまで来て、十分ですよと。

s-17年12月18日 (20)

伊弁田(いむた)邸。

s-17年12月18日 (21)

根っこが遊んでいた。

右は、小みかんのように小さい。
    ※ 昨日の記事で、普通に食べてる冬みかん(温州みかん)は、
      小みかんとクネンボから生まれたと、遺伝子調査で分かった。(ある組織の発表)

s-17年12月18日 (22)    s-17年12月18日 (23)

ここに住む人は、武士の子孫。 誇り高く生きているのでしょうか。
先祖が残したものを大事にして。

道はどこまでも続く。

s-17年12月18日 (24)

時々地図が。

s-17年12月18日 (25)    s-17年12月18日 (26)

人が住んでいない所もある。  家のない所も。

郵便配達の人が通ると、なつかしい風景に。

s-17年12月18日 (27)    s-17年12月18日 (28)

土地は広いって分かる。  管理も大変。

s-17年12月18日 (29)    s-17年12月18日 (30)

出水小学校前に。

s-17年12月18日 (31)

ここはお店かな。

s-17年12月18日 (32)

小学校の門は、出水御仮屋門。  殿様の仮の屋敷の意味でしょうか。

年末を迎え何かをしている。

s-17年12月18日 (33)    s-17年12月18日 (34)

この後、歴史館を見学。
入館料は500円。   他の家も見学できる。

他の家の見学は明日でしょうか。
天気が大丈夫なら。
その記事で、歴史観の中も紹介。

【記事の紹介】

   鹿児島市街地を歩く。  鶴丸城(鹿児島城)跡。  私学校石垣の銃弾の跡。~鹿児島市~ 他 (2014/2/5)
   知覧、武家屋敷通り。  武家屋敷庭園。   高田磨崖仏。~南九州市~  他  (2014/1/31)  

【その他】    晩に、お店での食事会に招待していただきました。 全部で7人。 道の駅の近く。
         ちゃんこ鍋や刺身など、ご馳走いっぱい。

         SちゃんとAくんは、お腹いっぱいになって遊びだした。

      P7290086.jpg

【今日の歌】    シング・シング・シング    熊本北高吹奏楽部      ドラムが特にいい。



【道の駅】    長島

【明日の予定】  予定は再度、出水麓。   

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行2位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 
長島町に日本マンダリンセンターがある。
マンダリンって何?

長島町は温州みかんの発祥の地と云われる。
そこに行ったら、そのことが分かるよう。
ところが、・・・。

その前に、野球教室を見る。
1軍ではないけど、ソフトバンクの選手が来る。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印はマンダリンセンターの場所。

s-17年12月17日 (1)

赤〇で、午後に野球教室。  午前に緑〇で練習。
誰が参加するのかって、Aくん。  今、中学1年。

5年生の時、1人で新幹線に乗って京都に来た。
東風さんも須坂からやって来て、3人で歩いた。

s-17年12月17日 (2)    s-17年12月17日 (3)

  ※ 余談  昨日の朝、社長さんの奥様から、カレーとご飯をいっぱいいただいた。
        長島の新じゃがで作った。 今朝まで、夜食も入れて5食ずっとカレー。
        飽きない。  朝、会社にいる奥様に鍋を戻した。   御馳走様でしたって。

寒い一日。  5度くらい。
中学生は集まって練習。  打ち合わせ。  2つの中学校が集まって1つのチーム。 

s-17年12月17日 (5)

Aくんはいそがしいから、魚釣りに行くぞ、とはならない。

s-17年12月17日 (6)

下に、指江(さすえ)港。  左の方に、天草の牛深。   木のかげ。
社長さんの会社は、港に近い。

s-17年12月17日 (7)

島の北の方に行った。 野球教室。  広いグランドがあって、そこで。
小学生も中学生も。

Aくんはこの時は、どこにいるか分からない。

s-17年12月17日 (8)

キャッチボール。  野球の基本。
見る人が見たら、子どもたちの投げ方を見て、指導者の力量が分かる。

s-17年12月17日 (9)    s-17年12月17日 (10)

こういう教室。  指導者はソフトバンクの選手。 
調べたら、昨年も同じ教室があった。  毎年なのかな。

s-17年12月17日 (11)

Aくんを探した。  いたいた。 まだ1年生。 

中央の黒い服の人が指導者。
なんていう選手なのか、ソフトバンクの選手名鑑で調べたが、分からなかった。

ほとんどの人は、ドラフトを通って。 夢に向かっている。

s-17年12月17日 (12)

声を掛けられたよう。

Aくんはこの春野球を始めた。 それまでやったことはなかった。
自分の想像より、投げれている。

驚いた。
本人の努力とセンス、監督さんやコーチの方の指導の結果でしょうね。

s-17年12月17日 (13)

腕の振り方か何かを言われています。
この選手が一軍で活躍したら、Aくんにとって大きな思い出になりますね。

貴重な経験であることは、今でも間違いなく。

s-17年12月17日 (14)

30分ほど見て、マンダリンセンターに。
途中の風景。   長島町は、花と石垣の島。

s-17年12月17日 (16)

八代海の南に長島町の島々。  八代海の南の出口を塞ぐように。

s-17年12月17日 (15)

着いた。    建物や施設が老朽化してるために無料。

s-17年12月17日 (17)

全体の写真は撮れる状態でないので、出来た頃の写真を。(長島町関係から)

s-17年12月17日 (4)

からくり人形みたい。

s-17年12月17日 (18)

マンダリンの意味がはっきりしない。   意味が揺れ動いている言葉。
大雑把に言えば、皮の剥きやすいミカン。 温州みかんも入るよう。

マンダリンオレンジと云うのがあって、温州みかんに似ている。

s-17年12月17日 (19)

こんなのが島中にたくさんある。

s-17年12月17日 (20)

長島は、温州みかんの発祥の地と云っている。
一般的にも、そのように。

はっきりはしていなく、そうかなって感じ。

小みかんのことが。 分からないと言っている。
このみかんは、桜島に行けば売っている。

紀州の方でいっぱい作ったので、紀州みかんとも。
八代辺りで古くから作られていた。

s-17年12月17日 (21)

温州みかんの由来。   温州みかんは、普通の冬みかんですね。
中国から長島に伝わったとある。

いくつかの証拠があって、長島は温州みかんの発祥の地と。

s-17年12月17日 (24)

長島からこのように広がったと。

s-17年12月17日 (22)

上にあった証拠は、みんな状況証拠なんですね。
だから、100㌫とはならない。  だいたいそうかなと云う事。

ところが、昨年、下のことが分かった。
   ※ 温州みかんの遺伝子を調べた機関が。(農研機構)

温州みかんの親は、紀州みかんとクネンボ。  紀州みかんは、小みかんのこと。
クネンボは、室町時代に日本に。

クネンボも小みかんも、日本に元々あった。
この2つから、温州みかんは生まれた。

  ※ もしかしたら、それをしたのが長島かも知れない。
    でもいまさら、前のは間違いで、2つのみかんから作ったとは云えない。

  ※ 遺伝子の調査は、別の機関が確かめることも可能ですね。
    もし嘘なら、後の時代にばれてしまう。

下は、Wikipediaのクネンボの説明。

無題mm 

いろんなみかんがある。  自分はデコポンが好き。   

s-17年12月17日 (23)

下を読むと、温州みかんは薩摩で早い時代から作られていたと分かる。
薩摩マンダリンと呼んでる所が外国に。

s-17年12月17日 (25)

展望台からの風景。   手前の島は伊唐島。  橋でつながって。
奥に、獅子島。  山に登ったことが。

   獅子島の七郎山を登る ~鹿児島県最北端の島へ~   他  (2011/5/21)
   フェリーロザリオで、獅子島へ。  Aくんと、化石探し。  ムジナがいた。~長島町~ 他 (2015/2/8)

s-17年12月17日 (27)

伊唐島の右端。   

s-17年12月17日 (28)

右端遠くに、ツルたちがいる。
   出水市のツルは、今年も変わりなくやって来た。 15360羽。 カナダヅルは7羽、4羽見る。~出水市~ 他 (2017/12/14)

s-17年12月17日 (29)

行人岳。  天気のいい日、上昇気流が生まれる。
ツルたちはその気流を利用して空高くに。

北への風にのって、朝鮮半島を目指す。

s-17年12月17日 (30)

役場はこの近くに。

s-17年12月17日 (31)

今日は野球教室を見ました。
プロの指導者のは、初めて。  Aくんはちゃんとボールが投げれていた。

温州みかんはどのように生まれたかが、分かりました。

長島では、古い時代から作られていましたね。

【今日の曲】  マンダリンセンターに下の詩があった。
        お日様が射して温かくなったら春。  春は空から。

P7280974m.jpg

春の歌 (メンデルスゾーン) Felix Mendelssohn Spring Song 横内愛弓



【道の駅】     長島

【明日の予定】      出水市の古い町並みかな。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 
川内高城温泉の読みが難しい。
せんだい たき 温泉。

西郷隆盛が愛した温泉だと云う。
若い時と、西南戦争の前に。

来年の大河ドラマは西郷さん。(西郷どん)
どんな魅力が分かるでしょう。

彼は、大政奉還で大きな役割を果たした。
そして、西南戦争で死んでいく。

彼を西南戦争に追いやった人物は誰なんでしょう。
自分は、同郷の大久保利通ではないかなと。

 ※ 龍馬の暗殺の黒幕も、もしかしたら大久保。
   龍馬と西郷さんがいたら、大久保は明治政府の中で2人を越えられないと感じて。
   自分の想像です。(そんな情報も)
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

毎年行く温泉。

s-17年12月16日 (1)

印は、西郷さんが若い時に造った妹背(いもせ)橋。
そこに来ていたため、今日の温泉に。  10㌔程。

紫の〇は、藤川天神。  西郷さんの犬のツンの出身地。

s-17年12月16日 (3)

印は共同湯。  緑はトンネル。  今造っている。  トンネルの右の出口辺りに、駐車場。

s-17年12月16日 (2)

温泉街の道が細いので、トンネルを。

s-17年12月16日 (6)

新しい案内地図。
大河ドラマの関係で、この温泉に報道が入っている。(社長さんの話)

注目されているので作ったのか。

s-17年12月16日 (23)

大きくなります。   温泉はどこも安い。

s-17年12月16日 (24)      s-17年12月16日 (25)

温泉街に。   昭和の雰囲気でしょうか。  左に共同湯。

ロケ地は、日本中どこにでも。  まあまあの宣伝効果ですね。

s-17年12月16日 (11)    s-17年12月16日 (12)

上の写真の手前を、左に上がっていくと、神社。  上り口に、説明があった。
西郷さんは、西南戦争の前に来ていると。

湯に入っていろいろ考えを巡らした。
勝つことができると、思っていたのでしょうか。

死んでもいいから戦うと決めたのか。
誰と戦うかって、明治政府の中枢の大久保ですね。(実質は)

  ※ 西郷さんは、仲間を思って死のうとしたことがある。
    仲間とは、清水寺の僧の月照ですね。 
    2人で錦江湾に入水。  月照は死ぬ。  西郷さんは助かってしまう。

ここの温泉は、鹿児島県で最も古い温泉とも。

s-17年12月16日 (7)    s-17年12月16日 (8)

細い道を入って来た。  ここの家に間借りして、温泉に入った。

s-17年12月16日 (10)    s-17年12月16日 (9)

小路から出てきて、共同湯。  最後に入る。

s-17年12月16日 (14)

隅っこが好きだったと。  1877年の前の話。

s-17年12月16日 (13)

お店。   野菜など。  向こうの店には酒。
湯治が可能だと分かりますね。

s-17年12月16日 (15)

賑やかな店だ。

s-17年12月16日 (16)

所狭しと。  薩摩は焼酎。  変わった像は、農村でよく見る。

s-17年12月16日 (17)    s-17年12月16日 (18)

小さな温泉旅館が続く。   西郷さんは、猟をして楽しんだ。

s-17年12月16日 (19)    s-17年12月16日 (20)

橋の上から。  奥に大きな温泉。  入ったことあるかな。

s-17年12月16日 (21)

反対側に来た。 自分の車は、向こうから来た。  左奥に、大きな温泉旅館。
右に西郷さん。

s-17年12月16日 (22)

若い時の、西郷さん。

s-17年12月16日 (26)

土木関係の仕事をしていた。   18才。   鹿児島で死ぬときは、49歳。  30年前のこと。
妹背(いもせ)橋を造ったとある。

s-17年12月16日 (27)

地図を再度。   妹背橋は印。

s-17年12月16日 (3)

どこにある橋か分からなくて、やっと見つけた。
中央の橋。 人形が立っている。

s-17年12月16日 (4)

ストリートビューで行ってみた。  確かにこの橋。  近くを通ったら行ってみる。

西郷さんが作った橋は、眼鏡橋。
ここの仕事の時に、川内高城温泉に行った。

昔の橋の写真などは、このサイトに詳しく

s-17年12月16日 (5)

上の方で大きな温泉旅館と書いたのは、ここ。    長島の社長さんと入ったことが。

s-17年12月16日 (28)

戻る。  

s-17年12月16日 (29)

共同湯が見えた。

s-17年12月16日 (30)

熱い湯。  手前は45度くらい。  左は、46度はある。   シャワーは1ヶ所。  自分は使わない。
頭にお湯をかけたら熱かった。   慣れる。

先客の人は、洗面器の湯にタオルを入れて絞るのが大変と言った。
熱いのが苦手な人は、そう感じるかも。

かけ流しの湯だけど、湯の量は少ないかな。
一度使ったら、溢れるまでしばらくかかる。

いくら使っても、常時溢れているのが自分は好き。
そんな温泉、たまにある。  湯船の周りを湯が流れて。

s-17年12月16日 (32)    s-17年12月16日 (31)

左の木は、枝垂れ梅。 trtyyyyy65677.jpg

s-17年12月16日 (33)

今日は、西郷さんのことを気にしながら見学してみました。
のんびり出来たのは、西郷さんにとって、ここの温泉が最後だったでしょうね。

幕末から明治の初めの激動の時代を、駆け抜けた。
疾風(はやて)のように。

【記事の紹介】  西南戦争最大の激戦地、田原坂 ~植木町~  遥かな轍(わだち)  他  (2012/2/13)

【今日の歌】    Billie Jean: Michael Jackson (the best ever moonwalker )    マイケル・ジャクソンは不思議な魅力。



【停泊場所】    阿久根市のAZの駐車場。

【明日の予定】      長島のどこか。   Aくんの野球の練習を少し見て。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 
長島に入った時、道沿いに「ブーゲンビリアの丘」の案内があった。
気になるので、今日の見学はそこ。

真っ直ぐ、社長さんの農機具会社に。
事務所でお話し。

昨日の朝、霜が降りジャガイモにダメージ。
農家の人が、次々に相談に来た。

社長さんには、車のバッテリー関係などを一度見ていただく。
整備を終え、年が明けて北上開始。 毎年のこと。  
ツルに似ている。

昼過ぎ、花を見に向かった。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

鹿児島県の北西に。

s-17年12月15日 (1)

小さな島に道の駅が2つ。  
   ※ 長島は、日本の「活気ある豊かな島」のベスト3に入るでしょうね。(ジャガイモと養殖の魚)

s-17年12月15日 (2)

社長さんに教えてもらった近道を行く。

山の中を歩いていて道に迷ったことが。
この集落に出てきた。

社長さんに迎えに来てもらった。

s-17年12月15日 (38)    s-17年12月15日 (39)

環境は荒れていない。

s-17年12月15日 (40)    s-17年12月15日 (41)

15分ほどで着いた。

   ※ 駐車場に停めたら、隣に車が来た。
     社長さんの隣のお家のNくんやSちゃんのお母さん。

     たまたま私の後を走っていた。
     数年前、みんなで北海道に来た。

     Nくんは一昨年、1人で京都に。 今は中学1年生。 Sちゃんは小学2年生。
     来週の月曜、みんなで食事会。

     お母さんと少しお話し。
         (お母さんは、道の駅のだんだん市場を任されている。いそがしい)

ここです。   食事もできる。  島には、オブジェのようなのがいっぱい。     

s-17年12月15日 (4)    s-17年12月15日 (5)

向こうから来た。 素敵な看板。

s-17年12月15日 (6)

駐車場にこれ。  獅子島は長島町。   今は橋がない。

   フェリーロザリオで、獅子島へ。  Aくんと、化石探し。  ムジナがいた。~長島町~ 他 (2015/2/8)
   獅子島の七郎山を登る ~鹿児島県最北端の島へ~   他  (2011/5/21)

s-17年12月15日 (7)     s-17年12月15日 (8)

受付で400円。   丘の上から海を。   八代(やつしろ)海。

s-17年12月15日 (9)

花は、ここに。

s-17年12月15日 (10)

今年の10月にオープン。    出来たばかり。

s-17年12月15日 (34)

この様に。   ブーゲンビリアは外でも見る。  
メガネが曇るほど、気温は高くない。  上着なしでちょうどいい。

s-17年12月15日 (11)

南国だなって感じる花。

s-17年12月15日 (12)

ブーゲンビリアの森の雰囲気。  こんないっぱいのを見るには初めて。

s-17年12月15日 (13)

普通の花と違う。   まるくない。
美しく見えるのは、実は、みんな葉っぱ。

花を包むようにあるので、包葉(ほうよう)。
右写真に、白い花が見える。

s-17年12月15日 (15)    s-17年12月15日 (14)

ブーゲンビリア以外で、これほどの花いっぱいの温室はあるでしょうか。
ハイビスカスは、美しくてもこの雰囲気ではない。

魂を揺する美しさ。  それで魂の花と。

s-17年12月15日 (16)

木の動物。

s-17年12月15日 (17)

本当の花は、よく見ないと見えない。  美しい葉っぱを見ている。

※ 花は、どんな必要性があって、美しい葉にしたのでしょう。

  ブーゲンビリアは、花を大きく美しくしたかった。
  でも、それが出来なかった。

  それで、花の周りの葉っぱだけ美しくした。
  虫に来てもらうために。

s-17年12月15日 (18)    s-17年12月15日 (19)

華やかな色の中に白。  落ち着いた美しさに。

s-17年12月15日 (20)    s-17年12月15日 (22)

虫たちは、全部の色がきっと分かりますね。
分からなかったら、無駄なことをしていることに。

s-17年12月15日 (21)

日光は十分に。  他は少し厳しく。

甘やかすと、自分で生きる力が弱まるのでしょうか。
花を咲かす力とか、根を伸ばす力とか、病気にならない力とか・・・。

s-17年12月15日 (24)    s-17年12月15日 (23)

ブーゲンビリアは、中央アメリカや南アメリカの熱帯雨林で発見された。(Wikipedia)

色の悪くなった花がない。 今が一番の状態でしょうか。

s-17年12月15日 (25)

紫は紫で、いい。

s-17年12月15日 (26)    s-17年12月15日 (27)

世話してる人に聞いた。  珍しいのはありますかって。
これです、と。

s-17年12月15日 (28)

どこが違うでしょう。   分かりますか。

17年12月15日 (29)ppp    s-17年12月15日 (30)

分かりますね。  1つの枝に、2つの色の花(苞葉)。  これで、メアリーパーマー。
この木の葉には、黄色い部分が。 下の方の葉に。 これで、メアリーパーマースペシャル。

説明は、右に。(みやざき公園協会のHPからお借り)

  ※ いろんな色で出来たら、珍しさが増しますね。

中央近くのは、1つの苞葉が2色に。

s-17年12月15日 (31)    ytguuu.jpg

上の木の親は、下だという。 
この木は、1つの枝は同じ色。  

s-17年12月15日 (32)

1つの苞葉が2色に。  突然変異でしょうね。

s-17年12月15日 (33)

ブーゲンビリアの丘をつくるにあたって、どこで勉強したかを聞いた。
下の2ヶ所と、世話してる人は言った。

まず、宮崎ブーゲンビリア空港。

s-17年12月15日 (37)

それと、唐津市のブーゲンの森。

s-17年12月15日 (3)

ブーゲンビリアの丘は、期待以上の美しさでした。

別の道を通って、道の駅長島に。  社長さんのお店に近い。
時々いい風景が。

s-17年12月15日 (42)

社長さんのお店に寄ってここに。

s-17年12月15日 (35)

何の踊りでしょう。  犬は西郷さんの犬のツン。  ツンの出身地は、藤川天神。
   藤川天神、臥龍梅。  田舎の小さな温泉、十三奉行温泉。~阿久根市・出水市~  他  (2013/2/17) 

s-17年12月15日 (36)

晩に、仕事が終わった社長さんが車に来た。
後の小上がりで、百名山のビデオを見た。

車や山の話をしながら。 1時間半ほどか。

【動画の紹介】






【今日の歌】    Guadalupe Pineda - Historia De Un Amor   

              ※ ある恋の物語。
                日本人も歌っているが、いいのは見つからない。



【道の駅】   長島

【明日の予定】  明後日は、野球を始めたS君の練習を見て、島のどこかを。
         明日は、島をいったん出て。  軽油を車に。  

         いつも行く、川内高城(せんだいたき)温泉に行きたいが。 新しい写真が撮れるか。 
         西郷さんが愛した湯。 こっち方面での西郷さんを調べましょうか。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 
世界中のマナヅルの半分ほどと、ナベヅルのほとんどが出水市に来る。
渡りに異常があったりすると、絶滅の不安。

でも無事に、今年も来ていた。
一安心。

1万5千羽の中に、カナダヅルが7羽いる。
見たいもんだ。

観察センターとは違う場所にも行ってみた。
いた、4羽も。

以前、一度見たことあったので直ぐに分かった。
望遠のカメラも用意していた。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

鹿児島県に入った。

s-17年12月14日 (1)

ここにシベリアから多くのツルが。
出水市は温かく迎える。

この地がなかったら、ツルたちはどうしていたのでしょう。

s-17年12月14日 (2)

印に観察センター。

s-17年12月14日 (3)

正面に観察センター。  ツルは来ている。

s-17年12月14日 (39)

観察センター。

s-17年12月14日 (17)

例年と同じような数。

s-17年12月14日 (18)

大きなトラブルはなかったよう。 病気の発生とか。
マナヅルが少ない。  これから来るのか。

黒いナベヅルが多い。  カナダヅルなどが少し。

s-17年12月14日 (19)

外の説明を紹介。

s-17年12月14日 (20)

保護区があるけど、ツルは知らない。
昼間、保護区の外にも散歩に行く。  ※ 飛ぶから、散飛か。

その年生まれた子供もやって来る。
アムール川とかウスリー川の流域から。

日本海を越えるのは命がけ。
来る時も、戻る時も。
s-17年12月14日 (37)    s-17年12月14日 (38)

雨の日でも室内から見られる。

s-17年12月14日 (21)

今回、シベリアでの様子はどうなのか知りたかった。
晩に調べたけど、写真とか全く見つけられない。

s-17年12月14日 (29)

アムール川流域の様子。 これだけ。  このサイトからお借り

ghhjj.jpg 

屋上から撮影。  エサを置くので集まる。

s-17年12月14日 (22)

マナヅルとナベヅルが混ざっている。  一緒にいて喧嘩するわけではない。

s-17年12月14日 (24)    s-17年12月14日 (23)

左の方。    ツルの糞が田んぼの肥料になっているでしょうね。

s-17年12月14日 (25)

羽根を広げたら大きさを感じる。 品も。  美しい。

s-17年12月14日 (26)

遠くの田んぼに水。   ツルは水場の中に立って寝る。
他の動物が入って来ると、水の振動を足で感じる。

s-17年12月14日 (27)

こうです。

s-17年12月14日 (10)   

マナヅルですね。  ナベヅルより少し大きい。 

s-17年12月14日 (31)

シベリアでの様子が分からない。  下は上野動物園。(東京の動物園のサイトから)  
この大きさの子供が数ヶ月であっという間に成長して、日本に来る。

15_small.jpg 

首も足も真っ直ぐ。  サギは首を曲げますね。

s-17年12月14日 (32)

マナヅルの飛来数は少ないけど、エサ場には多い。  大きいからか。

s-17年12月14日 (4)    s-17年12月14日 (5)

マナヅルはすっと首を伸ばしたときの姿が、美しい。
たくさん食べて体力を付けないと戻れない。

s-17年12月14日 (6)    s-17年12月14日 (7)

ナベヅル。    ヒナは、天王寺動物園のサイトから。(日本の夏は暑いでしょうね)

s-17年12月14日 (8)    img20150428004435308.jpg

今年の子供が大きくなって。  首が茶色っぽい。

s-17年12月14日 (9)

観察センターの北東に行ってみる。  群れは見えない。

s-17年12月14日 (40)

変わったツルを探し出したら、直ぐに見つかった。
普通簡単に見つからないから、期待はしてなかった。

4羽いる。  カナダヅル。  右の2羽は重なって。   灰色っぽい。

s-17年12月14日 (11) 

3羽は、ナベヅルの少し手前にいる。  カナダヅルはナベヅルより小さいと分かりますね。

s-17年12月14日 (12)

分かりにくいけど、頭のてっぺんが赤い。

s-17年12月14日 (13)    s-17年12月14日 (14)

下は、カナダヅルの写真。

s-17年12月14日 (41)

下の写真はアメリカ。 カナダヅル。(Wikipedia)

繁殖地はカナダ。  シベリアでも一部繁殖している。
そのために、迷鳥として数羽日本に来る。

1920px-Grus_canadensis2.jpg 

ナベヅルが多い。  晩には、水の張った田んぼに戻る。

s-17年12月14日 (15)    s-17年12月14日 (16)

この場所には、例年はもっといる。

s-17年12月14日 (33)

今年もちゃんとやって来て、一安心。

本当は、半分ほどは別の場所で越冬出来たらいい。
今の状態だと、病気が広まると大変。

今日は運よく、カナダヅルが見られました。

【その他】 出水市にこの温泉。  国道から近い。  いつもここ。   成分が濃い。

s-17年12月14日 (34)

帰る時、これを撮った。
先日の記事で疱瘡(ほうそう・天然痘)を紹介した。

昔は恐ろしい病気だった。 流行して多くの人が。

疱瘡墓とある。
疱瘡で死んだ人の墓かなと思った。

そうではなく、死んだ人を弔った僧の墓だった。
な~んだと、すこしだけ。

s-17年12月14日 (35) s-17年12月14日 (36)

【記事の紹介】

    出水市に、今年もツルはやってきた。  珍しいカナダヅルと、クロヅルを見た。~出水市~ 他 (2014/1/23)

    ツルは飛んだ!  行人岳から見たツルの北帰行  ファインダーを涙で曇らせ見送った ~長島町~  他  (2012/2/20)
    薩摩藩最大の外城(とじょう)だった、出水麓武家屋敷群 ~出水市~  ミス・サイゴン  他  (2012/2/16)

【今日の動画】   中島みゆき「スペシャル・インタビュー」〜みゆき節全開!【HD】

               ※ 中島みゆきってどんな人でしょう。 放送してる人は知らないよう。
                  実は、めちゃくちゃ。  ラジオの深夜番組なんか、ひどい。 ふざけっぱなし。
                  でも、才能のかたまりなんですね。  和泉式部みたい。



【停泊場所】    阿久根市のAZの駐車場。    24時間の巨大スーパーマーケット。

【明日お予定】    長島の社長さんの所にあいさつ。   どこか見学。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
湯之尾温泉を目指した。
確かに、そこに着いたのだが、どこが温泉街か分からない。

あきらめて、吉松駅に向かった。
駅前に温泉もある。

そんなことで、吉松駅を紹介。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

肥薩線沿いに。   霧島山があって。  数日後には、小林市に。

s-17年1月4日 (1)

左の方に、湯之尾温泉。   上の方に真幸(まさき)駅。

吉松駅から右に、吉都(きっと)線が出ている。  吉松から都城(みやこのじょう)。

s-17年1月4日 (2)    s-17年1月4日 (3)

Aくんの所に行って子供達に会う。 Y先生にマッサージをしてもらう。

そして、社長さんのお店に。 ミカンの代わりにジャガイモ。 軽い。 作ったもの。

s-17年1月4日 (4)

社長さんが誰かからいただいたキビナゴを、Y先生が料理して持ってきた。
刺身と天ぷら。  今朝の魚なので新鮮。 ご飯は、ここで社長さんの奥様が炊いた。

美味しい。   今年初めて、美味しいなってものを食べた。 

 DSCF7146ppp.jpg

そして、社長さんと奥様にお礼を言ってお別れ。
また1年後。

遠回りして、吉松駅。   田舎の駅にしては、大きい。

s-17年1月4日 (5)

駅前。 右が駅前温泉。  駅の大きさの割には、町並みは小さい。 後で少し歩く。

s-17年1月4日 (6)

吉松は、吉松駅で発展したんですね。

ここから、吉都線が分岐。 吉松から下は、急行が走っている。
また、吉松から熊本までは、観光列車が。

吉松駅は、それらの起点になっている。
真幸駅が隣に。  真の幸せの鐘が鳴り響く駅。 何度も行った。 

s-17年1月4日 (7)    s-17年1月4日 (8)

肥薩線には、栄光の歴史が。

s-17年1月4日 (9)

明治42年から昭和2年まで、この線路が鹿児島本線。
門司と鹿児島を結ぶ、九州の大動脈だった。  機関車が活躍した。

s-17年1月4日 (10)    s-17年1月4日 (11)

生きてるように走る。

s-17年1月4日 (12)

吉松駅には、駅員だけでなく、保線区の人達とかもいた。
最盛期には600人だという。

これだけの人がいて家族があったら、町が出来ますね。
店も学校も、映画館も。

下の建物には、駅舎で焚く石炭が入っていた。

s-17年1月4日 (14)    s-17年1月4日 (13)

スマートな感じの機関車がある。

s-17年1月4日 (15)

C55。  大きな車輪(動輪)が3つ。  それでC。   4つなら、D。
52とある。 これだけ分かれば、どこで作られたかなど、みんな知ることができるんですね。

s-17年1月4日 (17)    s-17年1月4日 (16)

乗ってみた。 計器類。    石炭を入れる所も。

s-17年1月4日 (18)    s-17年1月4日 (19)

左右に、座る席。  坐ってみた。  初めて。 前が見える。

s-17年1月4日 (20)    s-17年1月4日 (22)

左にも。 2人のうち、1人は坐って前を確認しますね。

s-17年1月4日 (21)

大きい車輪(動輪)で、動かす。  そうだとしても、蒸気の力で動くなんて不思議。

s-17年1月4日 (24)    s-17年1月4日 (23)

薄暗くなってきた。  吉松駅。

s-17年1月4日 (25)

駅前温泉。 建物の左は、店の入り口。

s-17年1月4日 (30)

店の中にテーブル。  もしかして、買った酒は、ここで飲めそう。  1回やってみたい。

  ※ 自分が小学生のころ、親父は店先で飲んでいた。

s-17年1月4日 (26)    s-17年1月4日 (27)

少し行ってみた。 昔の賑やかさは、全く違ったでしょうね。

s-17年1月4日 (28)    s-17年1月4日 (29)

戻って駅前温泉。  250円。  (写真は町のHPからお借り)

初め手前に入った。 普通より、少し熱い。
その後、奥に入った。  温度計が浮いていた。

温度計を見る前に、温度の予想を立てた。 
正確に当てられるかどうかを試した。

けっこう熱い。 44度か45度か迷った。
45度は無いと感じて、44度にした。

正解は、44.3度だった。
自分の予想は、めちゃくちゃ適当でないと分かった。

誤差1度くらいで当てられるかなって感じ。

s-17年1月4日 (31)

新しい年の本格的な見学が始まった。

門司のタカリンさんは、「イケイケ」で行けって言う。
それは、どんなイメージでしょう。

【今日の一句】   「 その人にはその人の そこでしか生きられない  その場所が 」    下の映画から。

【今日の歌】  The legend of 1900-piano scenes Duel part 2      ※ 映画、船の上のピアニストの一部かな。



【停泊場所】    吉松駅前

【明日の予定】    真幸駅まで行ってこようかなと。  棚田どうなったか見たいし。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.

スポンサードリンク

 
 
30分ほど寝る予定が、3時間。
暗くなって、見学は出来なかった。

社長さんの所に行って、BSが入るようになった。

明日、長島を離れるので、今後のコースを紹介。
寝ながら考えた。

新しい大河ドラマが始まる。
気になることがあるので、それを。

女子のフィギュア界は、メドベージェワが圧倒的な力。
彼女を脅かす新星が現れた。

ソチのドーピング検査は、今でもやっている。
ソトニコワの金メダルが怪しくなってきた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

北上の基本姿勢は、行ってない所に行く。
花を追っかける。

京都には、桜の季節に入る。
四国で、88寺のうち20くらい行く。(高松の方から詳しい案内本を頂いているので、楽)

九州では、小林市と都城市に行く。

ttt1113.jpg

8日からいよいよ始まる。

mmnmj.jpg

吉田松陰がいなければ、明治維新はいつになったか分からない。
その松陰を殺したのは、井伊直弼(なおすけ)。
安政の大獄の弾圧で。 
    ※ 他にも、多くの新しい世を夢見る人間を粛清した。

直弼の先祖が、直虎。
だから、好きになるのが難しい。

彦根城にも、愛着は沸かない。
今年の大河ドラマは、たまに見るくらいか。

司馬遼太郎は、井伊直弼のことはよく言わなかった。
行動の全てを見抜いていた。

下は、Wikipediaから。

siba33234.jpg

自分は、桜田門外の変で、関鉄之助がよくやってくれたと思っている。
        (直弼の首を刎ねたのは、薩摩藩士。 イエ~イの声のもと)
最後捕まって打ち首になるが、自分は関鉄之助が好き。

映画『桜田門外ノ変』予告編



alan / 悲しみは雪に眠る



そんなことだけど、直虎を紹介。

  大河ドラマ「おんな城主 直虎」ライブ編  


話変わって、フィギュアスケート界に、新星登場。  アリーナ・ザギトワ。  
ロシア選手権2位。  メドベージェワと対等の力があるように見える。

氷上のバレリーナ。   ジュニアから上がって来た。
ジャンプは全部後半かな。  点数が高くなるから。

ジュニアにすごいのがいると言われていた。
この子だった。

Alina Zagitova "Red Ballerina" FS 2017 Russian Nationals



ジュニア・グランプリファイナルの、SP(ショートプログラム)がある。 これがいい。
安定したジャンプの跳び方の技術って、あるんだなって感じる。

メドベージェワと同じコーチ。
  (決してドーピングに手を出すなと云いたい。 ソトニコワのように、筋肉もりもりでないから大丈夫か)
突然ロシアが強くなった。  何があったんでしょう。

次のオリンピックの金メダルは、2人のうちのどちらか。 
それは、100㌫と云えるでしょうね。

自分はどっちが好きかと聞かれたら、少しだけメドベージェワかな。
個性がはっきりしているというか、そんなので。
     ※ 少しの差で2人に続くのは、マリア・ソツコワ。2015_Junior_Grand_Prix_Final_IMG_9279_Sotskova_cropped.jpg   表情がいい。長身。  

ロシア女子のレベルの高さは、オソロシアって言われる。
また、ロシア若い子はみんな美人ばかり。



下の記事が。  韓国発信の記事は山ほど。   それ以外を探した。
どれも、情報の出どころはイタリア。

ソトニコワのドーピングの噂は、早くからあった。
韓国が騒ぐとは別に。

bbvbnhg.jpg

【停泊場所】     阿久根市のAZ

【明日の予定】     さつま町のある温泉に向かう。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.

スポンサードリンク

 
 
元旦はお参りしてないので、今日することに。
紫尾(しび)神社がいいかな、温泉もあるし、となった。

いつもは通らない、国道504で行ってみた。
途中まで新しい立派なトンネルがあったり。

所が、いい道は急にお終い。
不思議だなと思っていたら、次の日の朝に、社長さんが教えてくれた。
造りたくても、道は造れなかった。

普通にお参りして温泉。
でも、不思議なものに出会った。

あおし柿。  あわし柿がなまった。  
漢字で書くと、淡し柿。  朧月夜の歌の「匂い淡し」の淡し。
調べていて、大きな発見をした。

※ 30日に風邪気味と知って、いっぱい寝てほぼ治った。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

北薩摩、と呼ばれる一帯。  さつま町。

s-17年1月2日 (1)    s-17年1月2日 (2)ddd    

普段は328を通る。   ※ 紫尾温泉の上の県道は、行ったら誰もが後悔。 大変。

s-17年1月2日 (3)

国道504。  山に入った。

s-17年1月2日 (6)

高規格道路みたい。   走りやすい。  車は来ない。

s-17年1月2日 (7)    s-17年1月2日 (8)

快適にトンネルを抜けると、

s-17年1月2日 (9)

直ぐにお終い。

s-17年1月2日 (10)

元々の、国道504。  細くなった。  酷道のレベルではない。   どんな山の中にも、家は。

s-17年1月2日 (11)    s-17年1月2日 (12)

何だこれ。 地図には、こんな所に道は無い。

実は、新しい道だった。  まだ使ってない。
新しい国道504は、あちこちで、橋やトンネルを造っていた。

社長さんが教えてくれた。
ここからさらに右に行くとトンネル。

そのトンネルも完成。
しかしその先に、工事中、遺跡が出てきた。

それで、工事が遅れてるよう。

s-17年1月2日 (13)

出水市から鹿児島へのいい道が無い。  どの道も、あっちで曲がったりこっちで曲がったり。
出来たら便利な道。

峠を上ったら、紫尾山が見えた。

s-17年1月2日 (14)

峠を過ぎて、家。  深い谷の集落ではない。

s-17年1月2日 (15)

数㌔で紫尾温泉。   正面が紫尾山。 右端が頂上。

s-17年1月2日 (16)

着きました。   正面に紫尾神社の鳥居。   右は、ちょっとした温泉地の通り。

s-17年1月2日 (17)

左に行ったら、駐車場。

s-17年1月2日 (18)

向こうから来たけど、鳥居を背にして撮影。   
元旦は、1万人だというから、すごい。  こんな田舎にあって。

s-17年1月2日 (20)

紫尾神社の拝殿。  右の建物は、紫尾温泉。

s-17年1月2日 (19)

源泉の上に神社を建てたんですね。   これぞ、神の湯。   実際に、ここは神の湯でも。

s-17年1月2日 (25)

紫尾山を含めた、広くこの一帯が信仰の地だった。

  ※ 昔、20㌔程東に大きな金山があった。 そこの人達も来たよう。
    その金山を今日知って、金山跡に行きたくなってきた。

s-17年1月2日 (26)    s-17年1月2日 (5)

鳥居の近くから、こっちの道に。   旅館もあって。

s-17年1月2日 (21)

神の湯、紫尾温泉。

s-17年1月2日 (22)

これは以前、町のHPから借りたのかな。
43~44度。 少し高め。  脱衣所は、人人人。 左奥は、44~45度。

20151224011638479_20170103141802b30.jpg 

足湯があったり、何があったりして。
外に出てきた。  ポカポカ。

向こうから来ていた。

s-17年1月2日 (24)

反対側。  向こうに駐車場。   自分は、左に行っての駐車場に。

あおし柿。  今は時期ではないけど、売ってたかどうかは確認しなかった。

s-17年1月2日 (23)

温泉に浸けて作ると、調べて分かった。 (写真は町のHPからお借り)

s-17年1月2日 (4)

どうして、あおし柿なのか。  調べてみた。
あわし柿がなまっていた。  淡し柿。

何が淡くなったのか。  つまり、うすくなったのか。
それは、渋柿の渋(しぶ)だった。   予想が付きますね。

渋が薄まって、甘い柿に。

  ※ 余談  この時、朧月夜の歌の歌詞を思い出した。
        「夕月かかりて におい淡し」

        この歌の匂いは、何の匂いだろうと思った。
        調べてみたら、目で見た匂いだった。
        
        昔は普通に、目で見る匂いの表現はあった。
        赤っぽく美しいもの。

        上の歌の風景は、夕焼けの赤い情景が、淡くなった、と云う意味。
        初めて知った。

        匂いは目と鼻で感じる物だった。
          (くさい臭いは、鼻だけかな)

  ※ 余談  匂いが、なぜ赤い風景なのか。 調べても、ない。
        ここからは、想像。

        「におい」の「に」は、丹(に)では無いだろうか。
        目で見るにおいは、丹生い。 丹(あか)い色が生まれてくる風景。

        夕やけにぴったり。
        そんな風に想像したら、目で見る匂いが、少し納得できるのですが。

ここから出てきた。  右に紫尾神社。   左に紫尾温泉。  

s-17年1月2日 (27)

神社の周りには、古いものがいっぱい。 これも。

s-17年1月2日 (28)    s-17年1月2日 (29)

初詣は終わった。 3つお願い。  ちゃんと手を合わせて。
今後のお参りは、いつものように、心に中で。 
      (他の人から見たら、してないように見える。 間違い)

まずは、1月を充実した月に。

【今日の一句】   「 忙しすぎると 月日は速い 心に余裕あればいいのか 」

【今日の歌】    朧月夜 倍賞千恵子    におい淡しは、1番の最後に。



【停泊場所】     阿久根市のAZ

【明日の予定】     長島の社長さんの所に。  BSが入るように。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 鹿児島
2018年01月19日 (金)
イプシロン3号機、打ち上げ成功。 予定通り午前6時6分。 50分後衛星を切り離す。~肝付町~ 道の駅おおさきに移動。 (2018/1/18)
2018年01月17日 (水)
明日18日午前6時6分、イプシロン3号機発射予定。 内之浦漁港から見学。 花崗岩に囲まれた船間港。~肝付町~ 他 (2018/1/17)
2018年01月17日 (水)
道の駅禰寝に移動。 沖をクルーズ船コスタ・フォーチュナが。 水槽と空気清浄機。 イプシロン3号機、明後日早朝打ち上げ。~南大隅町~ 他 (2018/1/16)
2018年01月16日 (火)
道の駅錦江にしきの里近くを散策。 神ノ川。 ダチョウ。 渕之上神社の石仏と古石塔群。 開聞岳。~錦江町~ 他 (2018/1/15)
2018年01月15日 (月)
海潟温泉の江之島温泉は、昭和の匂い。 海潟港から見る桜島。 江之島は近衛信輔が名付けた。~垂水市~ 他 (2018/1/14) 
2018年01月14日 (日)
道の駅たるみずは、目の前に桜島そして鹿児島湾。 湯ったり館でのんびり。 Aさんがいた。~垂水市~ 他 (2018/1/13)
2018年01月13日 (土)
車の中に、除菌消臭器を置いてみた。 明日、やっと飫肥(おび)に移動。 外はマイナス4℃。~霧島市にて~ Aさんとお酒。 (2018/1/12)
2018年01月12日 (金)
龍門の滝を見学して、龍門の滝温泉に。 今年は、花瓶に野の花を生けて楽しむことに。~姶良市~ 一宮のAさんが。 (2018/1/11)
2018年01月11日 (木)
西郷どん湯は、駐車場が狭く湯には入れなかった。 メダカ5匹が、放浪の旅の仲間入り。~霧島市~ 他 (2018/1/10)
2018年01月10日 (水)
神興寺僧侶の墓石塔群。 雪が降りそうなので山から出る。~さつま町~ 星野仙一。 カヌーの薬物違反他。 (2018/1/9)
2018年01月09日 (火)
夏山登山の持ち物の整理。 オホーツクに流氷が来た。 タンチョウは国後島に行っていた。~さつま町紫尾温泉にて~ 他 (2018/1/8)
2018年01月08日 (月)
黒之瀬戸でAくんと魚釣り。 海で釣れるキンギョ(?) フグ、アラカブも。 ~阿久根市~ ネギ山盛ラーメン。 西郷どん面白そう、理由。 (2018/1/7)
2018年01月07日 (日)
大鈴のある箱崎八幡神社にお参り。 鈴って縁起がいいって云われるけど、何? クレインパーク。~出水市~ みんなで食事会。 (2018/1/6)
2018年01月06日 (土)
紫尾温泉神の湯は、ほんとうに神の湯。 源泉は神社の下に。 おみくじは大吉だったけど・・・、最後は。~さつま町~ 他 (2018/1/5)
2017年12月31日 (日)
今年の総集編(9月から12月まで) 黒岳・銀泉台の紅葉。 清水寺のライトアップ,他。~霧島市隼人にて~ よいお年を。 (2017/12/30)
2017年12月30日 (土)
今年の総集編(5月から8月まで) 佐渡島。 銀山温泉。 ハヤチネウスユキソウ。 エヌサカ線。~垂水町にて~ 他 (2017/12/29)
2017年12月29日 (金)
今年の総集編(1月から4月まで)。 両子寺の仁王像。 栗林公園の梅。 早咲きの桜を追って、他。~霧島市にて~ 他 (2017/12/28) 
2017年12月28日 (木)
隼人のAZで、年越しと北上の準備。 桜島が目の前に。 天気予報と外の気温が分かる器機を。~霧島市~ 他 (2017/12/27)
2017年12月23日 (土)
車の点検・整備を社長さんに。 指江港で釣り。 出水麓の税所邸の見学。 税所篤明、京都に向かう。~長島町・出水市~ 他 (2017/12/22)
2017年12月22日 (金)
長島の端っこへ。 石垣と花。 赤土のじゃがいも畑。 沖を通る豪華客船って? 藤原喜娘(きじょう)。~長島町~
2017年12月20日 (水)
出水麓公開武家屋敷、竹添邸。 郷士で上から2番目の年寄噯(あつかい)の家柄。 小松帯刀の像。~出水市~ 他 (2017/12/20)
2017年12月20日 (水)
キャンピングカー生活の寒さ対策。 石油ストーブで一変。 布団は? 電気は? その他。~阿久根市~ 他 (2017/12/19)
2017年12月19日 (火)
出水麓武家屋敷群を歩く。 薩摩藩の外城。 道の部分を掘り下げ、先人の想いが残る町なみ。~出水市~ 他 (2017/12/18)
2017年12月18日 (月)
日本マンダリンセンター。 温州みかんはどのように。 ソフトバンク選手による、ベースボール教室in NAGASHIMA。~長島町~ 他 (2017/12/17)
2017年12月17日 (日)
川内高城温泉は名湯百選。 昔懐かしい鄙(ひな)びた温泉地。 西郷さんが2期に渡りやって来た。~薩摩川内市~ 他 (2017/12/16)
2017年12月16日 (土)
長島ブーゲンビリアの丘は、今が花盛り。 2色咲分けのメアリーパーマー。 長島町の風景。~長島町~ 他 (2017/12/15)
2017年12月14日 (木)
出水市のツルは、今年も変わりなくやって来た。 15360羽。 カナダヅルは7羽、4羽見る。~出水市~ 他 (2017/12/14)
2017年01月05日 (木)
肥薩線の吉松駅から吉都線が分岐。 隣に真幸駅。 機関車の運転席。 吉松駅前温泉。~湧水町~ 他 (2017/1/4)
2017年01月04日 (水)
今後の旅のコース。 「おんな城主 直虎」が始まる。 ロシアフィギュア界に新星。 BSが映るように。~長島町~ 他 (2017/1/3)
2017年01月03日 (火)
紫尾神社でお参りし、紫尾温泉に。 あおし柿。 目で感じる匂い。 国道504を走ってみた。~さつま町~ 他 (2017/1/2)
次 >>
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。