FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

※ 暖かい一日。 臼杵川を渡ってると、風が心地いい。 上着を脱いだ。 
  風邪を引いたみたい。  時々起きて作業。  時間かかります。
   ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・
「春は名~のみ~の風の寒さよ~♬」で始まる早春賦。
臼杵川を渡ると、その風が吹き抜けた。 (作詞者の家は近い)
  ・  ・  ・  ・  ・  ・
「臼杵川を渡れば」の歌がある。
今回の旅では、その風景を撮ることを目的に。

以前来てるけど、全体の写真の撮り直しも。
暑かったり寒かったり大変。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

臼杵市は、臼杵石仏で知られる。
   国宝 臼杵石仏は、 岩から飛び出した、優れた磨崖仏群。~臼杵市~  他  (2014/3/30)

s-19年3月5日 (2)    s-19年3月5日 (1)

車は観光交流プラザに。 地図をいただいた。  左回り。 左下に行って戻る。

s-19年3月5日 (6)    s-19年3月5日 (3)

臼杵城跡。  建物が2つ残っている。 最後に行く。

s-19年3月5日 (7)

稲葉家下屋敷。  稲葉氏は江戸時代の260年間、臼杵藩を治める。 
江戸での勤めが多かった。  身内から家光の乳母の春日局(かすがのつぼね)を出している。 
このことが大きかったですね。  戻った時は、ここに住んだ。

  ※ 野球の稲葉は、愛知県北部の人。 稲葉氏は、岐阜県南部の美濃の人。
    先祖に接点があるかも知れませんね。 彼なら家臣から信頼され、いい殿様になりそう。

s-19年3月5日 (8)    s-19年3月5日 (11)

錦鯉がいた。

s-19年3月5日 (9)    s-19年3月5日 (10)

八坂神社に寄ったりして、臼杵川に出た。 中州に、フンドーキン醤油の会社。 中州全体に。
ここの麦みそが好き。   ※ 一緒に山に登った諫早のKさんの家で初めて食べた。

s-19年3月5日 (12)    s-19年3月5日 (13)

川から離れて。 白壁の家。  作家の野上弥生子(やえこ)の生家があった。

s-19年3月5日 (14)    s-19年3月5日 (15)

久家の大蔵。  うすき紙雛。  質素倹約のため昔から。

s-19年3月5日 (16)    s-19年3月5日 (17)

以前来た時、この猫ちゃんがいた。 今回はいなかった。 今まで出会った猫で一番めんこい。
はじめ機嫌よく舌をペロペロしていた。 そんなとこにいていいのかって言ったら、かたまった。

s-19年3月5日 (4)    s-19年3月5日 (5)

中州に行く橋から。  家並みの中は暑く上着を脱いでいた。
春は名のみの風の寒さよを、忘れていた。  風が心地よかった。

この3年ほど風邪は引いていない。 自分は大したもんだと思っていた。
それが悪かった。  晩に寒気がして布団にもぐった。

中州にあった住吉神社の梅。

s-19年3月5日 (18)    s-19年3月5日 (21)

古い建物。 見学できるのかなと思ったけど、人がいなかった。 今日の歌は、ここのCM。

s-19年3月5日 (19)    s-19年3月5日 (20)

上流方向。   ずっと下って下流を。  臼杵川は途中で別れる。 会社の向こうで一緒に。

s-19年3月5日 (22)    s-19年3月5日 (23)

橋の袂の近くに、吉丸一昌(かずまさ)記念館。  前回来た時に見た。 右写真はパンフレット。
写真が撮れるなら、入りたいんですが。

早春賦の作詞者で知られる人。

s-19年3月5日 (24)    s-19年3月5日 (25)    s-19年3月5日 (50)

※ 余談 4月になったら転勤の季節。
     新しい職場に行ったら、この歌を思い出すといい。

     調子に乗ってすぐに鳴きだしたら、なんだこいつと思われる。
     周りを見て、自分の意見を言う(鳴く)ときを見極める。

     前の職場でうまくいってなかった者ほど、すぐに鳴きたがる。
     ウグイスのように、今を待つ。

龍原寺三重塔。  江戸時代。 九州に古い塔は少ない。
五重塔よりバランスが難しいですね。
s-19年3月5日 (27)    s-19年3月5日 (28)

黄色の現在地に来た。

s-19年3月5日 (29)

切通が続く。  明石原人を発見した人の生家。  昔昔、読んだ。

s-19年3月5日 (30)    s-19年3月5日 (31)

上がって右方向。 坂道は大変だけど、美しい。

s-DSCF1285mmbbpp.jpg     s-19年3月5日 (33)

そばにこの家。 見学できた。

s-19年3月5日 (34)    s-19年3月5日 (37)

2階から見た道。

s-19年3月5日 (36)    s-19年3月5日 (35)

最後にこんな所に入った。 造船の資料が。  ※ 臼杵市には臼杵造船所があってフェリーを造っている。

s-19年3月5日 (38)    s-19年3月5日 (39)

臼杵城跡に上がってきた。  今日は人が少ない。 道には人がいた方がいい。
手前、大門櫓。  右側は二重櫓。 残って現存。

s-19年3月5日 (49)    s-19年3月5日 (48)

昔は島だった。

s-19年3月5日 (40)    s-19年3月5日 (41)

大友宗麟。 今、仏教関係者はこの人をどう思っているのでしょう。 昔焼かれたから。
この人の息子がちゃんとしてたら、臼杵藩主になれた。
             (朝鮮出兵で小西行長が孤立してたのに、助けなかった。 秀吉の逆鱗に触れる。 改易)

s-19年3月5日 (42)    s-19年3月5日 (43)

石垣はちゃんと残っている。
右写真、珍しい橋。  手前の橋の左部分。   別の石が出ていて、支えている。

その石は、刎(は)ね上がるように出ている。 石橋の刎橋(はねはし)は初めて見る。
※ 木造の刎橋は右のだけ。 山梨県大月市にある猿橋。 昔黒部市に愛本刎橋があった

s-19年3月5日 (44)    s-19年3月5日 (45)

向こうを歩いた。 三重塔の上が、遠く中央右に。  右写真は、稲葉家下屋敷とフンドーキン。

s-19年3月5日 (46)    s-19年3月5日 (47)

今回の九州の旅は、臼杵川を渡ってから、四国に行くと決めていました。
臼杵は見所の多い所ですね。

【今日の歌】  ひ・ま・わ・り 臼杵川を渡れば
            ※ 歌詞が面白い。 今日歩いていて、自分の子供の頃に出会えたら完ぺきでした。             



フンドーキン 臼杵川を渡れば 歌:ひまわり    美保純ですね。



【記事の紹介】

   風連鍾乳洞は鍾乳石が美しい。 奥に大きな部屋。 環境が・・。~臼杵市~ 大迫磨崖仏。 河屋橋。 (2018/2/5)

【停泊場所】    佐賀関港

【明日の予定】     四国に

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



半島は、文字通り半分島の感じ。
道を行くより船で行く方が、早い時がある。
  ・  ・  ・  ・  ・
長目半島に行ったら、大分県の半島は終了。
全部行ったことに。

見所ははっきりしない。
心のアンテナを伸ばして、探さなければならない。

見つけることは出来るでしょうか。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印は、道の終点の泊ヶ内(とまりがうち)漁港。   津久見港から向かった。
県道217を通って、半島の北の道を。

s-19年3月4日 (2)    s-19年3月4日 (1)

赤〇から下に道があるけど、不安でやめた。

s-19年3月4日 (3)ppp    s-19年3月4日 (4)

半島の根元を山越え。 県道217。

s-19年3月4日 (31)

アナグマがいた。 いつも下を向いて歩いているから分かりやすい。
※ タヌキの顔は黒い。まるい。 落ち着きない。

s-19年3月4日 (32)    s-19年3月4日 (33)

港では釣り。  天気がいい。

s-19年3月4日 (5)    s-19年3月4日 (6)

集落の中を細い道。 戻るとき、ここでバスト鉢合わせ。 自分が下がった。
※ スクールバス兼用のバスだったよう。  半島に2つあった小学校は今はない。(お店で聞いた)

s-19年3月4日 (34)

佐田岬半島、そして佐田岬灯台。  臼杵(うすき)港から八幡浜港へのフェリー。  3時過ぎ。
   
   日本一細い半島、佐田岬半島 ~伊方町~  明日、九州へ  他  (2011/3/7)
   臼杵港から四国の八幡浜港へ渡る  明後日、石鎚山へ   他  (2011/5/23)

s-19年3月4日 (7)    s-19年3月4日 (8)

下に深江港。  帰りに寄ったけど、今紹介。

s-19年3月4日 (9)

半島の港に、大きな船はない。

s-19年3月4日 (23)    s-19年3月4日 (28)

神社があった。   金刀比羅神社だったかな。
右に小さな祠。  地蔵さんが石龕(せきがん)の中に。 それで、石龕仏。  久しぶりに見る。

   ※ 龕は棺桶の意味。 意味が広がって、仏像を入れたりも。 

s-19年3月4日 (24)    s-19年3月4日 (25)

こっちにも。 中は、弁天様のよう。 港に多い。 海を向いて。

s-19年3月4日 (26)    s-19年3月4日 (27)

しばらく走って、道の終点に。 泊ヶ内(とまりがうち)地区。 漁港。

s-19年3月4日 (35)

山の斜面に集落。

s-19年3月4日 (10)    s-19年3月4日 (11)

泊ヶ内漁港。

s-19年3月4日 (12)    s-19年3月4日 (13)

石垣の塀。  他でも見た。 風よけ。  鏝絵(こてえ)の家紋。 

s-19年3月4日 (14)    s-19年3月4日 (21)

階段になっている。 雁木(がんぎ)と呼ばれますね。 干満の差が大きい瀬戸内に多い。

s-19年3月4日 (15)    s-19年3月4日 (16)

家並みの上に、反対側に行く道が。 新しく作られた。
陸の孤島になったときのために。 乗用車なら普通に通れると、あとで知った。

フィッシングボート(プレジャーボート)。 真ん中にお洒落なのが。

s-19年3月4日 (17)    s-19年3月4日 (18)

自分のアンテナが短くて、色々発見できない。
今日は、このボートについて調べてみる。  こんなの調べるの初めて。

釣りとあるから釣り客を載せられますね。
講習を受けて資格を取る必要があるよう。

他の船は全部、ヤマハの船外機。 これはトーハツ。 馬力は90馬力。
これだけ分かれば調べられそう。

s-19年3月4日 (19)aaaaa      s-19年3月4日 (20)

船は、トーハツ【TFW-25R】だった。(長さが25フィート)
小型だけどオプションでトイレを付けられる。

持ち主の人は、それがあるからこれにしたのか。
女性や家族だって乗れる。

いい動画があった。

トーハツ【TFW-25R】 釣女・まぁぼうが紹介



下は、メーカーが作った動画。 現在の値段は、約300万円。

プロダクトムービー TFW-25R



船釣りは自分は酔う。 それが大変。 糸が絡まったりして解いていたら直ぐだ。 根室時代何度も。

※ 詳しくは   私のフィッシングボートTFW-25Rのご紹介(1)
          私のフィッシングボートTFW-25Rのご紹介(2)

戻る。  養殖だろうか。 生簀(いけす)がある。 遠くに、佐田岬半島。

s-19年3月4日 (22)    s-19年3月4日 (36)

半島の付け根にある、風成(かざなし)港。  ここに停泊。  
小さなお店で買い物。 おまけしてくれた。 こんな経験ずっとない。

s-19年3月4日 (29)

九州の見学はあと1日。
明日臼杵の町並みを見て、明後日佐賀関から四国に渡ります。

【今日の歌】   すぎもとまさ・KANA  時間よ止まれ
                 ※ 作詞は岡田冨美子。  桂銀淑のベサメムーチョ(Bésame mucho)も彼女の作詞です。



【停泊場所】    風成(かざなし)港。

【明日の予定】    臼杵の町を。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、11回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。