FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

ほんとうは古処山に行きたかった。
さあ行くぞ。という時に雨が落ちてきた。
  ・  ・  ・  ・  ・
九州百名山の本を小倉で買った。
本州はクマだらけで、山に行くのが減った。
    ※ 山から出てくるのが増えた。 数も多くなった。

九州にはクマがいない。
山を歩いても気持ちが楽。

城下町の秋月を歩くことに。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

右上に古処山。  こしょさん。  秋月のお城は、ここにあったことが。
  ※ 地図の中央上に本覚寺。 その右に、登山者用パーキング。

s-19年12月3日 (2)    s-19年12月3日 (3)

本覚寺を過ぎて、この道を上がってきた。  右にパーキング。

s-19年12月3日 (6)    s-19年12月3日 (5)

地図。  道はどこまでもある。  頂上まで遠くない。

s-19年12月3日 (8)    s-19年12月3日 (9)

この道を行く。 車に戻って準備をしていたら雨。
20分ほど待ったけど、止まない。

今回は登山口と駐車場が分かっただけでいいことに。
これで、いつでも来れる。

s-19年12月3日 (7)

駐車場はどこにでも。 公共は400円。 他は300円。
バス通りから城への道に入った。

種痘(しゅとう)の父とある。  種痘は天然痘のワクチンですね。
ジェンナーの牛痘種痘が世界に広まる。 ※ 彼のは人でつくった種痘だった。

s-19年12月3日 (10)    s-19年12月3日 (11)

桜並木でしょうか。 右に博物館。  以前入っている。  記事で最後に紹介。
葛きりとある。 でんぷんを使うのかな。  右のような。 

 ※ 一句 「葛きり食べ 秋月で見る 秋の月」

s-19年12月3日 (12)    s-19年12月3日 (1)

気温は下がって、10度ちょっとか。  晩秋から冬へ。

s-19年12月3日 (13)

秋月は秋月氏が治めていた。
秀吉の時代に、高鍋藩に移される。 その後は、黒田氏が治める。 記事紹介で。

s-19年12月3日 (14)

秋月城跡。  瓦坂。

s-19年12月3日 (15)    s-19年12月3日 (16)

階段から入る。 江戸時代はずっと黒田氏ですね。

s-19年12月3日 (17)    s-19年12月3日 (18)(1)

鳥居からも上がれる。

s-19年12月3日 (19)

長屋門から入る。  左に中学校。

s-19年12月3日 (20)    s-19年12月3日 (21)

二の丸とか本丸は上に。

s-19年12月3日 (22)

上に来た。  顕彰碑なんかがあって。

s-DSCF4537.jpg     s-19年12月3日 (24)

神社の鳥居から下ってきた。 左を見た。  
いい感じの所があちこちに。 秋月の家並みの良さ。  

s-19年12月3日 (25)    s-19年12月3日 (26)

ここを下ってきた。

s-19年12月3日 (27)    s-19年12月3日 (28)

少し戻って、山の下に。

s-19年12月3日 (29)    s-19年12月3日 (30)

曲がって、こんな通り。 
子どもは家並みを見てもつまらない。

側溝を流れる水はきれい。  何かいないかなって見る。 
以前来た時も、ここで子供がカニを見つけて遊んでいた。

s-19年12月3日 (31)    s-19年12月3日 (32)

花が咲く季節はもっといい。

s-19年12月3日 (33)    s-19年12月3日 (34)

西念寺。 

s-19年12月3日 (35)

ある武士が出家して寺を始めた。
原采蘋(はらさいひん)という、漢詩人がいた。

彼女については、右のような本が。  
この近くのどこかに、彼女の像がある。  以前の記事に書いたので、最後に紹介。 

s-19年12月3日 (36)    s-19年12月3日 (4)

橋を渡る。  この川の源流は古処山に。

s-19年12月3日 (37)    s-19年12月3日 (38)

バス通りを戻っている。

s-19年12月3日 (39)

左にこの道。  今度来たら行ってみましょう。 

s-19年12月3日 (40)

秋月は、落ち着いた静かな城下町ですね。
トンネルが出来て、北から来るのが楽になった。(以前は大変)

※ 雨がまた降り出した。 降らなかったら、再度古処山に行くつもりだった。

【記事紹介】

   秋月は、山里の城下町。  秋月城跡。  日本最後の仇討、臼井六郎。~朝倉市~  他  (2014/3/25)
   高鍋藩秋月氏家老 黒水家住宅。 高鍋城址。 舞鶴神社、やぐら餅つき。~高鍋町~ 他 (2017/1/14)

【道の駅】    うきは

【明日の予定】    阿蘇まで途中寄りながら。  昼間は内陸走れそう。
               長島には12日か13日に。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.    

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



行ってないと思って行ったら、行っていた。
前回書かなかったことを書きたい。
  ・  ・  ・  ・  ・
大岩弘法院磨崖仏まで、道の駅から5㌔程。
張りきって歩き出した。

途中で雨。 雲の動きが激しい。
風もあるので戻った。

車で向かった。
見たことある風景だな。 そして、来ていたぞ、に。(調べてから行ったんだが)
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

田川がそばに。 青春の門の舞台でしたね。

s-19年12月2日 (2)

赤〇から印まで。   山が3つ。  一ノ岳は石灰岩を掘っている。

  ※ 余談    後で出てくることですが。

      天台宗の最澄が800年頃、海を渡って唐に行く。
      行く前、今の香春(かわら)神社にお参り。
      無事に行けたので、戻ってきたとき、お礼に下の地図の真行寺など6つの寺を建てた。
      それが今も残っている。 (このことを示す古文書があるので、だいじょうぶかな)

s-888pppp888.jpg      s-19年12月2日 (4)

黄色〇に摩崖仏。  一の岳は今も石灰岩を掘っている。 二ノ岳からみたらこう。(以前撮影)

s-19年12月2日 (1)ppp 

道の駅、香春。   道の駅周辺は歩けるので好き。

  ※ 自分に一番好きな道の駅は、四国の高松市の塩江(しおのえ)温泉。
    周辺は里山。  歩いて楽しい。

    朝からやってる食堂も。 安くて美味しいラーメン。 ついでに朝からビール。
    温泉に入ってのんびり。 午後から散歩。 極楽の一日。 毎年春に寄る。    

s-19年12月2日 (5)

高速の工事が。 中央向こうに古墳。 そこに鏡山神社。  それでここの地名は、鏡山。
左の山は香春岳の一ノ岳。  上が平ら。   昔はまるかった。  右は二ノ岳。

さあ出発。

s-19年12月2日 (6)

二ノ岳と、右奥に三ノ岳。
   香春岳は石灰岩の山だった(三ノ岳・二ノ岳に登る)~香春町~  ひと足遅れの春(とんぼちゃん)  他  (2012/4/14)

s-19年12月2日 (7)

国道に歩道が無くなって、この道を行く。
鉄道は、日田彦山線。   小倉と日田の間を。

s-19年12月2日 (8)

目的地は山の向こう。  ぐるっと周って。

s-19年12月2日 (9)

秋のいい風景。 

s-19年12月2日 (10)

少し前から、時々雨。  風があって小さな傘が裏返しに。
戻っている。   列車が通った。 

s-19年12月2日 (11)    s-19年12月2日 (12)

車で出直した。 ここに車が置けた。 見た風景だなって。  摩崖仏は正面の森に中に。

s-19年12月2日 (13)

向こうの道からも行ける。 でも、すぐ左の右写真を行く。(スマホの地図を見ている)

s-19年12月2日 (14)    s-19年12月2日 (15)

真ん中は二ノ岳。 ※ 登山道は、左から二ノ岳と三ノ岳の間にまず上る。

s-19年12月2日 (16)

大岩弘法院に着いた。  弘法院だから真言宗ですね。

   ※ 写真には写ってないが、犬を放し飼い。 中くらいの大きな。
     吠えて寄って来る。 こういう時のために、丈夫なステッキを持っている。

     恐ろしくはないけど、放し飼いは困ったこと。
     犬と話しながら左上に上がった。  犬は一度下がったけど、付いてきた。

s-19年12月2日 (29)    s-19年12月2日 (17)

一番上にあがったら、下が見えた。

s-19年12月2日 (18)    s-19年12月2日 (19)

戻って向こうに。

s-19年12月2日 (20)

小さな本堂に出た。  記憶がすっかり戻った。

s-19年12月2日 (21)    s-19年12月2日 (22)

上に見えるのが摩崖仏。 大岩弘法院磨崖仏。  規模としては小さいでしょうか。

s-19年12月2日 (23)

最澄のことが書いてある。 この寺との関係があるのかと思ったけど、ない。
この地域のことを書いている。

  ※ 上を調べていたら、香春の地名について分かった。(あるサイトで)

    『豊前国風土記』に
    昔、新羅国の神が渡ってきて、この河原に住む。名づけて鹿春の神と申す。
    鹿春が今の香春に変わって行く。

像の意味については前回の記事に書いたので省略。  ※ 最後に記事紹介。

s-19年12月2日 (24)    s-19年12月2日 (25)

行かなかったけど、上にあがっていける。 道らしいのがあって。
1年あれば彫れるのでしょうか。 立体的でないから・・。

s-19年12月2日 (26)    s-19年12月2日 (27)

本堂。  狭いトンネルがあるけど行かなかった。

s-19年12月2日 (28)

戻る。  一ノ岳。  二ノ岳、三ノ岳。

s-19年12月2日 (30)    s-19年12月2日 (31)

振り返ると。

s-19年12月2日 (32)    s-19年12月2日 (33)

こんな道を。

s-19年12月2日 (34)

あの摩崖仏を彫る時、地域の人の願いは入っていたのでしょうか。
石仏の役割が、願いだったんでしょうか。

それを考えるのを忘れていました。

【記事紹介】

   大岩弘法院磨崖仏は香春岳の裏側に。 3つの像と2つの梵字。 大岩の下に洞窟も。~香春町~ 他 (2016/2/6)
   香春町(かわらまち)を歩く ~呉川眼鏡橋 呉姫の墓 鏡が池~  織江の唄(山崎ハコ)  他  (2012/4/11)

【道の駅】    うすい (嘉麻市)

【明日の予定】    秋月に古処山って山がある。 そこに。

                ※ 九州の内陸を南に下りたい。 阿蘇まで。
                   急に寒くなって、山の中はマイナスの気温に。 夜は。
                   久留米の方に出てしまうか検討中。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.        

スポンサードリンク

 
 

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。