キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

偕楽(かいらく)園は、昔から、日本3名園の1つに。
他の2つは、岡山市の後楽園、金沢市の兼六園。

偕楽園は日本庭園。
ところが、その周りも広く公園。
偕楽園公園。

広すぎて、どこまでか、分からない。
都市公園としては、世界で2番目の広さだそう。

偕楽園は、江戸時代の終わる少し前に、造られた。
「領民と偕(とも)に楽しむ場」が、造る目的の1つ。

それがあるために、入園料は無料。
有料の駐車場も、安い。
他、何でも安い。

好文亭と云う別荘があり、見学した。

水戸藩は、黄門様がいたり、徳川慶喜を出したりする。
桜田門外の変を起こすのも、水戸藩。

他の藩と、何かが違ったのでしょうか。

※ 余談 右のタイトル一覧表を、数日前から整備しています。 
     全部載せるのに、1ヶ月はかかるでしょうか。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

水戸に、茨城県の県庁がある。

s-15年7月23日 (46) s-15年7月23日 (47) 

赤〇に車を置いて、歩く。  この辺一帯が、偕楽園公園。
池のようだけど、千波湖(せんばこ)。

s-15年7月23日 (48)gggg 

正面向こうの、高い所に、偕楽園。

s-15年7月23日 (1)

白鳥がいる。

s-15年7月23日 (2)    s-15年7月23日 (3)

黄門様。   水戸光圀。

水戸藩の藩主は、家康の子供がなる。  11男の頼房。
頼房の3男が光圀で、後を継ぐ。

長男の頼重は、高松藩の初代藩主になる。
       高松藩主の菩提寺、仏生山来迎院、法然寺。  釈迦涅槃像、脱衣婆像、十王像。~高松市~  他  (2012/12/23)

水戸藩は、徳川御三家で、参勤交代はない。  (御三家、他は尾張・紀伊)

s-15年7月23日 (4)    s-15年7月23日 (5)

徳川慶喜の子供の頃。   最後の将軍になる。  苦労する。   なりたくなかった、という声も。

s-15年7月23日 (6)

国道を渡る、歩道橋。

橋を渡ったら、大日本史の碑。   黄門様が始めた。  歴史書。

s-15年7月23日 (7)    s-15年7月23日 (8)

ここから入る。  無料。   ※ 岡山も金沢も、有料。
昔の考えを、今も。

s-15年7月23日 (9)

梅の時期が、賑わうよう。  丘の上なので、あちこちに池はない。

s-15年7月23日 (10)    s-15年7月23日 (11)

丘が少し出ている。   見晴らしがいい。

s-15年7月23日 (12)    s-15年7月23日 (13)

左に、好文亭がある。  別荘。  火事で焼けて、昭和47年に復元。

s-15年7月23日 (14)    s-15年7月23日 (15)

200円で見学できる。   安い。

s-15年7月23日 (16)

暑い夏でも、涼しさを感じる。

s-15年7月23日 (17)

藩主夫人は、ここで休憩。

s-15年7月23日 (18)    s-15年7月23日 (19)

女中の控えの間。  別荘に来て、何して楽しむのでしょう。  お茶か。   文化っぽい何かも。 

s-15年7月23日 (20)    s-15年7月23日 (21)

小さな雑草1本無い。   そんな手入れ。 

s-15年7月23日 (22)

自分は、縁側のある家に住んだことがない。

s-15年7月23日 (23)

ここは、一番の客間。

s-15年7月23日 (24)    s-15年7月23日 (25)

大正天皇が、皇太子の時に来ている。 23歳。
彼は、病弱で苦労する。

   ※ 明治天皇の子供は、みんな亡くなっていく。
     原因は、女性の化粧に、鉛や水銀が使われていたからと、考えられている。

白秋の短歌が。  晩年ですね。  

s-15年7月23日 (26)    s-15年7月23日 (27)

藩主夫人にしても、皇室の方々にしても、贅沢できることを、どう思っていたのでしょう。

s-15年7月23日 (28)

黄門様の話は、当然ですが、つくられた話ですね。
漫遊記のように、歩き周っていない。

s-15年7月23日 (29)

萩の間。  桜の間。

s-15年7月23日 (30)    s-15年7月23日 (31)

偕楽園は、明治の中頃から、水戸市の管理になる。 

s-15年7月23日 (32)

庭には入れない。   見るだけ。

s-15年7月23日 (33)

階段を上がった所に、武者控えの間。   どこまでも続く庭。

s-15年7月23日 (34)    s-15年7月23日 (35)

屋根には、いろんな葺き方が。  写真、左下は、杮葺(こけらぶ)き。  板葺きの感じ。 
    ※ 杮(こけら)は、柿(かき)ににてるけど、違うんですね。15031302.jpg

s-15年7月23日 (36)    s-15年7月23日 (37)

外にある、休憩場所か。

s-15年7月23日 (38)

戻る途中に、原市之進の顕彰碑。  慶喜に仕え出世したけど、ねたまれた。
殺される。
    ※ 日本の社会は、今でも、妬みの社会か。   足の引っ張り合い。

s-15年7月23日 (39)    s-15年7月23日 (40)

常磐(ときわ)神社。    黄門様と、慶喜の父が、祭神。

s-15年7月23日 (41)    s-15年7月23日 (42)

世界遺産を夢見ている。

s-15年7月23日 (43)    s-15年7月23日 (44)

白鳥は真夏に日本にいて、大丈夫なのか。

s-15年7月23日 (45)

歴史遺産は、偕楽園のように、誰もが行けるのがいいですね。
無料が何より。

今回行かなかったけど、藩校弘道館がある。
ここで学んだ者たちが、幕末に、歴史を動かそうとした。

関鉄之介は、桜田門外の変の、現場の実行責任者。
水戸には、彼の墓もあるので、また来ます。

【今日の一句】   「 関鉄之介  最後の夢は  北海道に 」

                                関川村には、あったかい空気が流れていた。 ここは、関鉄之介の潜伏地だった。 ~新潟県と山形県の県境~  (2010/10/12)

【ブログ紹介】   関鉄之介は、新潟の関川村に行く前、袋田の滝に寄っている。  滝の近くに、潜伏。
         密告した者がいて、関川村で、捕まった。  あと少しだったのに。

           袋田の滝  月待の滝  雲巌寺 ~大子町  大田原市~   他  (2010/7/15)

【今日の歌】    Alan 「悲しみは雪に眠る」 (映画 「桜田門外ノ変」 主題歌)



※ クリックしたら、YouTubeに。 面白いですよ。 
      水戸藩士の中に、薩摩藩士が1人いる。 その男が、キエ~~って、井伊直弼の首を落とす。
      薬丸自顕流の剣。  叩き斬る感じ。   タレントの薬丸裕英は、薬丸氏の末裔のよう。
            下に、少し書いている。 
               吾平山上陵(あいらさんりょう)  圧倒的な本数の、くにの松原 ~鹿屋市・大崎町~  雨に消えたあなた  他  (2012/3/12) 

sakurada.jpg 

※ 旅に出て、映画館で観た映画は、2つだけ。
  上のと、チェ・ゲバラ。

【関連ブログ】  岡山 後楽園 ~日本三名園の一つ~   他  (2009/12/7)

         金沢兼六園   加賀一向一揆最後の砦~鳥越   他   (4月11日)

【無料駐車場】  最初の地図の、赤〇。  他にもある。

【道の駅】  23日。  たまかわ

s-15年7月23日 (49)

【24日の予定】    北上とブログの整理。

【24日の停泊場所】    あだたら高原スキー場の、駐車場。   上は見えてない。

P5850551mmmmkpp

tizu7778_2015072419391518f.jpg  tizu8889_2015072419391298c.jpg

【25日の予定】      安達太良山に登る。    天気は、大丈夫のよう。   
               元気があれば、ゴンドラリフトを使わないで。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行3位。 旅行全体で、4位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト
東京の東に、大きな神社が3つ。
鹿島神宮、香取神宮、息栖(いきす)神社。

その1つ、鹿島神宮に。

潮来の見学が終わっていて、明日は雨の予報だった。
それで、今日は、2つ見学することに。
  (※ 実際は、次の日の23日は雨が降らず、水戸の偕楽園を見学する)

境内が広く、ずいぶんと歩いた。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

茨城県に入っている。

s-15年7月22日の2 (43)    s-15年7月22日の2 (44)

現在地から歩く。   城山公園を通って行く。

s-15年7月22日の2 (1)

北浦が見えている。   広く一帯が、霞ヶ浦。

城山公園には、昔、鹿島城があった。

s-15年7月22日の2 (2) s-15年7月22日の2 (3)  

佐竹氏に滅ぼされたとある。
角館の町並みは、秋田に行った、佐竹氏がつくった。

※ みちのくの小京都、角館。  しだれ桜の、武家屋敷通り。~仙北市角館町~ 他 (2013/7/11)

10分ほど歩いたら、着いた。   大きな鳥居。

s-15年7月22日の2 (4)

案内図に、東神門がある。   でも、実際はなかった。   倒木で全壊したと、後で分かった。

昔ここは、常陸(ひたち)の国。  鹿島神宮は、そこの、中心の神社。

s-15年7月22日の2 (5)ppp     s-15年7月22日の2 (6)

立派な楼門。   重要文化財。 日本三大楼門だそう。  
       ※ 他は、福岡市の筥崎宮。  それと、阿蘇神社の楼門。(2010年)

s-15年7月22日の2 (7)    s-15年7月22日の2 (8)

随身像。   神様を守る。

s-15年7月22日の2 (9)

拝殿。   後に本殿。   秀忠の時代の物。   重要文化財。

s-15年7月22日の2 (12)    s-15年7月22日の2 (10)   
左は、仮殿。  本殿に神様を置けない時、ここに。

s-15年7月22日の2 (11)

後に、本殿。  日光っぽい。

s-15年7月22日の2 (13)    s-15年7月22日の2 (14)

徳川の色の使い方でしょうか。

s-15年7月22日の2 (15)    s-15年7月22日の2 (16)

案内板。   現在地の所に、東神門はあった。   奥の要石まで行ってくる。

s-15年7月22日の2 (18)    s-15年7月22日の2 (17)

古代から続く、神社の森。   人が小さい。

s-15年7月22日の2 (19)

塚原卜伝は、ここの人だった。   初めて知る。
真剣で多くの戦いをした。
でも一度もケガをしていないと、説明に。   剣聖。
s-15年7月22日の2 (20)    s-15年7月22日の2 (21)




歩くのを楽しんでいる。

s-15年7月22日の2 (22)

鹿は神様の使い。  
  
  ※ 奈良公園の鹿は、春日大社があるから、いるんですね。
    東大寺があるからでは、ないよう。
    鹿が、仏の使いとは、聞いたことがない。

大事にされている。

s-15年7月22日の2 (23)    s-15年7月22日の2 (38)

奥宮。    これが本殿だった時代がある。

s-15年7月22日の2 (24)    s-15年7月22日の2 (26)

こっちは、奥宮の反対側。   後で行く。   下に行ったら、神水がある。

s-15年7月22日の2 (25)

奥宮の、ずっと後ろに、要石。

s-15年7月22日の2 (27)    s-15年7月22日の2 (28)

下は、どこまであるか分からない。   同じ石が、香取神宮にもあった

参詣に来た人が退屈しないように、七不思議とか、楽しめるものがある。

s-15年7月22日の2 (30)    s-15年7月22日の2 (31)    s-15年7月22日の2 (29)

奥宮に戻って、坂を下ったら、ここに。   

s-15年7月22日の2 (32)   

御手洗(みたらし)池。

   ※ 御手洗は、普通、みたらいと読む。
     でも、みたらしだんごは、御手洗団子。

     御手洗(みたらい)と云う、地名がありますね。
     瀬戸内にあって、重伝建地区。  いいところです。
          風待ち・潮待ちの港町、御手洗を歩く。  若胡子(わかえびす)屋跡 他。~呉市豊町御手洗~  他  (2013/1/3) 

s-15年7月22日の2 (33)    s-15年7月22日の2 (34)

向こうから来た。  茶屋がある。
岩の中から、川のように出てくる。  飲んだ。

s-15年7月22日の2 (36)     s-15年7月22日の2 (37)

本殿の近くに、戻ってきた。   芭蕉の句碑。

  「 名月や 鶴脛高き 遠干潟 」  鶴脛は、つるはぎ、と読むよう。  脛は、すねのこと。

※ この歌は、どこで作られたかは、分からない。

s-15年7月22日の2 (39)    s-15年7月22日の2 (40)

カシマサッカースタジアムは、遠くない。   海の近くにあった。

s-15年7月22日の2 (42)

正月に来るんですね。 日本代表の、柴崎岳の名前が見える。

s-15年7月22日の2 (41)kkk 

下のプレーは、おぼえている人がいるかも。

柴崎岳ゴール、最高のミドル!日本代表×UAE代表 Japan Shibasaki Goal アジアカップ



鹿島神宮。  大きな神社と聞いていたので、行ってみました。

太古の森の中に、ひっそりと佇んでいました。

【今日の一句】   「 神の森には 暑さも遠慮して 」

【無料駐車場】  上の方の地図の、現在地にある。  広い。 混んでない。

【停泊場所】    前のブログに、同じ。

【明日の予定】   水戸、偕楽園。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行4位。 旅行全体で、5位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、7回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
よろしく。


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。