FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

小野小町の名が、温泉街のあちこちに。
小町で活性化を図って。
  ・  ・  ・  ・  ・
浴衣を着てそぞろ歩けるのは楽しい。
夏にはホタルを見て。

共同湯があるから、日帰りでもいい。
湯量が豊富。 そんな温泉地。
   ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

赤〇に駐車場。 どこにでも停められる感じ。

s-19年9月28日 (2)    s-19年9月28日 (1)

米沢市の奥座敷。   すぐ先を右に入っても駐車場が。

s-19年9月28日 (4)    s-19年9月28日 (5)

駐車場に足湯。 飲湯。  小町とある。 伝説ですが、彼女の開湯。
この場所の道を挟んだ向かいに、共同湯滝の湯。 最後に。

s-19年9月28日 (7)    s-19年9月28日 (6)

観光案内所で散歩地図が欲しかった。 なかった。
片葉の葦(あし)とある。

  ※ 米沢市の北の高畠町に、片葉の葦の池が。
    いろんな伝説で片葉の葦の話が生まれる。

    惚れた人にいい返事がもらえない。
    男は、女の人の手と足を片方ずつ切り落として池に。
    そこの池の葦は片方にしか葉が生えなくなった。  こんな風に。s-ggfgtttt.jpg
    
この奥に共同湯尼湯がある。

s-19年9月28日 (9)    s-19年9月28日 (8)

今日明日、米沢で秋祭り。
なせばなる~と言ったのは、米沢藩主上杉鷹山(ようざん)ですね。 江戸時代の中頃。

 ※ 上杉景勝は江戸時代の初めでしたね。 彼はその前は会津。 

こんな旅館に泊まったことない。  銀山温泉はこんなのばかり。
    大正ロマン漂い、そぞろ歩きの似合う銀山温泉。 「銀の光にみちびかれ 山の地に存す」~尾花沢市~ 他 (2017/6/6)

s-19年9月28日 (10)    s-19年9月28日 (11)

尼湯。   歌碑がある。

s-19年9月28日 (12)

この人、泣いた赤鬼で知られる。
  「旅の芭蕉さま  世が二度あらば  ござれ小野川 湯の宿へ」

世が二度とは、再びこの世にいたらの意味か。
    高畠町に浜田廣介記念館がある。  「泣いた赤鬼」  この世の鬼って何?  他 (2009年2月3日)

s-19年9月28日 (13)    s-19年9月28日 (14)

一番奥に来た。

s-19年9月28日 (15)    s-19年9月28日 (18)

戻って川への道。 薬師堂。

s-19年9月28日 (19)

小町が休んだ石。

s-19年9月28日 (16)    s-19年9月28日 (17)

橋を渡ってホタル公園に来た。  露天風呂の温泉も。

  ※ 説明に短い命を楽しむように・・とある。
    ホタルに対しての思いがさらっとしている。 けん命に生きている姿が表現できたらいい。

s-19年9月28日 (21)(1)    s-19年9月28日 (20)

戻る途中道端にこの説明。 上杉鷹山が温泉の湯で塩を作った。

s-19年9月28日 (22)

山の方に来た。 奥に寺が。 碑がある。  右は何の像だろうと思った。
晩に写真を見て分かった。  役行者(えんのぎょうじゃ)。 
山岳宗教の修験道の祖でしょうか。 向かって左手に、錫杖(しゃくじょう)を持って。

  ※ 自分は草木塔(そうもくとう)を探していた。
    米沢地方は、草木塔のふるさとと呼ばれる。 見つからない。

s-19年9月28日 (23)    s-19年9月28日 (24)

道を上がって甲子(きのえね)大黒天本山。  ※ 甲子の年月日時間には、大黒さんを祭るので、甲子が。
説明に小町のことが。  ちゃんと読まなかった。

s-19年9月28日 (25)    s-19年9月28日 (26)

向こうから上がってきた。

   ※ この寺にある仏像のいくつかは、湯殿山から来た。
     湯殿山が廃仏毀釈で神社になったときに。

下に温泉街。

s-19年9月28日 (29)    s-19年9月28日 (27)

隣に観音堂。

s-19年9月28日 (28)

小町の居所後は観音堂の上の方にあった。
また、草木塔もそっちに。 草木供養塔とある。 自然保護の原点はこの地方に生まれた。

   ※ 余談 右写真の養が変わった寺に。 養の上の部分が左に、下の部分を右に書いている。 たまに見る。
   ※ 小町のは米沢市のHPから。 草木塔は、なあまず日記からお借り。

   ※ 余談 山頭火の句集に草木塔があります。 その中に有名な下の句が。
          「分け入つても 分け入つても 青い山」

s-19年9月28日 (36)    s-19年9月28日 (3)

温泉街の右方面。

s-19年9月28日 (30)

山を下りて滝の湯に。  250円。  管理人はいない。

s-19年9月28日 (31)

誰もいなかった。  こんなの大好き。  湯船の横で洗う。  シャワーとか使わない。
大量に源泉が注いでいる。 ちょろちょろはダメ。  今年一番の温泉。

s-19年9月28日 (32)    s-19年9月28日 (33)

戻っている。  米沢ラーメンはがまん。
手長足長の絵。 このお話は各地に。   飛騨高山の橋に、こんなの

s-19年9月28日 (34)    s-19年9月28日 (35)

いい温泉に入って満足。

【記事紹介】

   上杉神社  直江兼続の墓  笹野観音 ~米沢市~  他  (2011/10/21)
   大井沢を歩く。 大日寺跡、湯殿山神社。 自然博物館・自然と匠の伝承館。 女医、志田周子。~西山町~ 他 (2017/5/31)

【道の駅】      喜多の郷 (福島県喜多方市)

【明日の予定】   喜多方市でしょうか。 蔵とラーメンの町。
           信州須坂に入るのは10月18日。 
             途中、奥秩父を通ると決めています。 

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



山形県北村山郡楯岡町大字4853番地。 曾祖父の住所。
この夏仏壇から見つかった古い戸籍謄本にあった。
  ・  ・  ・  ・  ・
楯岡町は1954年に他の5つの村と合併して、村山市に。
村山市楯岡の住所で残っている。

村山駅は以前楯岡駅だった。
駅で、情報を集めた。

楯岡には、東沢バラ公園がある。
何度も来ていた。
   ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

この一帯が村山市楯岡(たておか)。 楯岡町時代の中心地。 村山市の中心地でも。
曾祖父の伝助という人は、宮大工だった。

農家ではなかったから、この地図のどこかにいたのかなって。
おじいちゃんが北海道に来る。

s-19年9月27日 (2)(1)    s-19年9月27日 (1)

道の駅むらやまに停泊していた。 国道の両側に駐車場。
道の駅としてつくった大きな道の駅。   何度も利用している。   ここも楯岡。

s-19年9月27日 (9)    s-19年9月27日 (7)

向こうに中心街。 左の小さな山は楯山。 昔城があった。  その麓なので楯岡。
山の向こうに、東沢バラ公園。  東北最大。  3回ほど見学している。   秋のバラの季節。

s-19年9月27日 (8)    s-19年9月27日 (10)

左に楯山。  右に行って駅だったが駐車場が狭かった。

s-19年9月27日 (11)

反対側の西口に来た。  ヨサコイの像がある。

   ※ 1800年頃、エゾ(北海道)を探検した人がいた。 最上徳内。
     拠点を厚岸(あっけし)に置いた。 今は厚岸と姉妹都市。

     厚岸には厚岸囃子(あっけしばやし)という踊りがあった。
     今は、村山囃子として広まっている。 ヨサコイの感じで。

   ※ 左の像の表情は、過去に見ている。 作者名を撮らなかった。 いつか。

よぐ来てけだにゃ~。 ムララちゃん。

s-19年9月27日 (12)    s-19年9月27日 (13)

西側の風景。   国道13。  バイパス。

s-19年9月27日 (14)

新しい駅の改札口は、2階にあることが多い。   奥羽本線。  山形新幹線も。(新庄駅まで)

s-19年9月27日 (15)    s-19年9月27日 (16)

改札口。

s-19年9月27日 (17)    s-19年9月27日 (18)

大きなわらじだ。

s-19年9月27日 (19)

浅草の浅草寺に奉納されている。  知らなかった。   本物の3分の2。
右写真のに、村山市と見える。  行ってみたい。(はるか昔に一度だけ)

s-19年9月27日 (20)    s-19年9月27日 (29)

東沢バラ公園。

s-19年9月27日 (21)    s-19年9月27日 (28)

以前の写真です。  

s-19年9月27日 (4)    s-19年9月27日 (5)   s-19年9月27日 (6)

東側。  市街地方面。   バラ公園には真っ直ぐ行って左に。  左の楯山のかげ。
曾祖父の伝助さんは、こっちの方に住んでいたでしょうね。

s-19年9月27日 (22)

駅の説明があった。 元々は楯山駅。 新幹線が通る時に、村山駅に変更。

s-19年9月27日 (23)    s-19年9月27日 (24)

こんなポスター。   出羽三山の精進料理。  中心地は羽黒山。

s-19年9月27日 (25)    s-19年9月27日 (3)

電車が来た。   向こうは天童市、そして山形市。   正面遠くに山寺。

s-19年9月27日 (26)

芭蕉はここを下ってはいないのかな。 危険??  奥の細道には出てくる。

s-19年9月27日 (27)

この人が最上徳内。 樺太にも千島にも行っている。  北海道には7回ほど。
  ※ 松浦武四郎はこの人の50年後。 幕末に。

s-19年9月27日 (30)

真っ直ぐ行ってバラ公園。

s-19年9月27日 (31)

左に曲がって、旧国道13。

s-19年9月27日 (32)

自分のルーツは村山市楯岡と知って、行ってみました。
来年、またバラを見に来ましょう。

【記事紹介】

   今年もまた東沢バラ公園を。 ちょうど今が満開。 バラ祭りで多くの人が。~村山市~ 他 (2018/6/9)
   東沢バラ公園は、暑さで一気に満開に向かう。 花に埋もれる人々。 どの花も新鮮。~村山市~ 今後のコース。 (2017/6/9) 

   立石寺は1015段の石段を登って奥の院に。 3回に挑戦。 セミはまだ鳴いてない。 最上義光公御霊屋。~山形市~ 他 (2018/6/8) 

【道の駅】     天童

【明日の予定】    南に走って、小野川温泉。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。